あなたの解釈でかまいません。新世紀エヴァンゲリオンを見たのですが、最後の方、話がよくわかりません。最後の方の解説をお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/03/18 01:47:48
  • 終了:--

回答(4件)

id:Kumappus No.1

くまっぷす回答回数3784ベストアンサー獲得回数1852005/03/18 01:58:18

ポイント18pt

URLはダミー。

テレビ版の方はあくまで打ち切り対応なんであまり意味はないですが、あえて言うなら「人類補完計画はそれぞれの人が抱える心の問題を解決するものだった」という終わり方。たぶん、人類全員が夢を見ていてその中でいろいろな心の問題をカタルシスで解決していくという感じなのでしょう(もしもエヴァンゲリオンがラブコメだったら、みたいなのも、拍手も)。

映画版の方は「人間というのは心の壁(ATフィールド)を取っ払うと原形質に戻ってしまい、全員が融合してお互いの考えを知るような状態になる。シンジは人類が融合してしまったままの永遠に平和な状態か、たとえ他人と分かり合えなくて苦しくても元の姿を取り戻すかを選択する役目を負わされ、結果的に後者を取る」。生き返ったアスカの首を絞めるシーンは他者と自分を分離した苦しさに耐えかねてのことではないかと思っています(まだ夢なのか現実なのかわからなかっただろうし)。

id:Manami2005

やはり解釈はややこしいようですね

2005/03/18 03:11:20
id:akkk No.2

akkk回答回数395ベストアンサー獲得回数62005/03/18 02:00:11

ポイント18pt

最後の二話が人類補完計画で、映画がそのとき現実に起こっていたこと。

つまり、TVアニメでは、シンジが最後に補完されて終わったってことでしょうかねー。

id:jujuru No.3

jujuru回答回数4ベストアンサー獲得回数02005/03/18 02:47:23

ポイント17pt

http://www.hatena.ne.jp/1111078068

人力検索はてな - あなたの解釈でかまいません。新世紀エヴァンゲリオンを見たのですが、最後の方、話がよくわかりません。最後の方の解説をお願いします。..

人類補完計画が発動し、シンジの魂は救済される。というのがシンジの心象風景として描かれたのがテレビ版。人類補完計画が発動した世界を描き、最終的にジンジが救済の手を払いのけて現実の世界に帰ってくるのが劇場版、と解釈しました。

id:castle No.4

castle回答回数1011ベストアンサー獲得回数122005/03/18 03:01:57

ポイント17pt

http://www.nhk.or.jp/manga/mes/11/page_003.html

BSアニメ夜話/ヤッターマン

色んな見方、考え方を視聴者に求めている内容ので、あなたの感じた解釈が最終回ですという感じではないでしょうか。

自分がそう思ったから真実なんだ、と気づいて「おめでとう!」とシンジ君と一緒に視聴者も祝福されているわけで。

だから、エヴァは使徒を巡る謎と戦いの物語ではなく、シンジ君の心と成長を巡るお話だったというドンテン返しがあの最終回だと思います。

id:Manami2005

私の考えもこれに近いですね。

2005/03/18 03:12:54
  • id:sazanx17532
    アニメでは、皆の心理で終わりましたが、続きがあります。俗に言う「旧劇場版」で、正式な名前は「Air/まごころを、君に」です。
    世間ではAirを25話、まごころを、君にを26話とする人も居るようです。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません