営業代行サービスの会社はたくさんありますが、「この会社はここが売り」のコメント付でたくさん教えて下さい。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/02/05 20:43:10
  • 終了:--

回答(1件)

id:DirectY No.1

DirectY回答回数97ベストアンサー獲得回数02005/02/05 22:50:57

ポイント40pt

http://www.confidence.co.jp/

営業代行・営業アウトソーシングで営業部門をソリューションするなら「コンフィデンス」

1998年の創業から、丸6年が経ち、2004年10月から第8期を迎えました。

創業当初は我々の主体とする営業アウトソーシング事業は非常に珍しく耳慣れず、営業に赴いては苦戦を強いられたものです。

そうした生みの苦しみを潜り抜け、単なる自社展開にとどまらず事業マーケット、ビジネスモデル、そしてそれに伴った自社組織の確立というベンチャー特有の修羅場も経験し、現在に至っております。

そしてこれからのコンフィデンスは更なる拡大、成長を目指します。ビジョンを2004年春に再設定いたしました。

日本における産業構造や商流、経済環境の変化に対するべく、日本の営業部門をリードし、課題解決を図り、”株式会社全日本営業部”として社会貢献を果たす。

バブル崩壊以後、日本の産業構造は大きく変化しました。規制もかなり撤廃されました。外資系の企業も日本市場に参入しやすくなりました。市場も多様化し、従来の商流だけに頼っていてはモノが売れなくなりました。

一方、日本企業はその変化に着実に対応しなければいけない大きな課題を背負っています。

コンフィデンスは、その課題を解決する社会の器(公器)であろうと考え、ドメイン(事業領域)を〝営業の課題解決となる事業〟と設定しております。

これからのコンフィデンスは営業アウトソーシングにとどまらず、営業の課題解決となる事業展開を図り、拡大、成長を目指す所存です。困難で高い目標かもしれません。しかし、覚悟を決め、我慢し、笑顔で邁進し、そして営業ソリューションを更にリード、確立してまいります。それが創業当初より支えていただいた顧客や株主の皆様、従業員にも報いる唯一にして最善の方法と考えているからです。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません