一生になんども購入できないデザイン性の高い高額商品のWebをつくりたいと思っています。コンテンツのアイデアとしてよいものはないでしょうか?よろしくお願いいたします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/03/25 10:39:20
  • 終了:--

回答(12件)

id:taknt No.1

きゃづみぃ回答回数13539ベストアンサー獲得回数11982005/03/25 10:41:23

一般の人が 一生に何度も購入できないものは 不動産でしょう。

あと、家具とかも一生使う場合が多いですね。

id:coopers

コンテンツのアイデアを募集しています。商品がなにかということは聞いていません。

2005/03/25 10:53:05
id:leomorimoto No.2

leomorimoto回答回数10ベストアンサー獲得回数02005/03/25 10:59:37

ポイント5pt

コンテンツ、ですよね。

画面上にお客様のからだが出ていて、クリックすると、その人のクセや、趣味や、考え方や、身に着けているものや、好きな本とか出てくるっていうのはどうでしょう?○○年後の予想図、とか。

まとはずれな回答なら申し訳ありません。ちょっと思いついただけです。

id:coopers

できれば参考URLをお願いします。

2005/03/25 11:07:05
id:mken03 No.3

mken03回答回数47ベストアンサー獲得回数02005/03/25 11:06:25

ポイント5pt

>コンテンツのアイデアを募集しています。商品がなにかということは聞いていません。


とは言え、その商品が何かによってアイデアも違いそうですが...

デザインは見た目ですか?機能ですか?

作りこみのこだわりを伝えた方が良い場合もありますし、それを手にして夢をかなえた人の環境変化などを見えた方がよい場合もあります。

id:coopers

デザインは見た目です。高級品を売るお店にはそれなりのお店のあり方(内装・しつらえ・接客)があるように、Webでもそういったことはないのか?という点を知りたいですね。

2005/03/25 11:09:49
id:exa No.4

exa回答回数7ベストアンサー獲得回数02005/03/25 11:09:02

ポイント5pt

商品のデザイナーの情報とか、その商品を使っている有名人の情報とか、でいかがでしょうか。

id:coopers

具体的なURLをお願いします。

2005/03/25 11:10:07
id:mugipan No.5

ウィート回答回数124ベストアンサー獲得回数42005/03/25 11:16:18

ポイント5pt

やはり高価なものを買うとすると、その商品がどういうものなのかを細かく紹介する必要があると思います。写真を説明に添えるとより効果的だと思います。

商品の種類によってコンテンツも細分化し、実際に使った感想なども踏まえた、お勧め商品のコンテンツも加えると良いと思います。


品揃えもただ多くするのではなくて、アンケート等を取れるようなスペースを作れば需要の高い物を集める事が出来て、コンテンツをスッキリ、そして見やすく出来ると思います。コンテンツが多すぎると量販店のような印象が出てしまい、高級感がそがれてしまう恐れもありますので。

id:coopers

ありがとうございました。できればURLもお願いします

2005/03/25 16:38:21
id:webber1 No.6

webber1回答回数254ベストアンサー獲得回数02005/03/25 11:36:25

ポイント35pt

デザイン性の高いのWebを作っても見やすくなければ客足は伸びないと思います。

下記のようなシンプルが一番だと思います。

http://www.erecpa.co.jp/


質問の回答になってないのでデザイン性の高いのWebのホームページをいくつかリンク貼ります。

2つほど。これは、WEbぺージの勉強中に5000円の高額本に載っていたサイトです。

参考にして下さい。海外サイトです。

id:coopers

ありがとうございました。あとでじっくりみてみます

2005/03/25 16:38:54
id:mken03 No.7

mken03回答回数47ベストアンサー獲得回数02005/03/25 12:55:58

ポイント40pt

見た目で何度も買わないような高額商品...というと、代用品で間に合わせることも出来るけどデザイナーが絡んで高いものを連想してしまいます。

とりあえず金持ちでなく、つつましく生活してコツコツと購入のために貯金している人を対象とした場合、web上から購入ボタンで即決済できるようなものではないと思うので実店舗に誘導させることが重要かな。

画面では伝わりきらない、色、質感、フォルム、について実際に手にしている人(有名人なら尚良し)の感想をのせ、そっと「この拘りはやはりデザイナー○○ならでは」と添えてみたり。

触ってみたい!この目で確認したい!→ご来店

と、ちょっと理想的な展開の話ですが、店舗に来る理由付けコンテンツとして、やはり利用者の感想メインというのが私の考えです。

フェラーリ購入で悩んでいて試乗したら車中で感じたエンジン音と振動にしびれてそのまま購入した知り合いがいるので「来て見て触って」はかなり財布の紐ゆるむようです。


参考URLは、アンバサダーなのでちょっと意味合いが異なりますが、所持することでこの面子のステータスに近づいたような感覚を味わせるようなイメージです。

また、商品説明には各パーツのクローズアップした説明もあります。

id:coopers

ありがとうございます。利用者の感想はイイヒントですね

2005/03/25 16:40:08
id:indiana No.8

indiana回答回数59ベストアンサー獲得回数32005/03/25 13:35:37

ポイント10pt

http://www.amazon.co.jp/

�ʔ̃T�C�g �{�ADVD�ACD�A�G���N�g���j�N�X�A�Ɠd�A�������ၕ�z�r�[�A�z�[�����L�b�`���A�Q�[���A�\�t�g�E�F�A�A�m���A�X�|�[�c�A�w���X&�r���[�e�B�[�ق�

Webデザインは見た目で高い値段は取れないと思います。

やはり高いのはシステムではないでしょうか。

Amazonなどのパーソナライズシステムは、構築するとなると非常に高額になると思います。


質問の趣旨とは違うかもしれませんが、見た目で高級感が感じられるのは「とらや」などですかね。

http://www.toraya-group.co.jp/

とらやグループトップ|株式会社 虎屋

id:coopers

ありがとうございます。

2005/03/25 19:29:50
id:fk_2000 No.9

えふけー回答回数249ベストアンサー獲得回数12005/03/25 14:31:17

ポイント10pt

http://www.idc-otsuka.co.jp/item/item_f.html

IDC���ˉƋ��z�[���y�[�W

高額の範囲がないのでなんともですが、

価格帯で分類するなどの嗜好をこらすと目の付け所の参考にできて購入しやすいと思います。


URLは大塚家具ですが、

テーマに分類していますが、ターゲットに分けて表示されているので、

カーテン、テーブル、じゅうたんなどまとめて購入する際に、

同じテーマから探しやすくなっています。

また同サイトは出版物とのコラボもしていますのでかなり参考になるのではと。

id:coopers

高額ならではのコンテンツがいいのですが

2005/03/25 19:30:40
id:yoshistrat No.10

yoshistrat回答回数24ベストアンサー獲得回数02005/03/25 14:49:33

ポイント40pt

SONYのQualiaや、家具のカッシーナなどのHPを参考までに。


デザイン性を重視した製品の場合、イメージをいかに簡潔に掴むかがポイントですので、カテゴリー分けは必須なのですが、その手法も、ただ単に階層的に作るのではなく、デザイン性をもって手がける必要があるようですね。

id:coopers

QUALIAはいいですね

2005/03/25 19:31:47
id:com3scom No.11

com3scom回答回数2ベストアンサー獲得回数02005/03/25 19:15:10

骨董品です。

なぜなら、1アイテム1種類だからです。

なんでも鑑定団なんかで高額な商品は沢山あります。


デザインは、そのイメージが大切となりますので、

玄人好みとなるはずです

id:coopers

URLがあるといいんですが

2005/03/25 19:32:01
id:amiantena No.12

amiantena回答回数94ベストアンサー獲得回数02005/03/27 01:14:58

ポイント5pt

http://www.motor-forme.com/

ベンツ専門ファクトリー Forme

リンクは高品質な車の塗装を扱う会社のウェブサイト


高額商品なら、メンテナンスも重要な要素です。

お手入れ、掃除、メンテナンス、修理、あるいはそうしたお店や

プロの技術者、ノウハウなどの情報提供があれば、

見ている側も高額商品を所有するイメージが

広がるのではないでしょうか。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません