先日亡くなったローマ法王について、法王の平和外交などを評価する意見がある一方で、女性の権利への保守的な態度や、同性愛への批判、コンドーム使用を許さなかったなどの点についての批判もあります。

参考
http://www.ocn.ne.jp/news/data/20050405/a050404160051.4k7d3ed2.html

こうした問題についてニュース記事ではなく、ある程度著名な方が、まとまったヨハネ・パウロ2世批判を書いているページというのはあるでしょうか?

(相当本格的に書かれているものならば、著名ではない方のものでもかまいません。ただ、Blogでのコメント程度のもは避けてください)

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/04/10 21:37:43
  • 終了:--

回答(1件)

id:ssig33 No.1

ssig33<xmp>回答回数217ベストアンサー獲得回数12005/04/10 21:49:32

ポイント40pt

http://www.we-are-church.org/imwac/press/PR1_en.htm

We are Church:  A Pope and a Pontificate Full of Contradictions

これなんかが代表的でしょうね。


以下機械翻訳(組織名がWe are Churchというので多少おかしい訳になってますが大体理解できると思います。)

新聞発表Hanover/Rome 、2005 年4 月02 日


私達は教会である: 否定の十分の法皇そしてPontificate


私達によってが教会である国際的な革新運動は法皇として彼の長い統治の法王ヨハネパウロ二世の驚くべき全体的な影響を確認する。私達はポーランドの彼の故国に自由を持って来るための彼の努力を称賛する。anti-Semitism のsordid カトリック教の歴史を克服する私達はユダヤ人のコミュニティに彼の開始、および彼の強い努力を賞賛する。私達は死刑に彼の強い反対、社会正義のための彼の全面的なサポートおよびイラクの戦争に彼の明確な反対を、特に歓迎した。教会歴史の暗黒面をreappraising 彼の”Mea Culpa” は勇気があるステップだった。個人的な敬愛のための彼の強制的な人格および彼の評判は称賛するただことができる。


但し、彼のpontificate は否定の完全だった。彼が教会を内部的に取った方向は実質の改良のための希望を有した方向のために非常に悲惨だった。不運にも彼が議会の関係者彼自身だったのに、法王ヨハネパウロ二世はバチカン第2 議会から始まった開放性及び包含の精神を増強するように努めている根本のカトリック教徒の成長、世界的な動きからの嘆願を無視した。


彼が大きいの世界の改良そしてダイアログに深く託されたが、彼は教会内の中心にされた、独裁主義的な構造自体を増強した。これは恐れ及び剛性率の気候を促進した。平等を追求しているカトリック教の女性のような”バチカンII カトリック教徒” のとの深刻なダイアログを書き入れる自発性が改良する神学者をなかったまたは私達は教会動きである。バチカン第2 議会の精神から、解放の神学のような育った神学はこのpontificate の下で、組織的に抑制された。このpontificate の後半の間の教会法の規則そして文書の洪水は、特に、教会中央集権主義を激化させた。保守的な司教および枢機卿の一定した選択はこれらの傾向を補強した。


教会の人権


法王ヨハネパウロ二世は世俗的な生命の人権の支持者だったが、彼は教会にこの確信自体を適用しなかった。


教会の認識のために叫ぶ人権間にまだありなさい: 性の平等- 公平な試験に、良心及びスピーチの自由、権利、性オリエンテーションのために尊重される権利結婚する女性の司祭のordination 、権利およびHIV-AIDS の広がりを防ぐコンドームの再生そして使用に関する決定のlaity の道徳的な成年期を含む…。


paedophilia のスキャンダルは教会の生命の人権の主要な違反を一般に露出した。法王ヨハネパウロ二世がスキャンダルとして最終的にそれを確認したが、このスキャンダルは大いにより早い時に大いにより強い行為を必要とした。


Ecumenism


ユダヤ人の人々とのecumenism そして内側宗教ダイアログの分野では、特に、法王ヨハネパウロ二世は正しく称賛されたpraiseworthy ステップを踏んだ。但し、それらは他のキリスト教の種類のそれらと共用聖餐への反全般的な文書”Dominus イエス・キリスト” 及び厳密の”に” 先行していなかった。



国際的な動き私達は教会である


国際的な動き私達はバチカン第2 議会(1962-1965 年) およびそれから開発される神学的な精神に基づいてローマカトリック教教会の更新に1996 年にローマで創設される教会託されるである。私達はウィーンの基本的なGroer のまわりのpaedophilia のスキャンダルの後で始まった1995 年にオーストリアの教会国民投票から展開する教会である。私達はすべての大陸の多くにより20 ヶ国で教会表され、類似気にされた改良のグループと世界的にであるネットワーキングである。有名な宗教の社会学者の国際的な調査が確認するので、私達は教会内の革新運動が席の人々の` の声を表し、ローマの何人かの影のSynods のこれを示したので教会である。

こちらは批判に咲かれている部分がすくないんですが。


以下機械翻訳

何百万の法皇の専用されていた生命ジョンポールと特に彼が死に会うことを選んだ落ち着いた、優美な方法のための感謝の世界、FutureChurch の提供の祈りのまわりの他と。復活の人々として、私達は永遠に最後の彼が彼が彼の生命を与え、神に密接に結合されたことKarol Wotjyla の記入項目を祝い、彼と喜ぶ。


ジョンポール法皇は印象的な遺産を残す。彼は重要の、多分不可欠、ソビエト連邦と西間の関係の標準化の役割を担った。イラクの戦争に関する正義そして平和のための彼の頻繁で、妥協しない呼出しは、最近世俗的な力に、挑戦して、圧迫されたに慰めていた。彼の治療は長引く反ユダヤ人の偏見をまだ和らげるために働くユダヤ人のコミュニティに先まで達する。彼の個人的な敬愛およびprayerfulness は何百万、特に若者を促した。


papacies すべてに強さ及び弱さが両方ある。教会自体の中では、法王ヨハネパウロ二世は教会が共産主義存続させるポーランド人の助力で彼をそうよく機能した支配の中心にされた、独裁主義的な様式を実行した。この支配様式は何人かのカトリック教徒により大きい保証を与えるかもしれない間、また創造的に21 世紀の挑戦を受ける世界的なCatholicism の能力を限った。内部挑戦間で多分一番カトリック教徒の数が急速に拡大している時司祭の厳しい不足はである。


私達のカトリック教家族の他のメンバーと、私達は法王ヨハネパウロ二世の渡ることで悲しさ及び損失の感覚を共有する。同時に、私達は次の秘密会議および年に来るために神の教会の継続的だった指導を信頼する。


法王ヨハネパウロ二世に、ローマの司教、私達はMatthew のイエス・キリストの単語を25:14-30 エコーする: ”健康なされ、よく、忠実な使用人、分け前来るあなたのマスターの喜び。” は


FutureChurch は教会の生命のすべてのカトリック教徒の全員参加を追求している教区によって基づかせているカトリック教徒の連合である。FutureChurch は司祭不足の重要性、Eucharist (固まり) のcentrality 、およびカトリック教会の女性の全身不平等についてのカトリック教徒を教育するように努力する。それはそして全体的に作り出し、表現すること精神によって促される確信に他のカトリック教徒との開いた、信心深く、そして啓発されたダイアログによってSensus Fidelium を(忠実のの) 局部的に加わるように努める。それは5000 の賦課金を神のGod そして人々によって聖職者にふさわしい大臣に呼ばれるすべての洗礼を施された人に開始ordination についての広まった議論を励ますのに彼らの資源を使用する付加的な行動主義者10,000 人メンバーに支払うことを有し。


それ以上の情報訪問www.futurechurch.org のため

id:morningrain

回答ありがとうございます。

機械翻訳でやや読みづらい面もありますが、内容的には興味深いです。

このWe Are ChurchとかFutureChurchとかいうのは教会組織なのかな?これからの回答は、できれば個人が書いたものをあげてください。

2005/04/10 21:57:06

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません