デジタルフィルタの特徴で語調を長くすれば十分な精度が可能とありましたが,「語調」という用語を簡単な言葉で説明していただけませんか?

 

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/02/18 10:27:52
  • 終了:--

回答(2件)

id:wm5775 No.1

wm5775回答回数351ベストアンサー獲得回数42005/02/18 10:43:22

ポイント80pt

#URLはダミーです。

なんだが、質問が短すぎて背景がわからないですが、

語調→語長

の間違いではないでしょうか?

だとすると

語長→ワード長

となって、整数に十分なビット長が与えられれば・・・という解釈になるのではないでしょうか?

特にIIRフィルタの場合、ビット精度が重要になる場合があります。

#つまり12bitと16bitでは得られる効果が全然変わってくるということです。

id:hiroyukiarita

語調→語長、なるほど、これなら納得できますね。

2005/02/18 10:56:08
id:quintia No.2

quintia回答回数562ベストアンサー獲得回数712005/02/18 10:44:05

ポイント80pt

質問の意図がよくわかりません。

前提条件成しにデジタルフィルタといえば、音声などの波形情報をいったんデジタル化した上でフィルタをかける(低周波を除去するとか、ノイズを除去するとか)のことを指すと思います。

さらに「語調を長くする」では意味が通っていなく、これは「語長を長くする」の間違いだろうと思います。

「精度」という言葉を使っていますが、これも何の精度なのかまったく判りません。

想像するに、おそらくそれば自然言語文章の全文検索エンジンにおける、インデクス作成のことでは無いか? と思ったのでそのつもりで回答します。

回答URLの3ページ3.2をご覧下さい。

日本語の解析の際に,2文字で切り出してインデクスを作成すると「5月5日本会議場において」に「日本」がヒットしてしまう例が載っています。

あなたが読んだのは、この検索ノイズを回避する(=精度を上げる)には語長を長く取るのが有効である、という文脈の文章では無かったですか?

ところで、検索精度を語る上では「ヒットして欲しくないものがヒットしてしまう」というのと「ヒットして欲しいものがヒットしない」という2つの尺度が存在します。

私が話しをしたのは前者の精度の話です。

もし的はずれだったらこの回答のコメントに情報を追加してやってください。

id:hiroyukiarita

やはり語長wordlengthですね。

「語長を長くとることによって量子化誤差を低減できることを精度が上がる」と言っているのだと理解しました。

ワープロでは「ごちょう」は語調にしか変換しないので、このようなミス変換がかなりあり、真剣に悩んでおり、語長と気づきませんでした。お恥ずかしい限りです。

ありがとうございました。

2005/02/18 11:32:37

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません