アンケートを実施しています。それぞれの選択肢は、数字です。例えば「あなたの小遣いはいくらですか?0〜100、101〜500、101〜1000...」という具合です。

このアンケートの結果につき、「この選択肢」ではなく、「この《数字》がもっとも想定される」ということを説明したいと思います。
そのときに用いる集計方法と、その方法の名前を教えてください。
ただし、「単に一番多い項目の真ん中を取る」というのはナシです。
例えば「もっとも回答者が多い項目の数字の上限を回答者数で割ったものが答えになる(デタラメです)」的な答えをお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/02/05 23:22:17
  • 終了:--

回答(2件)

id:Sato7 No.1

Sato7回答回数91ベストアンサー獲得回数02005/02/05 23:47:48

ポイント25pt

たとえば1-10,10-100,100-1000...といった選択肢でしたら、それは選択肢が等差的でなく等比的なので、相加平均ではなく相乗平均を取る必要があるでしょう。

上の例における各選択肢を選んだ人数を、n1,n2,n3...とします。まず各選択肢の下限、上の例では1,10,100ですが、それに対して(1^n1)*(10^n2)*(100^n3)...のΣn(i)乗根を取ります。これが幾何平均の下限です。同様にして上限も求めます。

最も想定される数字はこの下限と上限の間にあるはずです。あとはこの二つの積の平方根を取れば良いのではないでしょうか。

あ、でも問題文には0がありますね…。

id:TEKKAMEN

ありがとうございます。でも・・バリバリ文系の私には厳しい・・・ちょっとがんばってみます。

2005/02/06 10:58:14
id:mgen No.2

mgen回答回数26ベストアンサー獲得回数02005/02/05 23:59:10

ポイント25pt

各階級の真ん中の値に相対度数をかけて和をとる。

階級区分値を用いた算術平均値といいます。

id:TEKKAMEN

ありがとうございます。相対度数ってなんですか?

2005/02/06 23:29:50

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません