溶存酸素3000%とはどんな状態でしょうか?


身体にいい影響・悪影響あるのでしょうか?

回答時の注意点はこちらです(^-^)
http://d.hatena.ne.jp/hoiku/20000101

それではよろしくお願いします(*^_^*)

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/02/14 21:48:33
  • 終了:--

回答(2件)

id:gobo No.1

gobo回答回数98ベストアンサー獲得回数02005/02/14 22:16:35

ポイント20pt

通常溶存酸素量は**mg/Lで表します。

%表示は通常しません。

この商品のことかと思いますが...

一般的水道水は約5〜8mg

この商品は150mg/L酸素が溶け込んでいる

すなわち通常の約30倍=100%×30=3000%

体への影響はミネラルウォーターなりのものと思います。

【て】欄のDO(溶存酸素、DissoIved Oxygen)参照

河川の汚染度の指標として用いられます。

水が汚い=DOが低い

これから考えると↑の水はきれい(”汚くない”かも?)ということですかね。

id:hoiku

ありがとうございます(^-^)

これです!(^-^)

なるほど、通常の30倍入ってるのですね。

用語意味がよくわかりません(>_<)

2005/02/14 22:29:13
id:TomCat No.2

TomCat回答回数5402ベストアンサー獲得回数2152005/02/14 22:31:43

ポイント30pt

一般に「溶存酸素」というと環境指標のひとつとなる数値のことですので、

3000%って何かなと思ったんですが、

どうもミネラルウオーターのキャッチコピーのようですね。

溶存酸素3000%がどういう状態かといえば、

「この泡は炭酸ではない!まぎれもない酸素である」

「高濃度の酸素を閉じ込めるために、オキシジャイザーのボトルは、あえてビンを選択!

酸素を逃がさないことへ、徹底的にこだわる!」

との記述からわかるように、

単に無理矢理酸素を水に溶け込ませたもの。

ただそれだけのようです。

この水の人体への影響ですが、

瓶から直接飲んだと仮定した場合、

おそらく胃に入った段階で激しく発泡し、

酸素の大部分は噴門を逆流して口から出てしまうと思われます。

要するに、炭酸飲料を飲んだ後のゲップと同じです。

一部の酸素は発泡することによって胃粘膜を刺激し、

胃壁を充血させることになりそうです。

これは、胃もたれの人などには心地よい刺激になるかもしれませんが、

胃粘膜が痛んでいる人にとっては好ましくない感じがします。

過飽和の分を除いた酸素は小腸に送られて

吸収されていくことになりますが、

その段階での水は、既に通常の水を飲んだ場合とほぼ同じ程度の

酸素しか含んでいないものと思われます。

水の中に落ち着いて溶け込める酸素の量には限度があるからです。

したがってこの水は、著しい悪影響はないにしても、

たいした効果もない、ということが言えそうです。

id:hoiku

ありがとうございます(^-^)

効果は…なのですね(^-^;)

====

一晩たって追加無いようなので終了いたします(^-^)

ありがとうございました!

2005/02/15 07:58:16

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません