【比丘尼・巫女】熊野比丘尼のように諸国を回って遊行・勧進した女性達の例を教えてください。

書籍・論文の紹介大歓迎です。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/03/05 12:17:43
  • 終了:--

回答(4件)

id:mittei-omasa No.1

密偵おまさ回答回数60ベストアンサー獲得回数02005/03/05 12:37:36

ポイント45pt

歩き巫女についてです。

ゲームの解説サイトのようですが、書いてある内容は間違いないかと・・・。

http://www.nextftp.com/y_misa/ryoujin/hisyo_07.html

我が子は十余に成りぬらん

歩き巫女

梁塵秘抄の歌を解説したページです。

歌舞伎の祖といわれる出雲の阿国の出自についてのページ。諸説ある中に、歩き巫女だったという説もあるのだそうです。

梁塵秘抄を広めた中には歩き巫女もあったようですね。

「中近世放浪芸の系譜」という本の書評です。

id:euthanasia

回答ありがとうございます!

歩き巫女は特定の宗教集団の布教者というよりも

流れ者といった感じなのでしょうか。

「中近世放浪芸の系譜」は先日読んでみました。

当時の庶民層の生活が想像できておもしろかったです^^

2005/03/05 13:25:09
id:opponent No.2

opponent回答回数1876ベストアンサー獲得回数72005/03/05 13:12:30

ポイント45pt

酒向伸行『山椒太夫伝説』名著出版

【はじめに

第一章・山椒太夫伝説と説教節「さんせう太夫」

1節 説教節山椒太夫(1)山椒太夫伝説と説教節(2)説教と説教節

2節 説教節正本「さんせう太夫」(1)口語りとしての説教節(2)四種の説教節山椒太夫正本

第二章・津軽の山椒太夫伝説

1節・岩木山と山椒太夫伝説

2節・イタコ祭文「お岩木様一代記」(1)はじめに(2)「お岩木様一代記」(3)「お岩木様一代記」の構造(4)津軽の山椒太夫伝説の変遷

3節・「お岩木様一代記」の成立(1)イタコとオシラ祭文(2)「お岩木様一代記」の管理者(3)岩木山と小栗山(4)「お岩木様一代記」と説教節山椒太夫

第三章・佐渡と丹波の山椒太夫伝説

はじめに−問題の所在

1節・佐渡の山椒太夫伝説(1)佐渡外海府の山椒太夫伝説(2)佐渡の山椒太夫伝説の成立過程

2節・丹後の山椒太夫伝説(1)丹後由良の山椒太夫伝説(2)近世の山椒太夫伝説と「山庄略由来」

3節・安寿伝承と厨子王伝承 第四章 越後の山椒太夫伝説

1節・ゴゼと山椒太夫伝説(1)はじめに(2)ゴゼ唄「山椒太夫」(3)山椒太夫伝説とうわたき

2節・越後の山椒太夫伝説(1)乳母嶽明神とうわたき(2)盲人と蛇(3)応化の橋と山椒太夫伝説

第五章・説教節系山椒太夫伝説の構造と成立

はじめに−問題の所在−

1節・説教節系山椒太夫伝説の構造(1)安寿と金焼地蔵の本地(2)金焼地蔵譚としての矛盾(3)安寿の死の意味(4)信田小太郎と厨子王

2節・説教節系山椒太夫伝説の成立(1)朱雀権現と金焼地蔵(2)丹後国分寺と金焼地蔵(3)穴太寺と丹波の山椒太夫伝説(4)おわりに

附論

第一・盲人伝承と女性

はじめに

1節・雨夜尊伝承の成立(1)はじめに(2)当道由来伝承の成立過程(3)光孝天皇と積塔

(4)雨夜尊伝承の成立 

2節・四宮天夜尊伝承の成立(1)はじめに(2)四宮蝉丸伝承と逆髪(3)四宮天夜尊伝承の成立

3節・巫女と瞽女(1)はじめに(2)盲人と妙音講(3)職人歌合と盲女

第二・八百比丘尼伝承成立考

はじめに(1)若狭の八百比丘尼伝承(2)八百比丘尼伝承と空印寺(3)神明社と八百代姫

(4)八百比丘尼と白比丘尼(5)白比丘尼と遠敷明神

第三・大威徳明王信仰の形成と山門

はじめに(1)牛滝山大威徳寺と恵亮(2)山門と惟喬・惟仁皇位争い譚(3)惟喬・惟仁皇位争い譚の変容(4)相応・浄蔵と大威徳明王信仰(5)東密と大威徳明王信仰(6)山門と大威徳明王信仰

おわりに】

(以下、内容詳細は省略します)

荒木良仙『比丘尼史』(仏教制度叢書 ; 別巻)東洋書院

萩原龍夫『巫女と仏教史 熊野比丘尼の使命と展開』(明治大学人文科学研究所叢書)吉川弘文館

松崎憲三『巡りのフォークロア 遊行仏の研究』名著出版

バーバラ・ルーシュ『もう一つの中世像 比丘尼・御伽草子・来世』思文閣出版

バーバラ・ルーシュ.無外如大

細川涼一『逸脱の日本中世』ちくま学芸文庫

『漂泊の日本中世』「旅をする女性」を収録。八百比丘尼と熊野比丘尼を区別。

曽根ひろみ『娼婦と近世社会』第3章「近世の熊野比丘尼―勧進と売色」を収録

砂川博著『中世遊行聖の図像学』

評者・梅谷繁樹 掲載紙 日本文学 48-10 (99.10)

【第八章の『明徳記』作者論と第九章の『鎌倉殿物語』と念仏比丘尼の論考の評は省略。】

id:euthanasia

回答ありがとうございます。

たくさん本を挙げていただいて大感謝です!

いやぁwebcatってほんとにすばらしい^^

以降に回答される方へお願いです。

特定の母体を持たず漂白する女性の例ではなく、決まった宗教組織に属し、勧進のため各地をめぐる女性の例を教えてください。

(浅学で申し訳ありません…)

どうぞよろしくお願いいたします。

2005/03/05 13:33:38
id:konoha788 No.3

konoha788回答回数391ベストアンサー獲得回数22005/03/06 21:59:55

http://www.nichibun.ac.jp/YoukaiCard/1231966.shtml

八百比丘尼 | ハッピャクビクニ | 怪異・妖怪伝承データベース

「八百比丘尼」だそうです。

id:konoha788 No.4

konoha788回答回数391ベストアンサー獲得回数22005/03/06 22:06:22

id:euthanasia

回答ありがとうございます。

八百比丘尼については既出でした。

なお2重回答の登録はご遠慮ください。

回答を開くのに余計なポイントを消費してしまいます。

2005/03/10 11:30:25

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

  • 日記の記 日記の記 2006-03-13 16:12:44
  • ●歩き巫女●くの一●女忍者 ●歩き巫女●くの一●女忍者「忍者」「忍びの者」「忍び」とは 戦後 時代小説家が定着した名前。地域によって違っていて 元々は沢山の名前で呼ばれて
「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません