独創的経営システムの構築をしたと思われる企業として、具体的にはどんな会社のどんな経営システムが挙げられるでしょうか?教えて下さい。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/04/06 18:57:25
  • 終了:--

回答(4件)

id:ron39 No.1

ron39回答回数52ベストアンサー獲得回数12005/04/06 21:02:18

ポイント15pt

http://www.gendai-a.co.jp/

パチンコ業界に特化した広告会社、ゲンダイエージェンシー株式会社

ゲンダイエージェンシー。熱狂的ファンがいるパチンコホールに特化した広告制作会社。ポスター、折込チラシ、テレビ、雑誌広告で、競合他社が参入できない独壇場を築く。ジャズダックに上場もしている。この会社の戦略を聞いたときにはうなった。パチンコには熱狂的ファンがいること、それを引き付ける広告は特殊な技術が必要であることの双方に気付いたからです。

id:mieru

そうですか?私はパチンコをやらないものですから、全然関心の行かない分野の情報でしたので、

新鮮な目でみることかできました。

2005/04/07 07:56:57
id:sami624 No.2

sami624回答回数5245ベストアンサー獲得回数432005/04/06 21:46:55

ポイント10pt

トヨタ自動車の看板方式。当初は独創的でしたね。

id:mieru

確かにそうですね。基本的なものとして押さえておく必要がありますね。ありがとうございました。

2005/04/07 07:58:07
id:tamama001 No.3

のらキャン△サイクル回答回数11ベストアンサー獲得回数12005/04/06 22:57:59

ポイント10pt

http://www.bookoff.co.jp/

本を売るならBOOK OFF(ブックオフ)

ブックオフ

ブックオフはそれまでニッチな産業であった古書販売をメジャーな産業に押し上げました。


それまでの古書店では古書に対する専門的な知識(目利き)が要求され、一冊一冊に対する相場を把握して値付けをする特殊技能が必要でした。


ブックオフでは専門知識を必要とする目利きという特殊技能を排除し、本の状態発行年数などアルバイトでもマニュアルによって本の値段を査定するシステムを構築しました。

このマニュアルでは本一つ一つの価値を評価することはせず全て機械的に査定していきます。


機械的な査定システムを採用することにより買い取り査定の大量の本の買取を可能としました。

また消費者にとっても新しい本ほど高く買い取ってくれるという分かりやすいシステムが安心感を生みました。


それまでの古書店の買取は一般の消費者にとって分かりずらく敷居の高いものでしたがブックオフの新しい査定システムはその敷居を取り払ってしまいました。


また本の買取査定で培った買取ノウハウを応用して家電やパソコンなどの中古品の買取を行うハードオフのような中古買取店のグループを形成しています。


この不況下でもドンドン店舗を増やしているのは質問者さんもご存知だと思います。

id:mieru

身近な事例としては、大変わかりやすいものですよね。見落としていたかもしれません。本当にありがとうございました。

2005/04/07 07:59:01
id:yamatakulove No.4

yamatakulove回答回数8ベストアンサー獲得回数02005/04/08 00:48:40

ポイント35pt

http://www.misumi.co.jp/management/

株式会社ミスミグループ本社 : 経営情報 : トップメッセージ

ミスミ。「購買代理店」というコンセプトを創出し、さらにそれを実現するために、ユーザーに支持されるような仕組みを見事に構築し、他社との独特な協力体制を築いた会社。あんまり派手なイメージじゃないけど経営戦略のケーススタディのテキストでは常連です。

三星電子。サムスンです。DRAM市場への参入成功に至り日本企業を逆転した経緯、さらにはなぜ日本がどのような対応策を講じ、それが達成しきれなかったのかを辿ってみると面白いです。

http://www.donki.com/

激安の殿堂 ドンキ王国 | 株式会社ドン・キホーテ

ドン・キホーテ。独創性をもった視点で顧客のニーズをつかむ経営手法で大成功。品揃え・価格から店内の陳列手法まで、経営者の発想は注目に値します。いろいろ工夫してると知ると、今までなんとなく入ってたドンキの店舗の見る目が変わるかも。

http://www.nikkei-bookdirect.com/bookdirect/item.php?did=13275

ケースブック 経営戦略の論理:本/日経BookDirect

伊丹敬之・西野和美 編著

『ケースブック 経営戦略の論理』

経営戦略の具体例をロジカルに理解できるので、もし本を読む時間があれば是非手にとって見ることをおすすめします。

id:mieru

専門家の視点で情報をいただき、たいへん有り難く思います。参考にさせていただきます。

2005/04/08 07:45:31

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません