哲学と心理学の同じところと違うところは何ですか。多いに語ってください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/03/07 00:18:35
  • 終了:--

回答(10件)

id:DENT No.1

DENT回答回数210ベストアンサー獲得回数22005/03/07 00:23:33

ポイント13pt

URLはダミーです

哲学も心理学も、その学説や論理において、客観的な証明ができない。つまり目に見える形で、証明ができないってこと。

違うところは、心理学は治療やマーケティングなどに応用でき、商売になりやすい。(心理学に基づいて商売・・・宣伝や治療・・・をすれば利益を生む、という意味です。)

しかし、哲学は・・・お金にならない・・・のでは?

id:Kumappus No.2

くまっぷす回答回数3784ベストアンサー獲得回数1852005/03/07 00:29:14

ポイント13pt

http://route-coh.hp.infoseek.co.jp/study29cognitive.htm

大学の勉強部屋(認知心理学)認知心理学とは

いろいろあると思いますが、哲学には「モデルを立て、実験し、検証する」というプロセスはないですね。

だから哲学は思想、心理学は科学だと思います。

もちろん心理学を名乗る学問の中にもアヤシイものがいっぱいあってそれも科学かというと難しいのですが…(で、それが実は一般には知られている「ユング」とか「フロイト」だったりするんですが(笑))。

id:konoha788 No.3

konoha788回答回数391ベストアンサー獲得回数22005/03/07 00:33:06

ポイント13pt

http://www.hatena.ne.jp/1110

人力検索はてな

urlダミーです。

心理学は実験観察結果があるんでないでしょうか。。。

id:amai_melon No.4

amai_melon回答回数2011ベストアンサー獲得回数472005/03/07 00:42:41

ポイント13pt

http://www.hatena.ne.jp/1110122315#

人力検索はてな - 哲学と心理学の同じところと違うところは何ですか。多いに語ってください。

共通点は、目に見えない物事を扱うことでしょうか。

相違点は、心理学は見えないものを統計学的に有意かどうか議論したりして、論題に対して客観的、妥当的な結論を得ようと努力する学問なのに対して、

哲学は、心理学にも増して学者により説や見解が違うのに、お互い歩み寄ろうともせずに何の客観性、妥当性も求めようとしないところ。

だと思います。

id:kurupira No.5

kurupira回答回数2369ベストアンサー獲得回数102005/03/07 00:52:12

ポイント13pt

哲学とは世界・人生の根本原理を追及する学問で、

心理学とは人間の意識や行動に関する学問です。

哲学は人間の内面にこだわるのではなく、生きてきた結果・生き方に重点を置いて、その意味を見出しているといえます。

心理学は人間の内面・心の動きに対して意味づけをしていると思われます。

id:tras No.6

tras回答回数5ベストアンサー獲得回数02005/03/07 01:06:02

ポイント13pt

哲学は、前提や問題点の明確化、概念の厳密化、命題間の関係の整理などの理性的な思考を通じて、様々な主題について論じる、学問の一種。

心理学は、心の様々な働き、精神とそれに基づく行動を探求する学問である。

昔聞いた話では、もともと全ての学問は「哲学」で、研究の対象と方法が確立したものがそれぞれ数学や化学、経済学、物理学、心理学などと独立していったということです。

すると、哲学は「科学的思考体系そのもの」で、心を対象にした心理学はその中に含まれると考えればいいのでは。

id:kinop No.7

kinop回答回数325ベストアンサー獲得回数22005/03/07 04:59:36

ポイント13pt

http://sound.jp/

@sound.jp - 無料レンタルサーバー

URLダミーです。

哲学は生き方や、世界観、物の見方、外に求める(自分が目指す場合も含めて)思想を系統立てていく学問であることに対して、

心理学は、人の心、精神の構造、Aという現象に対して、Bという行動をとるのはなぜか?という内に対してのアプローチを系統立てた学問であると思います。

id:omattya No.8

omattya回答回数90ベストアンサー獲得回数02005/03/07 18:39:26

ポイント13pt

URLはダミーです。

同じところ→人間にまつわる何か(一般には当然と見なされている「存在」、「時間」、「行為」、「心理」など)を分析して結論を求めようとするところ。

違うところ→心理学は人間を心理で説明しようとするのに対し、哲学はその心理すら疑う点。また、心理学は実験データなど裏付けが必要であるが、哲学は論理さえ通っていればどんな理論でも考えでも堂々と発表できる点。

id:sami624 No.9

sami624回答回数5245ベストアンサー獲得回数432005/03/07 22:29:13

ポイント13pt

哲学とは、学者の論理思考を直接学問にしたものである一方、心理学は、心理の客体の内面を想像して学問としての基盤を気づきあげたものであり、哲学は主体的であり、心理学は客観的な学問である。

共に人の内面に関わる学問であるという共通点がある。

id:AROA2005 No.10

AROA2005回答回数399ベストアンサー獲得回数02005/03/07 23:00:57

ポイント13pt

「哲学=事実学」で「心理学=本質学」みたいですね。

個人的には両者の共通項=事実(結果・結論)で、哲学=結果が不変的事実であり、心理学=先天的気質が変容的事実だと思っています。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません