キリシタン大名、隠れキリシタンをテーマにした小説を教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/03/27 11:55:36
  • 終了:--

回答(9件)

id:stnet No.1

stnet回答回数804ベストアンサー獲得回数342005/03/27 12:03:02

ポイント14pt

「沈黙」をはじめとして遠藤周作さんはキリシタン関連の小説を多く書いてますね

http://www.tonegawa.net/find/遠藤周作/books-jp/:detail]

id:itarumurayama No.2

itarumurayama回答回数735ベストアンサー獲得回数222005/03/27 12:03:44

ポイント14pt

直接キリシタン大名を扱っている訳ではないですが、

遠藤周作の「反逆」


この中の高山右近の描き方は、必ずしもキリスト教一辺倒ではなく、

信長と荒木村重(信長に反旗を翻した)と宗教の間で

葛藤している様がうまく描かれています。


遠藤周作はキリスト教に改宗しているので、他にもキリシタン大名の作品が多いと思います。

id:tetsu1 No.3

tetsu1回答回数260ベストアンサー獲得回数02005/03/27 12:13:38

ポイント14pt

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/430922377X/qid=11118925...

Amazon.co.jp: 奇跡の村―隠れキリシタンの里・今村: 本: 佐藤 早苗

佐藤 早苗 著「奇跡の村―隠れキリシタンの里」はいかがでしょう?

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4334708218/qid=11118929...

Amazon.co.jp: 津和野殺人事件: 本: 内田 康夫

変わったところでミステリー小説の題材にもなっています。

内田 康夫 著「津和野殺人事件」

id:sprea0422 No.4

sprea0422回答回数12ベストアンサー獲得回数02005/03/27 12:33:34

ポイント13pt

遠藤周作の『沈黙』

id:Sato7 No.5

Sato7回答回数91ベストアンサー獲得回数02005/03/27 13:15:19

ポイント13pt

http://machi.monokatari.jp/a2.php?itemid=549

 その2 遠藤周作 『女の一生 一部 キクの場合』 新潮文庫 - 長崎もの語り散歩 by 伊藤裕幸

有名なところで済みませんが、遠藤周作の「女の一生」の第一部は、傑作キリシタン小説だと思います。

id:ShinRai No.6

ShinRai回答回数488ベストアンサー獲得回数212005/03/27 14:03:37

ポイント13pt

小石房子著「豊後の王妃イザベル キリシタン大名大友宗麟の妻」(1995年)は、読みやすく、キリシタンの問題性(日本人を奴隷にして海外に売り飛ばしたり、寺を破壊したり)を鋭く提示していて、大変お薦めです。

id:ykanzaki No.7

ykanzaki回答回数267ベストアンサー獲得回数82005/03/27 15:08:44

ポイント13pt

隠れキリシタンの場合は遠藤周作の沈黙が代表作になると思います

id:ssig33 No.8

ssig33<xmp>回答回数217ベストアンサー獲得回数12005/03/27 15:51:16

ポイント13pt

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/external-search/249-0349828-...

Amazon.co.jp��Amazon.com: ���R�E��

高山右近関連

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/external-search/249-0349828-...

Amazon.co.jp��Amazon.com: �呺����

大村純忠関連

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/external-search/249-0349828-...

Amazon.co.jp��Amazon.com: ���F�@��

大友宗麟関連

id:hiroyukiarita No.9

hiroyukiarita回答回数1792ベストアンサー獲得回数02005/03/27 16:14:11

ポイント13pt

http://machi.monokatari.jp/a2.php?itemid=497

 その1 遠藤周作 『沈黙』 新潮文庫 - 長崎もの語り散歩 by 伊藤裕幸

遠藤周作の沈黙

そのものではないけれど、若い日に読み感動しました。

「ロドリゴは司祭でありながら、神の存在そのものに疑念を持つ。やがて、ロドリゴは自分の苦しみよりも他人の苦しみのために踏み絵に足をかけることを選び、棄教してしまう」というものです。

http://www.hi-ho.ne.jp/luke852/ukon.html

���R�E�ߌ����� �L���V�^���喼�̏����T�C�g

高山右近ですね

吉川英治著です

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません