一部上場企業です。個人情報保護法施行に伴い新たな誓約書の提出を求められました。文言は違いますが「業務上知り得た一切の情報は、在職中は勿論、退職後も許可なく開示漏洩しないこと」「技術情報に携わった場合は退社後満3年間は競合関係にある一切の企業にも関係しないこと」などです。退社後についても縛られるのっておかしくないですか?詳しい方教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/03/24 09:15:50
  • 終了:--

回答(3件)

id:azc056 No.1

azc056回答回数35ベストアンサー獲得回数02005/03/24 09:34:06

ポイント20pt

http://www.5291soft.com/3-1-2.htm

求人 学習 資格 マネー クレジットカード at 5291soft.com

あなたの持っておられる情報が、業界で『普遍的』な知識レベルのものであれば、退職後も縛ることは「職業選択の自由」をしばることになり好ましくないと思います。


ただし、あなたが所持しておられる情報が、あなただけが有する特殊な知識であれば勤務先にとって一種の客観的財産であり、他人に譲渡しうる価値を有する点において、普遍的知識・技能と全く性質を異にするものであり、これらはいわゆる営業上の秘密として営業の自由とならんで共に保護されるべき法益というべく、そのため一定の範囲において被用者の競業を禁ずる特約を結ぶことは十分合理性があると言うべきであるという、見解が有力です。


最終的には、あなたが持っておられる情報の内容について個別に判断することとなりますが、本質問のように、業務上知り得た『一切の』情報などと、なんでもかんでも制約されるのは遺憾ですね。

id:bathrobe No.2

bathrobe回答回数77ベストアンサー獲得回数12005/03/24 09:49:31

ポイント20pt

http://www.nec-nexs.com/privacy/

個人情報保護法対策室

どうも技術情報を守るという方向の契約で、個人情報保護法のためということでも無いような気がします。もしかしたら「業務上知り得た一切の情報」に「顧客情報」が入っているのかもしれませんが・・・。


すみません、本題から少しずれました。


結論から言うと、退社後も機密保持する条件を盛り込んだ契約は、ごく一般的なものです。ただし、「関係ある一切の企業にも関係しない」というのは、転職をさせないということなのかもしれませんが、職業選択の自由を侵害していて、無効になりそうです。

http://career.www.infoseek.co.jp/jr/contents/r2_handotai05.html

転職実例ファイル - 楽天仕事市場

競合への転職事例1

http://japan.cnet.com/tech_life_and_work/tk1013.htm

人間関係、守秘義務のリスクを回避! “競合会社への円満転職”実現テク - CNET Japan

競合への転職事例2

id:hamao No.3

hamao回答回数3293ベストアンサー獲得回数402005/03/24 10:38:18

ポイント20pt

http://www.jpat.net/Y75.htm

わかっちゃう!知的財産用語 内容

貴社では守秘義務を

http://halcion.jugem.cc/?day=20040220

a public official | 20040220

公務員のレベルの倫理をもって達成しようとしているのだと思います。

民間企業ですので、法の規程はありませんので誓約書の提出を求めているのでしょう。

id:kenzy1223

なるほど。そういう視点もありましたか。

ありがとうございました。

2005/03/24 12:09:38

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません