大学の経営学部の授業で参考図書して挙げられる、経営学の”入門書”のバイブルといったら何ですか?体験談、伝聞など含め教えてください。簡単にその本に関するレビューも書いてくれると嬉しいです。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/02/13 01:36:19
  • 終了:--

回答(3件)

id:flyroad No.1

flyroad回答回数28ベストアンサー獲得回数02005/02/13 04:39:12

ポイント24pt

ゼミナール 経営学入門 ゼミナールシリーズ

ゼミナール 経営学入門 ゼミナールシリーズ

  • 作者: 伊丹 敬之 加護野 忠男
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞社
  • メディア: 単行本

量は多い(604P)が、基礎分野が網羅され、かつ説明も丁寧であるという点でしっかり読みこなせば有効な入門書だと思います。

経営学で名の高い神戸大、一橋大の教授が執筆しているという点も評価される・・・のかな。

id:jyantadesu

なるほどなるほどありがとうございます。

2005/02/16 03:27:18
id:sami624 No.2

sami624回答回数5245ベストアンサー獲得回数432005/02/13 07:40:37

ポイント23pt

財務諸表の見方 (日経文庫)

財務諸表の見方 (日経文庫)

  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞社
  • メディア: 新書

2年前の新入社員が使用していて分かりやすかったという書籍です。専門課程の最初に購入し、会計原則・決算書の見方の概要が理解できたといってました。

id:jyantadesu

なるほど、なるほどありがとうございます。

2005/02/16 03:27:42
id:hamao No.3

hamao回答回数3293ベストアンサー獲得回数402005/02/13 09:28:51

ポイント23pt

経営学 (有斐閣Sシリーズ)

経営学 (有斐閣Sシリーズ)

  • 作者: 河合 忠彦 高橋 伸夫 大森 賢二
  • 出版社/メーカー: 有斐閣
  • メディア: 単行本

新講近代経営学 (専門基礎講座)

新講近代経営学 (専門基礎講座)

  • 作者: 占部 都美
  • 出版社/メーカー: 中央経済社
  • メディア: 単行本

まず最初に経営学は先生たちの出身派閥が多く極めて多岐に分類されている上に、文系学問としては珍しく実業の方の動きが反映されるのでバイブル的な存在はありません。

1.いかにもの教科書です。有斐閣では双書や選書も同内容が多いので…

2.占部先生の本で教科書で使われているのはこれが多いです。白桃書房の方も使われますが。あとは、中央経済社の経済学大事典は出典の元となっている場合が多いです

id:jyantadesu

>まず最初に経営学は先生たちの出身派閥が多く極めて多岐に分類されている上に、文系学問としては珍しく実業の方の動きが反映されるのでバイブル的な存在はありません。

へー、そうなんですか。私は前に経”済”学部のバイブルについての質問をしたのですがそれとは異なるのですね。

2005/02/16 03:29:51

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません