中国に進出済みあるいは検討中の企業の方、仕事で中国と関係がある方にお聞きします。

進出(検討)にあたって、コンサルティング会社を利用されましたか?
どの段階でどんなサービスを受けたか(受けるつもりか)とか、こんなサービスがあったらいいのにという具体例を教えてください。また、中国への出張や中国での会議などで、こんなサービスがあったらいいのにというのもあれば、教えてください。
詳しくお答えいただいた方には、全員に100ポイント以上を差し上げるつもりです。
よろしくお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/03/28 13:54:17
  • 終了:--

回答(3件)

id:ishiyosh No.1

ishiyosh回答回数201ベストアンサー獲得回数12005/03/14 14:19:24

ポイント34pt

URLはダミーです。

当社は10数年前から中国進出を開始し現在は30社前後の子会社があります。今となっては進出のためにはコンサルティング会社は使っていませんが、事業内容を拡大したり変更したりする様な場合、局面的に必要性を感じる時があります。たとえば既存の会社で来料加工、進料加工、保税加工等ができるかどうかなどは個別に役所や運送会社にきいても時間ばかりかかってなかなか結論がでません。また現地企業からの代金回収など頭の痛い問題もあります。いずれにせよ一社で経験だけを頼りに、いろいろな問題を解決するのは非常にロスが多いため、ノウハウを蓄積した優秀なコンサルティング会社がありリーズナブルなコストであれば使うこともあると思います。

id:ubukawa

ご丁寧な回答、ありがとうございます。

実は友人と一緒にこの4月から中国ビジネスコンサルティングの会社を立ち上げるのですが、進出をトータルでサポートするサービスと、細かい部分を個別にお手伝いするサービスと、どちらをメインにするか迷っていて、はてなで聞くことにしました。

現地企業からの代金回収というのは、やはり頭の痛い問題なんですね。

リーズナブルなコストというのが、だいたいどれくらいかというのも教えていただければありがたいです。

2005/03/14 14:23:01
id:ron39 No.2

ron39回答回数52ベストアンサー獲得回数12005/03/21 15:12:18

ポイント33pt

http://searchina.ne.jp/

アジアへの扉、サーチナ。

当方、進出の検討段階です。証券投資は既に昨年より行っております。それなりに良い感触を得ています。将来性は抜群ですね。中国コンサルはこれから本当に必要となると思います。海外進出の場合のコンサルティングにつきまして。例えばアメリカに進出する場合と、中国のそれを比較しますと、違いが鮮明になってくると思われます。アメリカですと自分でも何とかなるかなという思いが、語学を含めございます。しかし、中国の場合はその市場の将来性に魅力を感じますが、面倒なことを起こしたくないという思いが強く感情面で働きます。対日感情、法制度、習俗などの面での不可解さがつきまといます。

会う約束の日時が守られる、決済が確実に履行されるという資本主義のビジネスの常識がごく当たり前に果たされることを望みます。特異なサービスではなく、当たり前のことを当たり前にできるコンサル会社が求められると推察されます。

また、中国に関する業務を丸ごと完遂させてしまう実行力のあるコンサルティングが求められると思われます。特に資金回収(集金業務)が最大のネックだと推測されます。この面で確実に任せられるコンサルティング会社を希望します。

id:ubukawa

なるほど、ありがとうございます。

やはりネックは代金回収になりますね。

2005/03/21 23:09:23
id:more_1999 No.3

むんく回答回数581ベストアンサー獲得回数12005/03/29 04:59:43

ポイント33pt

http://www.creer-jp.com/cb_top.html

中国ビジネス:進出サポート、コンサル、調査、視察、法律相談

ここに相談してください。

id:ubukawa

すみません。

私が中国進出を相談したいわけではないのです。

2005/03/29 10:05:37

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません