耐熱(150度)で対アルカリ性(PH13)ぐらいに対応できる有機物分解酵素の情報を教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/03/14 12:59:28
  • 終了:--

回答(2件)

id:FK506 No.1

FK506回答回数99ベストアンサー獲得回数102005/03/14 17:47:24

ポイント40pt

一応、いまこれ商品で使用されている一番、熱耐性な酵素だと思いますが。プロテアーゼというのはタンパク質(有機物ですよね)を分解する酵素です。で、質問の条件ですと、残念ながらきわめて非現実的です。pH13というのは酵素を作っているタンパク質自体が分解してアミノ酸になってしまうようなアルカリの強さです。ですので、この条件では、ほおっておいても酵素は自然に分解してなくなってしまいます。この条件だけで有機物(タンパク質)の分解は酵素などを使わなくても行うことができます。調べた中では、耐熱性100度、pH9.0で作用する酵素ならば研究段階であります。中性から弱酸性(pH6.0-7.0)ならば、100-150度くらいまで耐えられる酵素はあります。よく、スーパーなんとかとかで270度まで耐えられるとかうたい文句のある酵素入り洗剤はおそらく科学的な根拠はないです。たんなる誇大広告に近いものがあります。

質問者が未読の回答一覧

 回答者回答受取ベストアンサー回答時間
1 むんく 581 473 1 2005-03-21 10:16:35

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません