ハイデガーが鳥の「ひばり」について言及している文献があったと思うのですが、ご存知の方情報を教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/03/27 11:13:09
  • 終了:--

回答(2件)

id:opponent No.1

opponent回答回数1876ベストアンサー獲得回数72005/03/27 12:40:22

ポイント35pt

簡易ということ


【露伴とハイデッガーを私が比較しているのに奇異な感を抱く人が多い。それはどちらの思想も深く理解されていないためであると思う。私がハイデッガーの本を手にしたのは露伴研究に取りかかった後だったが、人から難解といわれる彼の哲学書が露伴の言っていることに近いのに言い知れぬ喜びを感じたものである。次の文はハイデッガーの「野の道」の一文である。】


【「夏の朝、野の道が岡のうねりの上を超えゆくあたり、雲雀(ひばり/引用者註)が舞い昇ることもあろう。母の村のあるかなた、そこから東の風が吹き荒れてくることもあろう・・・・・・しかし野の道のほとりには、同じ一つのものの呼びかける声が、いつもまたあらゆるところから聞こえてくるのである。その同じ一つのものの声は次のように呼びかけているのである。単純なものこそ、止まるもの、偉大なものの謎を秘蔵している」(高坂正顕訳)】


これのことでしょうか? でしたら、下記の文献ですね。


野の道 ; ヘーベル : 家の友

野の道 ; ヘーベル : 家の友

野の道 ; ヘーベル : 家の友


http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi/3beb159e7ceba0...

オンライン書店ビーケーワン 404 ページを表示することができません

ハイデッガー選集 8

8 野の道 ヘーベル 家の友 高坂 正顕訳 辻村 公一訳

id:papagena

ありがとうございます

2005/03/27 17:04:18
id:shinro1227 No.2

shinro1227回答回数4ベストアンサー獲得回数02005/03/27 15:35:21

ポイント15pt

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/458270249X/qid=11119050...

Amazon.co.jp: 開かれ―人間と動物: 本: ジョルジョ アガンベン,Giorgio Agamben,岡田 温司,多賀 健太郎

「それでもヒバリは開かれを見ることはない。」


ジョルジュ・アガンベン「開かれ」に引用されるハイデッガー「形而上学の根本諸概念」のなかの一節。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません