銘柄を決めていない消費者がビールを買う時に、陳列を見てから約3秒で購入する商品を決定するという話を聞いたことがあります。

(インパクトが重要ってこと?)
この話に裏づけ資料ってありますか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/04/12 11:17:31
  • 終了:--

回答(1件)

id:tranquil No.1

tranquil回答回数13ベストアンサー獲得回数02005/04/12 15:28:44

ポイント40pt

http://www.ec.kagawa-u.ac.jp/~hori/yomimono/kanyo.html

�����ҍs���ɂ������֗^�ړx�̖���

※昔少し触れただけなので、何かの参考程度にご覧下さい(^^;

 もしかしたら見当違いかも。。。


Tyebjeeの分析について記載されています。


>ビールについて分析し、製品関連関与が1つと課題関連関与に感覚関与と認知的関与の2つ合計3つの因子を見いだしている。

URLはダミーです。

参照URL→http://www.empgens.com/mr_online/aware/aware.html


Hoyer and Brown の分析について記載されています。

低関与購買の場合、70%の人が知っているブランドのものを購買するそうです。

id:miyama

ありがとうございました!

2005/04/12 15:59:04

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません