実地棚卸を決算日以外に行うとき、どのような注意事項があるでしょうか?(例えば3月決算なら、通常4月1日に行うところ、前もって3月1日に行う、など)

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/03/30 13:34:09
  • 終了:--

回答(2件)

id:gamio11 No.1

gamio11回答回数22ベストアンサー獲得回数02005/03/23 22:35:57

ポイント25pt

http://www.tabisland.ne.jp/explain/kaisha/kais_003.htm

�p�R�@���n�I���̏d�v��

実地棚卸の主な目的の一つは、現物を数え、帳簿在庫との差を把握し、その原因調査等を行うことによって帳簿在庫を正確な数字に修正することにあります。

したがって、決算日以外に棚卸を行う場合は、棚卸当日の帳簿在庫を正確に把握できるようにし、実地棚卸と照合ができるようにすることが重要です。

棚卸当日に帳簿在庫がわかれば、実地棚卸と差が生じた場合にすぐに原因調査を行えるため、よりよいです。

また、決算日の在庫は実地棚卸を基準に帳簿の受払い記録により確定させるので、正確に受払いを行うとともに、その根拠資料を明確にしておくことが望まれます。

id:Yuushi

なるほど、棚卸日から決算日までの、受払い記録がちゃんとできていないといけないんですね。

2005/03/24 11:09:55
id:sami624 No.2

sami624回答回数5245ベストアンサー獲得回数432005/03/25 18:03:09

ポイント25pt

こういう表形式はわかりやすいのではないでしょうか。

→棚卸資産は決算で粉飾が発覚する可能性の高い項目です。陳腐化した商品が購入価格で計上されたり、保管中に損傷したものが購入価格で計上されたり、実体と乖離する要因が多いからです。

実地棚卸をする場合は、保管されている資産の正確な価格の把握が必要ですね。

id:Yuushi

ええ、この辺はだいたい理解しているつもりですが、期末日がバタバタするので、1ヶ月前倒ししてしまいたいと思っているのです。

2005/03/31 20:34:09

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません