アロマオイル「Religosa」を貰ったのですが、作用が解りません。ラベンダーなら沈静目的として使うのでしょうけど・・・。海外のお土産なので、プレゼントしてくれた人にも解らないそうです。アロマオイル解説本の紹介以外で、教えて下さい。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/02/20 02:55:21
  • 終了:--

回答(3件)

id:moonlightanthem No.1

moonlightanthem回答回数285ベストアンサー獲得回数02005/02/20 03:10:24

ポイント20pt

Religosaは、Religiosaの誤植だと思われます。(よくあります)インド菩提樹のことです。

インド菩提樹でアロマの解説をしているところって日本語では殆どないのですが、西洋菩提樹のリンデンでしたら沢山解説があります。薬効は、おそらくリンデンと同じ、鎮静と眠りをさそう効果があるのではないかと思います。

id:semi

回答、有難うございます。店が表記を間違っているかもしれません。「Religosa」以外には、タイの文字で表記があるだけなんです。小さく花のイラストがラベルに描かれていますが、その花とReligiosaでイメージ検索で表示された花とが、あまり似ていないのですが・・・。産地によって、形状が違うのでしょうか。 引き続き、回答をお願いします。

2005/02/20 03:25:37
id:nikuya No.2

nikuya回答回数20ベストアンサー獲得回数02005/02/20 03:35:25

ポイント20pt

http://www.t-tree.net/essentialoil/linden.htm

リンデン・アブソリュート エッセンシャルオイル(精油)

「リンデンは「セイヨウシナノキ」、「ライムツリー」とも呼ばれ、ナツボダイジュ(学名:Tilia platyphyllos)とフユボダイジュ(学名:Tilia cordata)の交雑種といわれています。イギリスを始めヨーロッパの都市の街路樹に広く使われているもので、樹高は30m程度にまで達します。樹皮は灰色で枝は大きく広がり、ぎざぎざのある大きな葉をつけます。

ブッダがその下で悟りを開いたといわれている菩提樹は「インドボダイジュ」(学名:Ficus religiosa)と呼ばれるもので、クワ科の全く別の植物です。リンデンが日本に初めて紹介された際に、訳者の植物に対する学問的知識の限界(責められるべきことではありませんが)から植物種的に全く類縁関係の無いインドボダイジュと同じ名前に訳されてしまったようです。

いくつか種類があるようでした。

インドボダイジュの精油のページです。

こちらによるとインドボダイジュはリラックス効果のようです。

id:semi

回答、有難うございます。花の写真が大きい方が、より参考にしやすいのですが...。引き続き、回答をお願いします。

2005/02/20 18:43:42
id:l0_0l No.3

l0_0l回答回数725ベストアンサー獲得回数02005/02/20 03:37:23

ポイント20pt

Wrightia religiosa=ウォータージャスミン(ライティア)、じゃないしょうか・・

ラベル、こんな感じの花の絵が描いてますか?

id:semi

回答、有難うございます。こういう絵ではないです。絵がかなり小さいので、何に似ているか説明しにくいです。写真を見て、実物と似ているかどうか、判断はできそうなんですが...。引き続き、回答をお願いします。

2005/02/20 18:49:08

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません