小説の冒頭に書かれてある「○○に捧ぐ」という一文を最初に使い出したのは誰ですか?

URLもあわせてお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/04/11 17:45:54
  • 終了:--

回答(2件)

id:syouzou-toki No.1

syouzou-toki回答回数93ベストアンサー獲得回数02005/04/11 18:06:26

ポイント不要です。


「○○に捧ぐ」というのは一般に献辞・献詞といわれ、文章以外にも銅像や絵画といった芸術作品でもよく見られます。中国でも古くは宋の時代とかに、為書きとしての献辞があるようです。古いところだと、司馬遷の史記の冒頭には、なぜこの史書を書いたのかの理由などが書き綴られていますから、これが献辞の初出といえば初出かもしれませんが、正確にはわかりません。


日本の小説や海外の小説の「○○に捧ぐ」といった物も、本来は学術書などの謝辞などとして先人に敬意を表す定型文としてあったようで、特定の個人が始めたことと言うより、長い歴史の中で育まれたモノ、としか言えないのではないでしょうか。


あえて小説として言うなら、たぶん、近代小説の祖といわれるセルバンテス(ドン・キホーテの作者)かダニエル・デフォー(ロビンソン・クルーソーの作者)の献詞が、原型ではないかと思われますが。

id:opponent No.2

opponent回答回数1876ベストアンサー獲得回数72005/04/11 19:16:57

ポイント50pt

時事フランス語(第27号)(1998年10月22日発行)


【antique (古代の、古式の)】


【これは日本語でもアンティークといいますから、問題ないですね。この文章は、書物の献辞の由来を探ると、古代のローマにたどり着くといっています】


http://www.answers.com/topic/dedication

dedication: Definition and Much More from Answers.com

dedication: Definition and Much More From Answers.com


日本語 (Japanese)

【n. - 奉納, 献呈, 専念, 献身, 献呈の辞】


語源 dicere


【dedication    奉納、献身「御身の下に置くと宣言する」】


「献辞」あるいは「献呈の辞」(dedication - 小説だけではなく書物一般、音楽にも使われています)のことをお尋ねでしたら、その起源はラテン語の dicere を語源とする dedication(奉納、献身)から来ているようです。最初のリンクによれば、その由来はローマ時代にまでさかのぼるとあります。


書物が発達したのはグーテンベルグ(1390年代 - 1468年2月3日)による印刷機の発明以降です。献辞ないし献呈の辞を、印刷された書物で使い始めたのは15世紀ごろからでしょうから、誰が使い始めたのかを特定するのは無理かと思われます。


参考:


http://dictionary.cambridge.org/define.asp?key=20213&dict=CA...

Cambridge Dictionaries Online - Cambridge University Press

Cambridge Dictionaries Online - Cambridge University Press:dedicate


Definition

dedication

【2 [C] a statement which says in whose honour something has been written, made, performed, etc:

The dedication at the front of the book read ’For my Father’.】


http://www.kt.rim.or.jp/~arthur/ar/

Arthur Ransome Dedication / アーサー・ランサムへの献辞

Arthur Ransome Dedication / アーサー・ランサムへの献辞


献辞


【一楽信雄先生は、本学を平成12年3月31日付けで定年退職され、現在は武蔵大学名誉教授である。武蔵大学経済学会では、一楽先生の学会へのこれまでのご貢献に感謝するとともに、先生のご退職を記念するため本武蔵大学論集記念号を捧げる】


http://www2s.biglobe.ne.jp/~bcj/02.10.18bra.html

02.10.18ブランデンブルク

02.10.18ブランデンブルク


フレンチピッチの柔らかく暖かい響き-

【1721年3月24日 J.S.バッハは、不慣れなフランス語の献呈の辞をつけて『様々な楽器のための6つのコンチェルト』と題する美しい浄書譜を、ブランデンブルク辺境伯に献呈しました】

id:shiroieki

沢山ソースを付けて下さりありがとうございます。

献辞という言葉を初めて知りました。

献辞そのものはそんなに大昔からあるのですか……。

つい最近使われだしたものだと思っていました。

2005/04/11 20:27:41
  • id:shiroieki
    syouzou-tokiさんへのレス

    操作を誤って、レス無しで次の回答を開いてしまったので、ここでレスします。

    大昔からあったとは知りませんでした。てっきり近代辺りから使われているとばかり思いこんでいたので、誰が使ったか特定できるもんだとばかり……。
    芸術作品全般に使われているものだとは思いもしませんでした。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません