1989年の天安門事件は中国の民主化を進める上で歴史的に価値があったのでしょうか?

つまり民主化を求めながらも,訒小平を退陣させる結末に至り,江沢民を台頭させてしまいました.
江沢民時代からは極端な反日教育が始まったのだが,民衆はそれを受け入れてしまっているし,メディアの報道への免疫力も相当低いように感じます.
そのことを受けて考えると,天安門事件を起すことになったあの民主化運動は全く無駄だったのではないか?あの時の犠牲を踏み台にして更に民主化が進んだのではなく,あの犠牲を無視して党主導の偏りのある民主化だけが進んでいるのではないか?といったことが頭をもたげます.
党にとってはあの事件は大失態でしたが,民主化運動家側にとっても大失態だったのではないでしょうか?
そしてその両者の失態の経験を生かしているのは,党側だけなのではないでしょうか?
ご意見ください.

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/04/17 04:07:58
  • 終了:--

回答(5件)

id:TomCat No.1

TomCat回答回数5402ベストアンサー獲得回数2152005/04/17 05:32:40

ポイント16pt

http://www.cdjp.org/

CDJP �й��������嵳

http://www.hkddn.org/

�������D�o�i����

いくつか、中国民主化運動に関連するサイトを掲げてみました。


今の中国は依然として一党独裁の家父長的政治体制が続いており、

経済的には開放政策が進んでいるとはいえ、

思想信条の自由、人権などの面では後進的な姿をとどめたままとなっています。


しかし中国国民は世界に「華僑」という同胞がいるという特殊な環境を持ち、

世界に広がる華僑は、それぞれの居住地を拠点として

様々な祖国民主化運動を形成して活動を続けています。


さらに中国国内にあっても、とりわけ香港においては、

複数の民主化運動体や政党が組織されています。


だからこそ、中国政府は「愛国心」を旗印に

党と政府への求心力を保持することに必死なのであり、

今日の日本との軋轢は、その副産物と言えるでしょう。


なるほど、今日の中国の言論の高まりを見ると、

自由にモノが言えるようになった

結果のようにも見えるかもしれません。

しかしそれは国粋主義的愛国教育の結果であり、

党と政府に都合の良い思想に統制され続けている

中国国民の現状を物語っています。


紅衛兵時代の「造反有理」の焼き直しである

「愛国無罪」なるスローガンに煽動される暴徒の姿は、

それを如実に示すものと言えるでしょう。


しかし、そうした一党独裁の政治体制に反対する人たちも、

けっして少なくないわけです。


作られた思想で暴徒化した人々とは全く異なる、

自らの意志で自らの国の将来を開こうとした

天安門事件の人々の意志は生き続けています。

天安門事件は終着点ではなく、

民主化運動のひとつの節目に過ぎないわけです。


以上の点から、天安門事件は弾圧の側に立った

政府のみの汚点である、と考えるのが妥当であると思われます。

id:daemon

> 政府のみの汚点である、と考えるのが妥当であると思われます。

そう言っていただけると勇気付けられます.

私も華僑の知り合いは何人かいますが,彼らは思想的には日本人よりもはるかに進んでいる人も少なくないです.

そう考えると,悲観ばかりもしていられないですね.

2005/04/17 06:11:16
id:p00437 No.2

p00437回答回数2277ベストアンサー獲得回数132005/04/17 07:10:32

ポイント16pt

中国の場合は1党独裁政治は、今も続いているわけですから民主化が進んでいるとはいえません。1989年の天安門事件でデモ隊を人民解放軍により鎮圧したことで、今回は反日デモの鎮圧はできなくなっているのです。国家として反日教育薦め政府が鎮圧すると政府に対する暴動がおき収拾がつかなくなるからです。国家自体が民主化していないのですから、国自体に天安門事件見たいな事件が起き、国民が新しい政府を創り出さない限りは、本当で言う民主国家は出来ないでしょうね。

id:daemon

政府にとっては1989年の鎮圧は失態だったと認識しているということですかね.

2005/04/17 12:45:16
id:sami624 No.3

sami624回答回数5245ベストアンサー獲得回数432005/04/17 07:27:34

ポイント16pt

第2次世界大戦後の日本も様々な混乱後に、急成長をしたわけです。軍国主義だったのが、いきなり平和的民主主義へと変更して、しかも米国主導ということもあり、当初は様々な混乱があったわけです。但し、中国の場合はその混乱がかなり尾を引いているということでしょうか。これは、日本の戦後と中国の民主化後の国際情勢の相違にあります。日本の戦後は昭和30年代の世界的な成長期に乗っていたというのがある一方で、中国の場合はそもそもバブル崩壊とほぼ時期を同時としているため、民主化語も世界の経済情勢がぱっとせず、思うように民主化のメリットが国民段階まで浸透しなかった、という側面があるでしょう。単なる政治的な側面だけではなく、経済的な側面もあるため、一概に民主化が失敗とは言い切れないでしょう。

id:daemon

この質問は天安門事件の民衆側と党側の影響についてです.

2005/04/17 12:48:35
id:Yellow No.4

Yellow回答回数7ベストアンサー獲得回数02005/04/17 23:55:50

ポイント16pt

http://d.hatena.ne.jp/Yellow/

商品先物デイトレ日記→オイルとか貴金属とかの鞘取りで生活しているブログ

まず、中国の一般大衆が掲げている民主化運動というのが、どういう意味なのか、それを理解しなければいけないと思いますよ。

おそらく、中国の民主活動家も民主主義とは何ぞやって部分はきちんとした考えを持っていないのではないかと思います。

中国人の求めている民主化というのは、日本や西洋のような複数政党制による議会制民主主主義のことではないでしょう。

ようするに、彼らにとって民主化というのは、彼らが共産党から権力を奪うことにあるのであって、民意を受けて政権交代が実現するような体制にしたいという意味ではないのです。

そうでなければ、すでに民主化を実現した台湾の民意を認めないことについて矛盾が発生します。もし、中国が日本や西欧が実現しているような民主主義国となるのであれば、台湾、チベット問題の独立を認めないと仕方ありませんが、中国人にそれだけの度量があるとはとてもおもえません。

id:daemon

人類の1/5を囲う大きな井戸が中国ですね.

目覚めよ!

2005/04/18 03:37:31
id:duemr701 No.5

duemr701回答回数536ベストアンサー獲得回数02005/04/19 21:24:22

ポイント16pt

その通りと思います。

id:daemon

目覚めよ人民.

がんばれ華僑.

2005/04/19 21:58:31

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません