株式分割をすることのメリット・デメリットを教えて下さい。メリットがあるのであれば、なぜ多くの会社がしないのかも教えて下さい。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/02/28 18:00:06
  • 終了:--

回答(5件)

id:UNYA No.1

UNYA回答回数88ベストアンサー獲得回数02005/02/28 18:45:49

ポイント16pt

こちらがわかり易いと思います。

■メリット

 ・流動性の向上

 ・成長性のある会社とのイメージ植付け

 による株価上昇

■デメリット

 ・理論上は会社価値の上昇を伴わないにも拘わらず分割に伴うコストがかかる。要するに株価が上昇しないとコストだけがかかり株主に説明できない。

http://www.mfi.or.jp/kumiya/stock212.html

株式分割のメリット等

こちらは初心者向けです。でもメリットしか書いてませんね。

id:mizuholove

んー。上記のことだけであれば、分割したほうがメリットは多そうに判断できるのですが・・。

2005/03/01 02:15:55
id:p00437 No.2

p00437回答回数2277ベストアンサー獲得回数132005/02/28 20:05:27

ポイント16pt

株式分割とは、株式を細分化することで、発行株式を増やし、株主には保有株数に応じて増加分を分配するというものです。例えば、NTTドコモ(証券コード9437)は3月末に、1:5の株式分割をしました。つまり3月31日時点の株主には1株を5株に、2株なら10株に、と保有株数を5倍に増やすというものです。

 株式分割をする理由としては、株価が高いので、株価を下げて買いやすくする、または、分配前の配当を変更しないで実質増配して株主に貢献する、この辺がメリットですが、理論上の株価は1/5になります。これを知らずにいると、保有銘柄の株価が急に値下がりして驚いてしまいます。1株170万円前後だったNTTドコモの株価は、新株落ちで30万円台に下がりました。

 株価の動きは様々です。権利落ち後は下がった株価で売買されます。銘柄によっては、株式分割の権利を得たいと権利確定日に向けて株価が上がります。権利落ち後には、買いやすくなったことでまた株価が上がることもありますし、反対にそのまま下がることもあります。

id:mizuholove

すみませんが、質問の回答になっていないと思います。

2005/03/01 02:17:04
id:hiroyukiarita No.3

hiroyukiarita回答回数1792ベストアンサー獲得回数02005/02/28 21:08:02

ポイント16pt

株の分割は小口投資家に買い易くするためです。1株1000円を10株100円にして新規の客に1株当たりの投資額を下げて買い易くするなどです。個人投資家に買ってもらわなくても資金が集まるとか、個人に分散してほしくないとかであれば、する必要はないでしょう

id:mizuholove

なるほど。よくわかりました

2005/03/01 02:20:11
id:chikabo No.4

chikabo回答回数16ベストアンサー獲得回数02005/03/01 09:35:24

ポイント16pt

http://www.hatena.ne.jp/1109581206

人力検索はてな - 株式分割をすることのメリット・デメリットを教えて下さい。メリットがあるのであれば、なぜ多くの会社がしないのかも教えて下さい。..

URLはダミーです。

メリットの流動性は他の方の説明どおりです。

デメリットは小口の株主が増えることで株主総会や配当などに関する通信料、

株主総会の場所の確保など株主に対するコストの増大があります。

id:mizuholove

なるほどー。そんな細かい部分でもコスト増になりますよねー。

2005/03/01 12:10:06
id:koma1968 No.5

koma1968回答回数9ベストアンサー獲得回数02005/03/03 17:40:35

ポイント16pt

嫌がらせでここの株を一株だけ持っています。

決算の度に報告書を送ってくれますので、2−3年でその分の経費のほうが株価を上回ることでしょう。

ここの場合はちょっと極端ですけどね。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません