本格派、新本格派(ミステリ)でお奨めな作家さん(日本人)を、簡単な理由とお奨めな作品を添えて教えてください。


私の好きな作家さん(タイトル)は
・有栖川有栖氏(マジックミラー、海のある奈良に死す)
・綾辻行人氏(十角館の殺人、どんどん橋 落ちた)
・島田荘司氏(占星術殺人事件、異邦の騎士、漱石と倫敦ミイラ殺人事件)
・我孫子武丸氏(0の殺人、探偵映画)
です。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/02/06 15:37:35
  • 終了:--

回答(15件)

id:mimibukuro No.1

mimibukuro回答回数1299ベストアンサー獲得回数32005/02/06 15:59:06

ポイント15pt

黒祠の島 (祥伝社文庫)

黒祠の島 (祥伝社文庫)

  • 作者: 小野 不由美
  • 出版社/メーカー: 祥伝社
  • メディア: 文庫

パーフェクト・ブルー (創元推理文庫)

パーフェクト・ブルー (創元推理文庫)

  • 作者: 宮部 みゆき
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • メディア: 文庫

小野不由美「黒祠の島」

作家葛木志保が失跡。式部剛は、過去を切り捨てたような彼女の履歴を辿り「夜叉島」に行き着く。その島は明治以来の国家神道から外れた「黒祠の島」だった……。

非常に面白かったです。小野不由美さんといえばホラーですが、これもホラー要素は強いけど、ミステリですね。文章が非常に「どきどきさせる」文章だと思います。

宮部みゆき「パーフェクトブルー」

野球界のスーパースターが、ガソリンをかけられて焼死。そのショッキングな事件の真相を追う、というお話。有名どころすぎますが、これも良かったです。犬の視点から見た物語というのもまた良かったですね。

id:sadcns

回答ありがとうございます!

両名・作品とも未読なので、読んでみたいと思います。

が、ひいきにしている図書館では両作品貸し出し中のようで。。

2005/02/06 16:52:08
id:kamikio0910 No.2

kamikio0910回答回数440ベストアンサー獲得回数12005/02/06 16:38:53

ポイント15pt

黒革の手帖〈上〉 (新潮文庫)

黒革の手帖〈上〉 (新潮文庫)

  • 作者: 松本 清張
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

彩り河〈上〉 (文春文庫)

彩り河〈上〉 (文春文庫)

  • 作者: 松本 清張
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • メディア: 文庫

やっぱり本格派といえば、松本清張じゃないでしょうか?社会派といってもよいのではないかと思いますが・・・。

とってもスリリングでかつ、ちょっとエロチック。

厚い小説でうぇっという感じですが、読み始めるとあっという間に終わってしまいます。

どちらの作品も銀座を部隊にしたものですが。

『黒革の手帳』はドラマで大ヒットしましたよね。

『彩り川』は映画にもなりました。

id:sadcns

回答ありがとうございます!

質問の際、新本格派のみにするか悩んだんです。

本格派を入れると、やはり松本清張氏が出ますね。いままでは読まず嫌いでしたが、お奨めしていただいた2作品をまずは読んでみようかと思います。

2005/02/06 16:58:59
id:akatsukihime No.3

akatsukihime回答回数70ベストアンサー獲得回数02005/02/06 16:41:35

ポイント20pt

*%5B%C6%C9%CE%BB%5D&.submit=%B0%DC%C6%B0

すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)

すべてがFになる―THE PERFECT INSIDER (講談社文庫)

  • 作者: 森 博嗣
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 文庫

魍魎の匣―文庫版 (講談社文庫)

魍魎の匣―文庫版 (講談社文庫)

  • 作者: 京極 夏彦
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 文庫

バイバイ、エンジェル (創元推理文庫)

バイバイ、エンジェル (創元推理文庫)

  • 作者: 笠井 潔
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • メディア: 文庫

◇森 博嗣氏

某国立大学の助教授にしてミステリ作家、他にも多数の趣味を持つ方の作品です。理系のミステリというなかなか面白い文章の表現と、漫画家を目指したこともある経歴からキャラクターの作り方、会話の軽妙な進み方、トリックの大胆さなど、かなりお勧めの作家です。出版1作目を紹介していますが、どの作品もハズレは今のところ、引いたことがありません。

◇京極 夏彦氏

妖怪小説といわれている、戦後間もない時代を舞台にした旧漢字仮名遣いで書かれた文章と、仮想と現実を巧みに操る拝み屋が主人公の「京極堂シリーズ」、上記作品を読んでいるときに鳥肌をたてた事が何度あったことか…。圧倒的な文章量から繰り出される理論と幻想をたくみに絡ませながら「この世には不思議な事は何も無い」と言い切り、謎を解決してゆくストーリーは読み始めると止まりません。

◇笠井潔氏

新本格の創生期の作家です。読んだのは、紹介している「バイバイ、エンジェル」だけですが、現在活躍している作家たちに大きな影響を与えているのは、確実です。今ではよく登場するようになった、ホームズ的な証拠固め探偵法から、思想的な思考探偵法へと変革した先駆けとして、上記作品の探偵役、矢吹駆が登場しています。作者は現在、ミステリの批評家として活躍していますので、名前は解説などによく出てきます。読んでいて損の無い作品ですね。

他には、高田崇史氏、麻耶雄嵩氏、ちょっと雰囲気が変わりますが、西尾維新氏がお薦めです。

id:sadcns

回答ありがとうございます!

質問した後に、、、同じような質問をはてなで捜したら、「すべてがFになる」がお奨めという回答があったので、ちょうどさきほど借りてきたところでした。これから読もうと思っています。

他の方についても、詳細な感想ありがとうございます!

2005/02/06 17:07:04
id:kimosaki No.4

kimosaki回答回数47ベストアンサー獲得回数02005/02/06 17:11:41

ポイント15pt

文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)

文庫版 姑獲鳥の夏 (講談社文庫)

  • 作者: 京極 夏彦
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 文庫

クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い (講談社ノベルス)

クビキリサイクル―青色サヴァンと戯言遣い (講談社ノベルス)

  • 作者: 西尾 維新 take
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 新書

京極夏彦「姑獲鳥の夏」、西尾維新「クビキリサイクル」をお勧めします。双方とも独特の雰囲気が漂う作品で、その世界観にはまったらシリーズ全部読みたくなりますよ。

id:sadcns

回答ありがとうございます!

京極氏は2回目ですね。「姑獲鳥(うぶめ)の夏」の評価はすごいよさそうですね。読んでみたいと思います。

「クビキリサイクル」は、結構評価が割れているようですが、お奨めということで、参考にさせていただきます。

2005/02/06 17:35:57
id:coga No.5

coga回答回数883ベストアンサー獲得回数72005/02/06 17:28:59

ポイント15pt

砂の器〈上〉 (新潮文庫)

砂の器〈上〉 (新潮文庫)

  • 作者: 松本 清張
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

点と線 (新潮文庫)

点と線 (新潮文庫)

  • 作者: 松本 清張
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • メディア: 文庫

松本清張が出ていますが、ならばこれらは避けて通れないのではないでしょうか。

砂の器はヒューマンドラマでもありますが、同時にサスペンス性も併せ持つという、秀逸な小説ですよね。

id:sadcns

回答ありがとうございます!

松本正張氏は2回目ですね。砂の器はテレビドラマにもなっていましたね。参考にさせていただきます。

やはり本格派と言えば松本正張氏なんですね。

2005/02/06 17:40:53
id:sanzi24 No.6

sanzi24回答回数600ベストアンサー獲得回数12005/02/06 17:49:11

ポイント15pt

ななつのこ (創元推理文庫)

ななつのこ (創元推理文庫)

  • 作者: 加納 朋子
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • メディア: 文庫

Aサイズ殺人事件 (創元推理文庫)

Aサイズ殺人事件 (創元推理文庫)

  • 作者: 阿刀田 高
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • メディア: 文庫

マーチ博士の四人の息子 (ハヤカワ文庫HM)

マーチ博士の四人の息子 (ハヤカワ文庫HM)

  • 作者: ブリジット オベール
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • メディア: 文庫

泡坂妻夫さんはいかがでしょうか?

「11枚のトランプ」がおすすめです。

あと最近ここのおすすめであったので読んだのが「七回死んだ男」です。SF色があります。

それからブリジットオベール「マーチ博士と四人の息子」

はらはらドキドキサスペンスです。(古書で安く売られていました)

宮部がすきなら加納朋子「ななつのこ」がいいと思います。

それから「探偵映画」がお好きなのならバークリーの「毒入りチョコレート殺人事件」

あと阿刀田高の「Aサイズ殺人事件」はどうです?

短編で読みやすいですよ。

我孫子武丸と宮部みゆき、自分も好きです。

いかがでしょう?

id:sadcns

回答ありがとうございます。

とりあえあず、日本人の方を探しています。

泡坂妻夫氏は奇術師で作家さんなんですね。どんなものかかなり興味がわきました。読んでみたいと思います。

「七回死んだ男」は西澤 保彦氏ですね。読んでみたいと思います。

宮部みゆきさんは未読なのですが、面白かったら加納朋子さんも挑戦しようかと思います。

ちなみに、「毒入りチョコレート殺人事件」は既読です。逆の展開にしたようなのが「探偵映画」って感じですね。

2005/02/06 18:00:12
id:nao3307 No.7

nao3307回答回数15ベストアンサー獲得回数02005/02/06 17:58:55

ポイント20pt

御手洗潔対シャーロック・ホームズ (ミステリー・リーグ)

御手洗潔対シャーロック・ホームズ (ミステリー・リーグ)

  • 作者: 柄刀 一
  • 出版社/メーカー: 原書房
  • メディア: 単行本

煙か土か食い物 (講談社ノベルス)

煙か土か食い物 (講談社ノベルス)

  • 作者: 舞城 王太郎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 新書

脳男

脳男

  • 作者: 首藤 瓜於
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 単行本

こんにちは。

■『御手洗潔対シャーロック・ホームズ(ミステリー・リーグ)』

 『漱石と倫敦ミイラ殺人事件』がお好きと伺ったので。私はまだ未読なのですが、ミステリファンの友人が、とても誉めていた作品です。

■『煙か土か〜』

教養と生命力を土台にもつ、突き抜けたミステリです。私は本書で舞城王太郎さんのファンになりました。

■『脳男』

タイトルを敬遠したのか、手に取らずに損をした作品なので。『文学賞メッタ斬り!』をきっかけに読んだ一冊です。楽しい時間を約束する、エンタメ小説だと思います。

紹介できるISBNは3つまででしたので。。。ミステリがお好きでしたら、講談社のミステリーランドはいかがでしょう? 有栖川有栖さんも、島田荘司さんも素晴らしい作品で参加されています。↓

■検索結果:【ミステリーランド 講談社】

id:sadcns

こんにちわ。

回答ありがとうございます!

柄刀 一著氏は未読です(これまで紹介していただいたものほとんど未読ですが。。。)。

御手洗潔を他の方が書いてるとは驚きです。ぜひ読みたいと思います。

舞城王太郎氏、首藤 瓜於氏も未読です。書評を見るとみなさんお奨めのようですね。こちらもぜひ読みたいと思います。

ミステリーランドってなんだろうと思い

http://shop.kodansha.jp/bc/books/topics/mystery_land/

を見ました。すごい人ばかりですね!教えていただき、ありがとうございます。

2005/02/06 18:10:14
id:kamome48 No.8

kamome48回答回数229ベストアンサー獲得回数02005/02/06 18:42:57

ポイント15pt

葉桜の季節に君を想うということ (本格ミステリ・マスターズ)

葉桜の季節に君を想うということ (本格ミステリ・マスターズ)

  • 作者: 歌野 晶午
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • メディア: 単行本

ジェシカが駆け抜けた七年間について (ミステリー・リーグ)

ジェシカが駆け抜けた七年間について (ミステリー・リーグ)

  • 作者: 歌野 晶午
  • 出版社/メーカー: 原書房
  • メディア: 単行本

結構ベタベタですが、歌野晶午さんの作品。初めて読んだ時、騙された感がかなり新鮮でした。

id:sadcns

回答ありがとうございます。

歌野晶午氏も未読です。書評が賛否両論ですが、参考にさせていただきます。

2005/02/06 18:54:33
id:FREE_HEARTS No.9

FREE_HEARTS回答回数45ベストアンサー獲得回数02005/02/06 18:56:22

ポイント15pt

OUT 上  講談社文庫 き 32-3

OUT 上 講談社文庫 き 32-3

  • 作者: 桐野 夏生
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 文庫

桐野夏生の作品は現代に潜む病がちりばめられていて、ちょっと悲しいハードボイルドです。

id:sadcns

回答ありがとうございます。

桐野夏生氏も未読です。参考になります。

2005/02/06 19:03:02
id:ayalist No.10

ayalist回答回数229ベストアンサー獲得回数52005/02/06 18:57:14

ポイント15pt

http://honkaku.com/

本格ミステリ作家クラブ

生首に聞いてみろ

生首に聞いてみろ

  • 作者: 法月 綸太郎
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: 単行本

私の一番のお薦めは綾辻行人なんですけど、既に質問の中で名前が挙がっていたので、除外しますね。

「本格」というと一番に名前が思い浮かぶのは、法月綸太郎です。2004年の様々なベスト10で1位になった『生首に聞いてみろ』も端正な本格。いきなりこの作品から読み始めても大丈夫ですよ。

本格ミステリ大賞の受賞作や候補作なら、どれも本格まちがいなし。

綾辻行人の他は、我孫子武丸や倉知淳も好きです。

id:sadcns

回答ありがとうございます。

法月倫太郎氏はいくつか読んでます。なんかぐっとくるものがなかったので最近は読んでないです。でも「生首に聞いてみろ」は未読なので読んでみようかと思います。

倉知淳氏は未読ですが、さきほどのミステリーランドにも作品があるようですね。読んでみようかと思います。

2005/02/06 19:12:32
id:Sato7 No.11

Sato7回答回数91ベストアンサー獲得回数02005/02/06 19:38:45

ポイント15pt

ドグラ・マグラ (上) (角川文庫)

ドグラ・マグラ (上) (角川文庫)

  • 作者: 夢野 久作
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: 文庫

虚無への供物〈上〉 (講談社文庫)

虚無への供物〈上〉 (講談社文庫)

  • 作者: 中井 英夫
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 文庫

コズミック流 (講談社文庫)

コズミック流 (講談社文庫)

  • 作者: 清涼院 流水
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 文庫

夢野久作と中井英夫の両作品は、古い本なので妥当な解答ではないかも知れませんが、どちらもすごい話だとは思わされたミステリです。どちらもきれいな構成、緻密な内容、壮大な謎が用意されています。

清涼院流水は、ここまで好き嫌いが別れそうな作家も珍しいだろうな、と思った小説家です。読むひとが読んだら怒りそう。

id:sadcns

回答ありがとうございます。

夢野久作氏と中井英夫氏の作品は未読ですが、お奨めのまずは2作品を読んでみようかと思います。

2005/02/06 20:56:50
id:usashi No.12

usashi回答回数36ベストアンサー獲得回数02005/02/06 21:06:59

ポイント10pt

悪意 (講談社文庫)

悪意 (講談社文庫)

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 文庫

ハサミ男 (講談社文庫)

ハサミ男 (講談社文庫)

  • 作者: 殊能 将之
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 文庫

ハサミ男 (講談社文庫)

ハサミ男 (講談社文庫)

  • 作者: 殊能 将之
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 文庫

id:sadcns

回答ありがとうございます。

理由もいただきたかったです。

2005/02/06 21:53:04
id:usashi No.13

usashi回答回数36ベストアンサー獲得回数02005/02/06 21:07:58

悪意 (講談社文庫)

悪意 (講談社文庫)

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 文庫

id:sadcns

回答ミスですかね?

2005/02/06 21:53:56
id:hamao No.14

hamao回答回数3293ベストアンサー獲得回数402005/02/06 21:44:37

ポイント15pt

推理小説

推理小説

  • 作者: 秦 建日子
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • メディア: 単行本

秦建日子。テレビドラマ脚本で実績のある方ですが、新人です。この作品に対しては準備期間が長かったので生涯最高作にならないとも限らないのですが

アマゾンのレビューは読んでしまうと全部分かってしまうので読まないようにして下さい(w

id:sadcns

回答ありがとうございます。

秦 建日子氏はbk1の書評ではお奨めのようですね。これは読んでみたいと思う気になりました。

2005/02/06 21:56:38
id:sana0122 No.15

sana0122回答回数18ベストアンサー獲得回数02005/02/06 22:13:52

ポイント15pt

原罪の庭―建築探偵桜井京介の事件簿 (講談社文庫)

原罪の庭―建築探偵桜井京介の事件簿 (講談社文庫)

  • 作者: 篠田 真由美
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 文庫

銀の檻を溶かして―薬屋探偵妖綺談 (講談社ノベルス)

銀の檻を溶かして―薬屋探偵妖綺談 (講談社ノベルス)

  • 作者: 高里 椎奈
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • メディア: 新書

篠田先生の桜井京介探偵シリーズです。

本格ミステリと言われるとそうでもないような気もしますが、私も有栖川作品と綾辻作品が好きなのでお勧めって事で。描写が私は好きですね。

高里先生の薬屋探偵妖綺談シリーズです。なんだか京極先生みたいなあおりだなーと思っていたら全然違いました。思わずがーっと最後まで読んでみたくなる作品です。

id:sadcns

回答ありがとうございます。

有栖川氏と綾辻氏が好きなsana0122さんがお奨めであれば、篠田真由美氏、高里 椎奈著氏は興味がわきます。読んでみたいと思います。

たくさん回答をいただきありがとうございました。そろそろ読むのも大変そうなほど情報が集まりましたので、このあたりでクローズします。

2005/02/06 22:25:52
  • id:usashi
    ごめんなさい!

    最初にごめんなさい。12.13で謎の送信をしてしまいました。
    入力途中で2回も送信してしまい、お詫びも出せず、回答のほうもどうしたら良いのか分からず、オロオロしてしまいました。
    遅ればせながら回答をさせて頂きます。

    「悪意」東野圭吾
    絶対東野圭吾はどなたか出されると思って期待していたのですが、なかなか出てこなかったので挙げさせていただきました。
    どの作品も違う雰囲気があって、読みやすく、驚きがあるのが東野圭吾さんの魅力だと思います。
    特にこの作品は動機を推理するという点がとても新鮮に感じました。

    「すべてがFになる」森博嗣
    森博嗣さんは既に出ていますが、今の作家さんでははずせないかなと思い挙げさせてもらいました。
    森ミステリでしたらやはりこのS&Mシリーズでしょう。Vシリーズは当り外れがあるような気が・・・

    「ハサミ男」殊能将之
    絶対最後に驚けるハサミ男。
    石動偽作シリーズは失礼な言い方ですがインキチ臭いので苦手です。オカルトなど好きな方は楽しめると思います。

    以上です。大変ご迷惑をお掛けしまして申し訳ありませんでした。
    また、ポイントまでつけて頂いてしまってすみませんでした。

    (ここに書き込むことによって読んでいただければ嬉しいのですが・・・)
  • id:sadcns
    いえいえ

    質問したものです。回答ありがとうございます。

    今「すべてがFになる」を読んでます!まだ中盤ですが、いい感じですね!

    お奨めいただいた東野圭吾氏、殊能将之氏も参考にさせていただきます。

    わざわざ回答をいただきありがとうございました。

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません