「極限状態、または絶望的な環境の男がその運命に立ち向かっていく姿」で感動したものをできるだけ挙げてください。


ポピュラリティーがあるものでお願いします。
状態は物理的、精神的、どちらでも構いません。

ヒーロー伝説的なものより、リアリティのあるものを好みます(ex.ジョニーは戦場へ行った、のジョニー、ライ麦畑のホールデンが寄宿舎を抜け出す場面、等)。

映画、小説、ノンフィクションなんでも構いませんが、キレイゴトでない真実味のあるもので。どこに感動したのかもよろしくおねがいします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/02/06 05:48:23
  • 終了:--

回答(26件)

id:sptmjp No.2

sptmjp回答回数256ベストアンサー獲得回数52005/02/06 06:19:50

ポイント22pt

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4022640049/hatena-q-22

Amazon.co.jp: 邪宗門〈上〉 (朝日文芸文庫): 高橋 和巳: 本

高橋和己の邪宗門です。

今までこれほどまでに汚らわしさ、いやらしさ、悲しさを表現したものに巡りあっていません。

実はあまりの話の濃厚さに作者が一体何を言いたいのかいまだにわかりません。

「ふきもワラビも食べつくした。お母さんはもう動けない。お前も動けないようだけど私が死んだら腐らないうちにまだ少しは残っている私の腿の肉をお食べ。お母さんがそういうのだから、お母さんのだからかまわない。お前と私はもともと同じ血、同じ肉なのだから。神様もそれだけは許してくださる。いいね。わかったね。お前だけでも生きておゆき。お前は若いから、食べさえすれば動けるようになる。泣かんでいい。昔ね、お前を身ごもったときにお母さんはお前を堕そうとした。こんな炭焼き小屋みたいなところで子供を産んでも食わしてゆけるあてはなく〜生まれるときも男の子とわかったときには絞め殺そうかと考えたのだよ。女の子なら売れるけどね。堪忍しておくれ。だからお前は私を食べてもいいんだよ。〜誰にも言うんじゃないよ〜私は心でも潔の体の中に、肉と一緒に魂も入ってお前を守ってあげる・・」

主人公は間違いなく極限状態、絶望的な環境の中でその運命に立ち向かっていかざるを得ないです。

id:y19820205

すごい・・・。圧巻です。この内容は忘れられそうにないですね。憶えておきます。

2005/02/06 06:35:09
id:nachtzug No.3

nachtzug回答回数65ベストアンサー獲得回数12005/02/06 06:29:29

ポイント22pt

会津藩家老の梶原平馬という人の話です。

若くして藩家老となり、フィクサーとして活躍。絶望的状況、戊辰戦争の後、斗南藩へ、そして最果ての地へ。まさに全てを失い、家族をも捨て、遂には名も無きひとりの男としてその人生を全うするさまに感動しました。その墓ですら、公に発見されたのはつい最近のことらしいです。

特に、自害を選ばず後始末に奔走し、全てを捨てて北海道へ移った後も、ひとりの人間としてその生を生ききったところに、最後まで自分の運命に従いつつ、しかも流されること無く運命に立ち向かった人として心を動かされました。

id:y19820205

リンク読みました。カッコイイ男は存在するんですね。アンチヒーロー、いい響き。

2005/02/06 06:41:36
id:hesperion No.4

hesperion回答回数2ベストアンサー獲得回数02005/02/06 06:30:32

ポイント12pt

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4122042259/hatena-q-22

Amazon.co.jp: エンデュアランス号漂流記 (中公文庫BIBLIO): アーネスト シャクルトン, 木村 義昌, 谷口 善也: 本

南極探検隊のお話ですが、船が難破し遭難。

救援もなく孤立無援の状況で、隊員全員を生還に導いたシャクルトン隊長のリーダーシップに感動しました。

id:y19820205

おもしろそうです。興味あります。

2005/02/06 06:43:26
id:kan-non No.5

kan-non回答回数55ベストアンサー獲得回数02005/02/06 06:43:34

ポイント5pt

http://www.trpg.net/user/akagane/book/book9.html

読書万歳9:火神を盗め

山田正紀の「火神を盗め」という小説は、昔読んでその痛快さに感動しました。あまりメジャーな小説ではないのですが、当時のベストセラーです。あらすじは上記URLにかなり詳しく書かれていますが、その道のプロたちをずぶの素人たちが荒唐無稽な作戦と貴店で切り抜けていくさまはまさに圧巻です。

id:y19820205

リアリティはどうなんでしょうか。大冒険より反骨精神でおねがいします。

2005/02/06 06:50:29
id:hiroyukiarita No.6

hiroyukiarita回答回数1792ベストアンサー獲得回数02005/02/06 07:02:06

ポイント11pt

トムハンクスの映画「キャスト・アウェイ」です。ロビンソンクルーソよりすごいですね。

最近のターミナルは人がいっぱい出ていますが、似たような感じもします・・

id:y19820205

ありがとうございます。

2005/02/06 07:16:07
id:sami624 No.9

sami624回答回数5245ベストアンサー獲得回数432005/02/06 08:10:30

ポイント5pt

http://www.shinchosha.co.jp/tenkimi/top_fl.html

飯島夏樹「今日も生かされてます」

ポピュラリティーという面では、一般人向けではありませんが、私の趣味のウインドサーフィンを本業とするプロウインドサーファーのサイトです。末期癌との闘病生活に関わる日記のHPと、病床で書いた小説についての記載があります。余命を宣告されてから、家族の笑顔を作るため、糞厚い夏場に旅行をしたり、強靭な生命力をつづる日記に感動しました。

id:y19820205

なるほど、かっこいい。でもやはりポピュラリティーの得られるもの限定で。

2005/02/06 08:17:35
id:yasyas No.10

yas回答回数117ベストアンサー獲得回数02005/02/06 08:16:31

ポイント11pt

イーサン・ホーク主演の”生きてこそ”はいかがでしょうか?

”1972年10月、南米ウルグアイの学生ラグビーチームら45名を乗せた旅客機がアンデス山脈に墜落し、72日後に16人が無事生還した事実をもとにした人間ドラマ。”

45人中16人が生き残ったのですが、

16人は生きるために屍を食べて生還します。すさまじいですよ。

id:y19820205

なるほど。余談ですがイーサンホークは「いまを生きる」の役が好きです。

2005/02/06 08:19:42
id:marumi No.11

marumi回答回数2608ベストアンサー獲得回数32005/02/06 08:17:19

ポイント11pt

http://www3.nhk.or.jp/kaigai/allin/

NHK海外ドラマホームページ

韓国映画、オールイン見た事ありますか?

実話を元に作った物です。いままで見た中で1番のお気に入りです。

極限状態まで追い詰められてその後1人の男がのし上がっていく映画です。

面白いです。

id:y19820205

知りませんでした。ありがとうございます。

2005/02/06 08:20:50
id:sanzi24 No.12

sanzi24回答回数600ベストアンサー獲得回数12005/02/06 08:31:32

ポイント11pt

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4063366081/hatena-q-22

Amazon.co.jp: カイジ―賭博黙示録 (1) (ヤンマガKC (608)): 福本 伸行: 本

カイジですかね。(「黙示録」までが面白いです)

設定は「ありえない」ことだらけですが、そこに描かれる主人公の臆病さと勇気がリアルで人を引きつけるのだと思います。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0001CSB76/hatena-q-22

Amazon.co.jp: ショーシャンクの空に [DVD]: フランク・ダラボン, ティム・ロビンス, モーガン・フリーマン, ウィリアム・サドラー, ボブ・ガントン, ジェームズ・ホイットモア, スティーヴン・キング: DVD

無実の罪で無期懲役となった男の話です。刑務所という限られた中でも彼は自分の環境を粘り強く粘り強く、できうる限り変えていきます。それでも過酷な運命が襲ってきた時に奇跡が……。(あまり書くとネタばれになってしまうので控えますが、上記の条件にあてはままると思います)映画でもオッケーですが小説も心情が細かく描かれているからおすすめです。

(本「ゴールデンボーイ」に収録「塀の中のリタ・ヘイワース」)自分はこれを見て素直にすごいと思いました。

id:y19820205

マンガは基本的にナシの方向で。ショーシャンクはレッドがいいですね。私も好きです。

2005/02/06 08:42:53
id:toshi_nishida No.13

toshi_nishida回答回数525ベストアンサー獲得回数382005/02/06 08:42:17

ポイント37pt

1985年8月12日、日航123便は相模湾上空で操縦不能に陥りました。孤立無援の状況で生還を目指して奮闘した人たちがいました。

機長らは初め羽田の滑走路に戻ろうとしますが、すぐに飛行機を宙に浮かせておくというだけの操作に全力を挙げざるを得なくなります。上は緊迫する操縦席の最後の瞬間までの音声記録です。時々この事を考えてみるのですが、感動のしようもなく戦慄するばかりです。

こちらはその解説。

http://www.goennet.ne.jp/~hohri/n-ochiai.htm

日本航空123便墜落事故・落合由美さんの証言

 こちらの手記では、乗務員だけでなく500数名の人たちが静かに状況と戦った空気が伝わってきます。ただしこの手記は女性ですからオマケです。回答としては操縦席の3人ということにしておいてください。

id:y19820205

聴きました。凄まじいです。何も言いようがありません。

2005/02/06 08:53:44
id:impetigo No.15

impetigo回答回数2545ベストアンサー獲得回数82005/02/06 09:34:54

http://www.eigaseikatu.com/imp/1472/

スターリングラード@ぴあ映画生活レビュー

「ソビエト」の狙撃兵の話、戦争、任務、愛にゆれ、苦しむみ・・最後は・・

id:y19820205

どうも。

2005/02/06 10:43:36
id:impetigo No.16

impetigo回答回数2545ベストアンサー獲得回数82005/02/06 09:37:47

2度目ですみません・・これも正に「極限状態」からの脱出。実話です。

id:y19820205

実際にどう感動したのかもおねがいします。

というか、これ公開前ですよね?

2005/02/06 10:46:51
id:puamei No.18

puamei回答回数234ベストアンサー獲得回数02005/02/06 10:03:25

ポイント11pt

http://www006.upp.so-net.ne.jp/takagish/books/book014.htm

『"It"(それ)と呼ばれた子』

ものすごく有名どころですが“「It」(それ)と呼ばれた子”です。

これがノンフィクションなのか、と本気で疑ってしまうほどの壮絶な環境を乗り越えて

大人になっていく。

その姿に感動と言うか、胸を打たれました。

id:y19820205

なるほど、確かにこれはすごかったですね。ありがとうございます。

2005/02/06 10:57:59
id:katutaro123 No.19

katutaro123回答回数129ベストアンサー獲得回数02005/02/06 11:59:23

ポイント5pt

http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD30722/

アルマゲドン - goo 映画

昨日放映されたアルマゲドンです。やはり逃げ出したら地球や家族が滅亡するという危機を乗り越えるところです。

id:y19820205

あれですか・・。アメリカらしいヒーローものですね。

2005/02/06 23:56:37
id:kurupira No.20

kurupira回答回数2369ベストアンサー獲得回数102005/02/06 12:09:46

ポイント5pt

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0001CSB76/hatena-q-22

Amazon.co.jp: ショーシャンクの空に [DVD]: フランク・ダラボン, ティム・ロビンス, モーガン・フリーマン, ウィリアム・サドラー, ボブ・ガントン, ジェームズ・ホイットモア, スティーヴン・キング: DVD

映画「ショーシャンクの空に」です。

無実の罪で刑務所に入れられた男が脱獄する話ですが、

困難な中で希望を失わず、目標を達成する姿は

本当にすごいと思いました。

id:y19820205

私も好きです。ありがとうございます。既出の場合ほかにもおねがいします。

2005/02/06 23:58:00
id:coga No.21

coga回答回数883ベストアンサー獲得回数72005/02/06 12:13:53

ポイント11pt

映画でも、TVでも、小説でも、昭和版でも、平成版でも、すべてに感動しました。説明は不要でしょうが、財前五郎がその最期に、里見脩二

に対して懺悔するかのごとく心情を吐露する様は、涙無しでは観る(読む)ことができません。何度観て(読んで)もそうです。

質問の意図から判断すると、「男がその運命に立ち向かって」結果的にめでたし・・・白い巨塔の場合は死なずに済んだ・・・というようになればいいのかもしれませんが、このお話は財前が死なないと(^^;

http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=07897609

きりひと賛歌   1 /手塚 治虫 [本] セブンアンドワイ ヤフー店 - Yahoo!ショッピング

手塚治虫の「きりひと賛歌」

医師がたった一人で、現代医学では太刀打ちできない困難に、いやそれだけでなく、人間としても社会から抹殺されてしまったのに、それを見事に克服していこうとする執念・・・漫画ながら映画や小説を見たり読んだりするように没頭して読むことができます。もちろん、感動する場面はクライマックスで、手塚治虫はこういう復讐劇を描くのも本当に上手ですよね。

id:y19820205

決してハッピーエンドでなくても構いません。例に挙げたジョニーもホールデンもむしろバッドエンドです。しかし、そうであってもその存在意義やスピリットに意義や魂を感じるものがいいかと。

余談ですが、里見と財前は同じ盾の表裏のように私は解釈しました。

2005/02/07 00:03:22
id:mimibukuro No.22

mimibukuro回答回数1299ベストアンサー獲得回数32005/02/06 14:26:52

ポイント11pt

デンゼル・ワシントン主演で映画化されましたが「ハリケーン・カーター」は凄いです。

人種偏見により無実の罪で逮捕されて終身刑を言い渡された彼は無実を主張。獄中で自伝を執筆します。大きな反響を呼んだ自伝は著名人の共感を呼び釈放運動も起こりますが、再判で有罪…次第に忘れられていきます。しかし、あるとき自伝を読んで心打たれた少年が彼に手紙を書きます。そこから交流が始まり、再び再審請求に動き出し…。

映画、何度も見ました。カーターの、ひたむきさ、人間としての強さと弱さ…全てが胸を熱くします。流されないこと、負けないこと…口で言うのは簡単ですが、非常に大変なことだと思います。おすすめです。

http://64.fc2web.com/people/hurricane.html

実話三昧 『ザ・ハリケーン』

id:y19820205

おもしろそうです。観ます。

2005/02/07 00:14:52
id:ymgh No.24

ymgh回答回数43ベストアンサー獲得回数02005/02/06 21:06:42

ポイント11pt

http://www.hatena.ne.jp/1107636503

人力検索はてな - 「極限状態、または絶望的な環境の男がその運命に立ち向かっていく姿」で感動したものをできるだけ挙げてください。 ポピュラリティーがあるものでお願いします。 状態は物..

 前述のようでしたので、ポイントは要りませんしURLもダミーですが、やはり「エンデュアランス号漂流」ですかね。

 「科学的な指導力ならスコット、素早く能率的に旅をすることにかけてはアムンゼンが抜き出ている。だがもしあなたが絶望的な状況にあって、なんら解決策が見出せないときには、ひざまずいてシャクルトンに祈るがいい」

 とまで語られた、標記の条件を満たす男のノンフィクションだと思います。

id:y19820205

ありがとうございます。読みます。

2005/02/07 00:17:27
id:yasagureinu No.25

yasagureinu回答回数1ベストアンサー獲得回数02005/02/06 23:31:07

ポイント11pt

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4344403606/hatena-q-22

Amazon.co.jp: クラッシュ―絶望を希望に変える瞬間 (幻冬舎文庫): 太田 哲也: 本

プロレーサー太田哲也さんがレース中の多重事故によって人事不省の大火傷から立ち直り、再びレースに復帰するまでを自ら記したノンフィクション。

私は、車やバイクのレースに全く興味がないし、苦境や障害を克服する姿に感動はしても涙まで流すことはほとんどないのですが、この話には目頭が熱くなり、鼻の奥が痛くなることが多かったです。

・ごく最近の事故が発端であること

・著者が日本人であること(自らに引き寄せやすい)

・冷静で静謐な語り口

・著者の心の動きと対をなして描かれる家族の苦悩

・手術の肝所や術後の肉体的ケア、何故このリハビリが必要なのかといった医療的な情報

こんなところが胸にグッとくるために自分に必要だった要素ではないかと思います。

そして、個人的には普遍的でとても重要なポイントだとおもうのが、著者が読者と同じ目線で語っていることです。この手の本は「私は頑張った。だからあなたも頑張れ」的な上からの、悪くいえば押し付けがましいものが多いと感じるのですが、著者は絶妙なバランスで読者の上にも下にも立たずに自らの体験を語り切ることに成功しています。これはなかなか難しいのではないかと。

あと、個人的には彼の息子の言葉一つ一つに涙腺が緩みました。

奥山和由監督によるドキュメンタリー。

クラッシュの瞬間の映像は何度見てもゾッとさせられます。

こちらはDVD。

id:y19820205

なるほど、同じ目線というのは重要ですね。この手の本では珍しいかと。

2005/02/07 00:20:06
  • id:impetigo
    やれやれ・・

    「エネミー・ライン」が未公開だと・・動画が強烈だったかな?わたしゃ、数年前にビデオで見ました、回答する方も気を入れんとね・・フッ・

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません