人権擁護法案

回答の条件
  • 途中経過を公開
  • 男性,女性
  • 20代未満,20代,30代,40代,50代,60代以上
  • 登録:2005/03/12 17:08:07
  • 終了:--

回答(1000 / 0件)

Q01(択一)

賛成112
反対813
その他(掲示板へお願いします。)75
合計1000

集計

×
  • id:izayoimizuki
    izayoimizuki 2005/03/12 22:13:51
    人権擁護の・・・

    人権擁護という考え方自体は間違ってはいないと思います。
    当然行過ぎたメディアの取材があった場合裁判によって
    客観的に見て妥当といえる制裁が加えられるというのは必要でしょう。
    でもメディアの規制を法的にするのは良くないと思います。
    メディアの事前の行き過ぎた取材を抑止するのはBPOの仕事だと思います。
  • id:amiantena
    その他の意見

    人権擁護法案のアンケートについては「その他」を選択しました。絶対に賛成とか、絶対に反対といった二項対立的議論には、思考停止であって、なんの根拠も正当性も無いと考えます。
    私の立場は、基本的に人権擁護法案に賛成だが、次の条件の修正が必要だと考えます。
     
    1 人権擁護委員会は法務省の暴走に歯止めをかける監督者でもあるので、人権擁護委員会が法務省から逆管理されることのないよう、法務省の所管から外し独立性を担保させること。
    2 いわゆるメディアスクラムの規制については、たとえば長野のサリン事件で無実の容疑者となった河野氏自身が「メディアによってしか無実を世間に伝えることができない」と仰っているように、メディアスクラムの被害の救済の主体もメディアであることから、メディアによる人権救済を阻害しかねないようなメディアスクラムの法的規制の可能性を温存させる部分は削除(凍結ではない)する必要がある。
     
    以上の二点の解決を条件として、条件付賛成で成立を望みます。条件が満たされない場合は廃案もやむなしとします。

    http://www.dpj.or.jp/news/200211/20021107_02eda.html

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません