中国の反日デモ(破壊行為、暴動込み)を、中国側の主張をひとまず認めたうえで論理的に批判してください。中国側が反論したり、無視したりできないほど説得力のある批判を期待しています。


ちなみに私は私なりの考えをすでに持っています。また、反中国を煽る意図はございませんので、感情的な中国非難などはスルーします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/05/01 08:18:58
  • 終了:--

回答(14件)

id:TomCat No.1

TomCat回答回数5402ベストアンサー獲得回数2152005/04/17 10:30:20

ポイント13pt

親愛なる中国国民の皆さん。


中国と日本は長い歴史の中で、

互いに強く影響し合いながら今日に至っています。


たしかに、過去において日本は、

侵略戦争という重大な誤りを犯しました。

それは有史以来、江戸時代の終焉まで続いた封建制が

そのまま受け継がれた帝国主義による所業であり、

中国国民のみならず、日本国民もまた、

同じように故郷を奪われ自由を奪われ、

そして愛する人の命も、自らの命すらも奪われていったのです。


侵略戦争は、ひとつ中国をはじめとする他国への侵略にとどまらず、

日本国民をも等しく被害者とした、

真におぞましい人間性破壊の狂気でした。


その経験を経て日本国民は、

二度と政府の過ちによって戦争の惨禍を起こさないことを固く誓い、

国民主権の民主国家を打ち立て、

国権の発動たる戦争と武力による威嚇や行使を

永久に放棄する憲法を確立したのです。


これが全世界に向けた、日本の戦争責任に対する

第一の反省であり謝罪です。


さらに中国に対しては、国交正常化に先立つ共同声明において

「中国国民に重大な損害を与えたことについての責任を痛感し、深く反省する」

と第二の反省と謝罪を明らかにし、

これに対して中国政府は「歓迎するものである」との意を表し、

「中華人民共和国政府は、日中両国民の友好のために、

日本国に対する戦争賠償の請求を放棄することを宣言する」

として、両国の主権及び領土保全の相互尊重、

相互不可侵、内政に対する相互不干渉、

平等及び互恵並びに平和共存の諸原則の基礎の上に

恒久的な平和友好関係を確立することに合意したのでした。


親愛なる中国国民の皆さん。


これが正確な歴史の事実であり、

私たちの築いてきた友好の歩みです。


私たちは相互に主権を尊重し合い、内政に干渉せず、

平等の立場から平和共存を目指していくべき関係にあります。


しかしながら、貴国国民の最近の動向はどうでしょうか。

日本の教育問題その他各種問題に圧力をかけるのみならず、

それを暴力的行動によって押しつけようとすることは

明かな内政干渉であり許されません。


もしわが国民が暴力的手段をもって

貴国における愛国教育および歴史教育を粉砕しようとしたら、

貴国民はどのように反応するでしょうか。


私たちは相互に平等の立場で国交を回復したのです。

今、その平等が一方的に侵害されていることに、

貴国民の注意を喚起しないわけにはいきません。


親愛なる中国国民の皆さん。


私たち中国と日本の国民は、

それぞれ相反する利益の上に立脚しているのでしょうか。


むしろ、貴国民の懸念する侵略戦争に対する歴史認識の問題は、

日本国民にとっても重大な問題であると考えられないでしょうか。


日本の少なくない民主的大衆は、

日米同盟を後ろ盾とした日本の再軍備に反対し、

再び戦争の出来る国になることを目指す

平和憲法改変の策動に強く反対の声を上げつつあります。


戦争許すまじの声は、深い戦争責任の認識に立脚し、

二度と加害者にも被害者にもなるまいと願う

少なくない日本国民の中に、

しっかりと定着し前進しています。


そこに共感し連帯することこそ、

貴国民の真の利益に直結する行動ではないでしょうか。


親愛なる中国国民の皆さん。


私たちの利益は共通しています。

私たち日本国民は、少なくとも民主的大衆は、

日本にであれ中国にであれ、またそれ以外の諸国にであれ、

あらゆる覇権と暴力、侵略に強く反対します。


したがって、貴国および貴国民が日本に対して

暴力的な主権の侵害を企てれば、

日本は民主的大衆も含めて、それに強く反対することは当然です。


私たちは観念的感情論で対立すべきではありません。

相互にそれぞれの国の真の平和と民主化を希求する行動を支援し合い、

連帯していくことにこそ、共同の利益が存在します。


日本政府の歴史認識や対中政策に懸念を表明するならば、

貴国民は日本の主権者たるわが国の民主的大衆への支持を通して

反対の意を表すべきであって、

わが国の内政に干渉すべきでない立場からの暴力的な示威行動は

平和を阻害する覇権主義的盲動であるとして、

厳に慎むべきものと認識しなければなりません。


親愛なる中国国民の皆さん。


私たちは同じ世界を共有する国際人です。

世界のあらゆる覇権と暴力に強く反対し、

全地球的恒久平和を希求すべき存在です。

互いに平等の立場で同じ未来を目指して連帯していけるはずです。

今ここに、両国国民の友好と連帯を再確認し合おうではありませんか。


誇り高き両国国民万歳

両国の揺らぎない友好万歳

世界恒久平和を希求する両国国民万歳

id:hken

ありがとうございました。

でも、申し訳ございませんが、普通ですね。

…というか、このような呼びかけなら、過去にいくらでもあったはず。それにもかかわらず今の状況があるということを踏まえてほしいです。

また、特に暴力的行為がなぜ悪いのかということについて、従来にないほどの説得力とインパクトのある説明がほしいです。多分、いまの中国側には、普通に説明しても聞く耳をもたないでしょうから。

2005/04/18 17:19:48
id:sami624 No.2

sami624回答回数5245ベストアンサー獲得回数432005/04/17 12:35:58

ポイント13pt

http://www.nistep.go.jp/achiev/abs/jpn/mat050j/mat050aj.html

日中の技術移転に関する調査研究

確かに首相の靖国神社参拝等、昨今の日本の行為は、中国に対し勘定を逆なでするような事実であることは、認められる。

しかし、中国はそれ以上のものを日本から受けているのであり、中国の主張は単なる勘定論に過ぎない。

①先ず第一に、現在日本が中国から輸入している農作物については、寒冷地栽培や無農薬栽培等の技術輸出の賜物であり、日本の技術輸出がなければ、現行の様な対日輸出による中国の外貨獲得は不可能であったのであり、民主化をしても単に低価格商品が輸出できるだけであったであろう。そもそも、日本が技術輸出をし、日本市場に適合した品種改良等の技術が浸透したから、現行の中国の経済発展があったのであり、中国の対日批判は一元的な感情論としか言いようがない。

②領土問題については、日本に対する批判をするものの、自国内でも同様に日本領を時刻の領土とみなす対応をとっており、この点においても中国の主張は、時刻の主張が受容れられないことにより、感情論に過ぎないといえよう。

id:hken

ありがとうございます。

日本が中国に対して、技術的に何かを「してあげた」的な議論は(実際そうであっても)、それこそ、中国側の感情を逆なでしてしまうような気がします。

また、領土問題については、当事者同士、譲歩できないというのは当たり前のことであって、それを感情論だといっても、「そうですね」という感じで、問題解決には遠いように思います。

念のため確認しておきますが、私が質問しているのは、中国の反日感情についてというよりも、反日デモ(破壊行為、暴動込み)という「行為」についてです。そのあたりをご理解のうえ、回答していただければ幸いです。

2005/04/18 17:26:31
id:mimibukuro No.3

mimibukuro回答回数1299ベストアンサー獲得回数32005/04/17 16:31:06

ポイント12pt

確かに過去の日本の行動によって、中国のかたがたは私たちには理解しがたい強い怒りを日本人に対して感じているのでしょう。虐殺があったとかなかったとか、正確な数がどうだったかなどではなくて、戦時中の日本の行動自体に問題があったからこそここまでの問題になっているのだと思います。だから、まったく理解できないわけではないのです。

しかし、だからといって強い怒りや暴力的な行為が何を生むでしょうか。復讐は復讐を呼び、怒りはまた怒りを生むのです。インターネットの情報に踊らされて誰かを傷つけるのでは何も解決に進みません。確かに声をあげなければ政府は(日本も中国も)動くことはなかったでしょうけれど、しかしそれが日系の店舗や企業に攻撃をしたり商品をボイコットする理由にはなりません。もっと冷静に、理論的な行動によって集結することは出来ないのでしょうか。

日本にも大勢の中国の方がいます。過激な行動に触発された一部の攻撃的な日本人によってそのひとたちが傷つけられる可能性もないとは言えないのです。

私の身内も、中国の方と結婚しました。自分の親戚の国と、自分の国がいざこざを起こすなんて悲しすぎます。そうして、こういう思いをしている人は私だけではなく、きっと日本・そして中国に大勢いるのです。

過去の過ちを悔いることも確かに重要です。しかし、この先の未来でも大事です。

中国政府と日本政府の間で、早急に話し合いが持たれ、双方が納得のいく形で解決ができるように願っています。

id:hken

ありがとうございます。

第2段落は、第3者的な言葉のように思います。

他方、第3段落は、情に訴えているというか、「論理的」というのとは違うように思います。

いちゃもんつけてばかりいるみたいで、すみません。当方も皆様の回答を真剣に読んでいるつもりですし、優れた回答を共有したいと思っておりますので、引き続きご協力いただければ幸いです。

2005/04/18 17:30:42
id:duemr701 No.4

duemr701回答回数536ベストアンサー獲得回数02005/04/20 04:48:44

ポイント12pt

http://www.zaq.ne.jp/

ZAQケーブルインターネット接続サービス

日本政府を非難するのは解らないないでもないが日本企業を非難するのは畑違い。

id:hken

ありがとうございます。

その通りですが、中国側には無視されていると思います。

2005/04/20 15:35:13
id:sami624 No.5

sami624回答回数5245ベストアンサー獲得回数432005/04/20 22:27:01

ポイント20pt

過去の日本人が取った侵略行為については、当然反省すべきであり、現在の日本の行為は中国人の感情を逆なでしている側面はある。

但し、南京事件を含め過去の中国との紛争を解決したのは、全てが弾圧的なものではなかった。また、そもそも中国人の反日感情の発端が、本日による武力弾圧や植民地化に近い状態の強要であったとするならば、反日感情の表現自体を、暴動を含めた破壊行為で訴える事自体、自らが批判する過去の日本人と同様の破壊行為をとっているものであり、当然に許される物ではない。中国側の主張が過去の日本人による武力弾圧批判であるならば、その方法自体に暴動を含む破壊行為を用いること自体、本末転倒の行為であるといえよう。

id:hken

ありがとうございます。

そうですね。日本人なら納得できると思います。

でも、中国人に「過去の日本人と同様の破壊行為」というのは通じないような気も…「同様」というのも言葉足らずかも…と思いました。

2005/04/22 05:40:05
id:penguin-san No.6

penguin-san回答回数98ベストアンサー獲得回数02005/04/21 05:40:41

ポイント20pt

↑ダミーです


私達日本人が過去に犯した行為について日本人は、その事実を知っていますし、また、日本政府も認めています。

それでも、戦争終結時以上に過激な行為にいたるのは、お互いの歩み寄り方に問題があるのではないでしょうか。

私としても日本政府の対応に不満はあります。だからといって暴力を受けた事への破壊・暴力行為では、日本人やその他の国から見て普通納得できる物ではありません。これは、中国でほとんど報道されていないと思われますが、多くの国が中国非難に回っている事からも伺えます。


また、教科書問題に関して、私が高校で使用した本では、中国側が批判しているような内容ではありませんでした。←最近調べました(^_^.)

しかし、一部の教科書にあいまいな箇所や正当化する本があるのも事実なのかもしれません。これについては、歴史的事実を捻じ曲げていると捉えられてもしようがないのかもしれませんが、旧日本軍によって侵略された国々の意思を汲む条約を結んでいるとしても見方によっては内政干渉です。

では、中国側の教科書については、どうでしょうか。中国側の歴史の教科書では、年々反日教育が強まる内容に強化されていっているように見受けられます。

当時の勇敢な人物として、小部隊の隊長まで、一人一人を名前を列挙しながら英雄としてエピソードを綴り、日本人の残虐さを事細かに書き連ね、そして、その実際の現場で撮られた写真でないものまでその時の証拠として、掲載されています。これでは、反日感情を強要しているのと同じではないでしょうか。

このような内容を書くなとは、私達も言いません。(虚偽の写真は別ですが)それは、国民一人一人が表現の自由を与えられている日本においては、当たり前のことだからです。しかし、だからと言って歴史の教科書の半分(100ページ以上)にわたって書くべきことではないのも当然というべき事です。

これらの事を書くのであれば、歴史書や英雄伝などとして、出版するべきです。世界各国の教科書と比べても教科書という範囲を超えていることは、明白です。

また、中国の教科書には、日本が敗戦国として、武装を解除した事も書かれておらず、日本は、今でも軍事国家であるというような記述もあると聞きます。

それに日本では、多くの教科書が中国側の主張を取り入れるよう各社が努力をしてきましたが、中国政府は、日中友好化と言いながら国内で一つしかない教科書へ戦争終結直後以上に反日教育を強要しています。

これで、日本ばかりを批判するというのは、どうかとも思います。『そっちが先に謝罪や訂正を行ったらこちらも考える』では、国家としてあまりにも未熟だと思いませんか?


私は、中国は日本に比べて国としての成熟度が高いはずだと思っています。

中国は、古くから世界各国と国交がありました。近年になって国交があっても情報が制限されている部分があるとはいえ中国は、世界の4大文明の一つとして栄華を誇った国です。そんな国の子孫が暴力に訴えるような行動をすることは、「信じがたい」の一言に尽きます。

最近の反日デモを見ている限りこういった信じがたい大文明の子孫が一握りではないようです。どうしてでしょうか?昔の日本のように井の中の蛙になってきていませんか?


こんな感じではダメでしょうか?本当は、靖国問題や国連常任理事国入りとかもっと書くつもりだったんですが長くなりますし、

ちょっと知識不足な部分がありますので教科書問題だけにさせていただきました。説得力に欠けますか?

中国批判じゃなくなってる部分がチラホラ。スイマセン。


これらが日本を正当化したり、日本を許す理由になるとは思っていませんが、

どうか両国が平和へと続く道を歩みますように。

お互いを尊敬するのが無理であれば、理解を示すだけでもいいと思います。

それも無理であれば、相手と話をするだけでも相手の話に耳を傾けるだけでも・・・。

どちらか一つの国でなく両国に非があることが、少しだけでもいいので中国の人たちに伝われば・・・と思います。

id:hken

ありがとうございます。

「論理的」という点ではやや??ですが、お気持ちはよく伝わってきます。

2005/04/22 05:43:23
id:kurupira No.7

kurupira回答回数2369ベストアンサー獲得回数102005/04/24 13:07:14

ポイント4pt

ある掲示板で見たのですが、中国も共産党?が現在もチベットを侵略しているらしいとのことです。

それでは日本のことを非難する資格があるとは思えません。

id:hken

ありがとうございます。

でも、「中国側の主張をひとまず認めたうえで論理的に批判してください」とお願いしています。

2005/04/25 01:13:30
id:futurewords No.8

futurewords回答回数223ベストアンサー獲得回数12005/04/24 13:52:15

ポイント20pt

反日デモは、反中デモ。つまり自殺行為です。


(理由その1)

共産主義中国における日本企業の殆どは合弁会社であり、

破壊行為は中国人の利益も確実に損なうこと。


(理由その2)

欧米マスコミでは中国のイメージが中国政府の意図に反し、

明らかに悪化しています。破壊行為を政府が是認する姿勢は、

自由主義諸国に「中国=共産党独裁国家」のイメージを再認識させ、

対中投資に影響を及ぼしかねません。常任理事国、五輪開催の

資質に疑問が投げかけれる懸念もあります。


(理由その3)

日本の大手企業の電化製品のほとんどは中国の工場で生産したものです。

不買運動は、中国工場に確実に悪影響を与えます。またどうせ破壊するなら

日本の技術援助や協力で発展した多くの中国企業も破壊するべきでしょう。


(理由その4)

日本は世界一の貿易相手国であり、他国に抜きん出て密接に

繋がりあった関係です。反日行為はそのパートナー(永遠の隣人)を

失うことであり、これまで順調に築いてきた

貿易立国&発展に道を閉ざすものです。


(理由その5)

ネットで勝手に盛り上がった若者のデモは、日中共同宣言以来、

歴史を克服し共に発展をしつつあった日中関係への破壊行為であること。

id:hken

ありがとうございます。

でも、うーん…。

「日中の経済・貿易関係を損なえるものならやってみろ」的な議論(futurewordsさんの御回答が必ずしもそうだということではありません)は、中国人民からすれば議論のスリカエと思われるかもしれないし、経済・貿易の議論をたてることで、デモ・暴動の不当性を訴えても中国側を逆上させるだけなのではないかと思っております。

2005/04/25 01:19:36
id:castle No.9

castle回答回数1011ベストアンサー獲得回数122005/04/24 16:22:03

ポイント4pt

http://www.hatena.ne.jp/ダミー:detail]

チベットや台湾に現在進行形で侵略を企んでいることと自分たち中華人民こそ平和の使者であるような態度を、矛盾なく説明してできるなら考えよう。

話はソレから。

id:hken

ありがとうございます。

でも、「中国側の主張をひとまず認めたうえで論理的に批判してください」とお願いしています。

2005/04/25 01:20:47
id:zipzap No.10

zipzap回答回数11ベストアンサー獲得回数02005/04/25 14:35:19

ポイント12pt

『愛国無罪』と叫びながら過去に日本が貴国を侵略したのを忘れちゃったのかな??

id:hken

ありがとうございます。

でも、「愛国無罪」は往々にして「抗日有理」とセットで使用される言葉ですし、御回答のような批判では多分無視されてしまうと思います。

2005/04/25 14:54:48
id:futurewords No.11

futurewords回答回数223ベストアンサー獲得回数12005/04/25 22:02:32

ポイント12pt

目的(愛国)が正しければ、

何をやってもいいというのなら、


かつて日本が中国を侵略したことも、

愛国という目的のためにやったこと

なので、正しいということになります。


法治国家にはありえない

犯罪者の論理だと思われます。

id:hken

ありがとうございます。

その通りだと思いますが、そのように日本側が主張しても無視されている現状を、どう打開するかが、この質問の狙いですので…

2005/04/26 06:04:13
id:umaiboo No.12

umaiboo回答回数7ベストアンサー獲得回数02005/04/26 02:07:25

ポイント4pt

中国は今ままでのコンプレックスや過去の

憎しみといった言いようのない感情のみで行動しているので、論理的な批判はまったく意味をなさないと思います。

日本側は包容的な態度をとり続けるしかないのではないでしょうか?

id:hken

ありがとうございます。

残念ですが、回答になっていないと思います。

2005/04/26 06:05:04
id:JOINJOIN No.13

JOINJOIN回答回数5ベストアンサー獲得回数02005/05/01 15:02:25

ポイント12pt

降参です。

質問条件が厳しいですね。


「反論したり、無視したりできないほど説得力のある批判」が実現したと判断する具体的な現象はどのようなものでしょうか?

便宜上、「中国側」を3分類しましょう。

  ①共産党首脳部

  ②デモを主導するインテリ層、意志をもって参加した人(党の工作?)

  ③雰囲気、ノリで参加した人


  Ⅰ①②が「破壊行為を防げなかったこと。」を謝罪。

  Ⅱ①②が「破壊行為を防がなかったこと。」を謝罪。

  Ⅲ②③が「破壊行為を行ったこと。」を謝罪。

  Ⅳ①②③とも謝罪はないが、だんまりする。(ギャフンと言わせる)


細かくあげればキリがありませんが、こんな感じでしょうか。

第3者である国や人の賛同を得ることは出来るでしょうが、それは「、、、、批判」ではありませんよね。

と、なれば無理です。


中国側、愛国無罪という掛け声のもと暴力行為をする人たち自身、それが詭弁であるということを実はわかっています。

①②は戦術的思惑、③はお祭りです。

或いは一人ひとりと限られたスペースで話しをすることが出来れば、③については「、、、批判」は可能かもしれません。

情報と正論の羅列で言い負かすことができるからです。


ただ、①②に関しては無理だと思います。政治的な戦術と思惑があるのですから。

ディベートをすればわかりますが、「強盗は良い悪い?」という題であっても、悪いと主張する派が良いとする派を論破することは不可能です。第3者の賛同は得られても、相手を論破することはできません。


今回質問を拝見し、意味のある面白い提議だと思いました。

回答を考える中で自然と相手の立場に思いを巡らしますから、冷静に自体を把握、課題に気が付くことができます。

自分の都合だけではなく、相手の立場を思いやる気持ちが芽生えるでしょう。降参したものの考えることは継続したいです。


所謂、広義の反日問題に関して---

私は町村外相が訪中した際に提案した、「日中の共同歴史研究」に期待しています。まとめる過程で困難な場面はあるでしょうが、事実関係だけでも統一した見解が明らかになれば、かなり変わってくるのではないかと思います。

最近では、「実は南京大虐殺は無かった」とかといった類の話しも真しやかに聞かれます。私は虐殺は事実であると思っています。しかし、現場を見た訳ではありませんので当然確証はありません。テレビとか新聞とか本とかの情報から総合的に判断するしかありません。

もしここに共同研究を経た公式調査結果があれば、その信憑性から自ずと然るべき認識をもつことができます。


歴史を歪曲しようとしていたのが誰だったのかがわかりますし、その人達も活動しづらくなるでしょう。

id:hken

ありがとうございます。

やはり無理ですか…

2005/05/05 01:50:42
id:zhoncun No.14

zhoncun回答回数81ベストアンサー獲得回数52005/05/04 14:00:03

ポイント12pt

http://www.hatena.ne.jp/ダミー1:detail]

初めて回答(投稿?)致します。

1年9ヶ月前に上海に来て日系企業に勤務しています。

デモのあった日は上海にいました。上海といっても郊外の江蘇省にほど近いところで、デモの影響は全くありませんでした。

デモの情報は入手していましたが、日本領事館から配信されるメールとネットで見られるニュースでしか状況は分かりませんでした。

中国のメディアはこの種の状況(映像)は一切、報道していません。

でも、日本の情報は偏りすぎていると感じています。あれでは上海市すべて、中国全土が危ないところと日本にいる人は思ってしまうでしょう。

同じようなことが日本でも報道されているようですが、中国人の友達から話を聞きました。

上海人(上海の人は自分たちを中国人と言わないで上海人と言うことが多い)はあのようなデモには参加しない。

参加しているのは地方から来た学生や労働者(失業中の)で政治的なポリシーなどない人が殆ど。

怪しげな団体から扇動された者、お祭り気分で参加した者、出稼ぎに来たけど又は大学新卒だけど職がない者ばかりが参加していた。

彼らは日本製品ボイコットを言っているが、日本(企業)製品を一つも持っていない者などいる訳がない。

またビルに入ればエレベーターは殆ど日本製なのにだからといって、階段で20階30階まで行くのか?

そんな非現実的な話をしてどうなる?

そのような意見が殆どのようです。


尖閣諸島に関しては私は知識がありません。

靖国や教科書問題は中国の人達が怒る気持ちが分かるというのが私の考えです。

こちらでは、ドイツはナチスの行為を今でも真摯に受け止めて反省しているのに、日本はなぜそれができないのかという思いが強いように感じます。

私もそう感じています。

右翼が大きな音で街宣車を乗り回し、公安はそれを放置している、そのような状況を見ると日本の政治家が考えている方向が見えてくると感じるのは私だけでしょうか。

戦争の悲惨な出来事を忘れて良いのは、許して良いのは被害者だけで、加害者であった日本人は決して忘れてはいけないことです。

でも、破壊行為や暴動を認めている訳ではありません。

最初にも書きましたが、こちらではデモの一切の状況は報道されませんでした。報道すればもっと大きなデモになる危険があったのかもしれません。

ただ、ここに大きな問題があるように思えてなりません。

戦中の日本のように憲兵隊が個人の思想、言動を常に監視している訳では当然ないのですが、選択の自由がないと感じます。

中国でのネット人口は急速に増えていますが、アメリカのCNN、日本の「infoseek」「nifty」等の文字が入ったホームページは見ることができません。

今回のデモを扇動したという理由でいくつかのホームページが強制的に閉鎖されたとも聞きます。

新聞、書籍なども完全な自由とは云えないようです。

中国政府は自国に都合の悪いものを国民に見せないようです。

個人の自由な意志でいろんな情報を取捨選択できるような状況を作り上げていくことが必要な気がします。

一方的で限られた情報、認識だけで議論しているため建設的な話し合いができないのではないでしょうか。

お互いがいろんな情報、正しい情報を共有して議論すれば、新しい道が見つけられるのではと考えます。

中国の方には今、現在手に入る情報がすべてとは思わないで欲しいと思います。


論理的にはほど遠いかもしれませんが、思いつくままに書いてみました。

id:hken

ありがとうございました。

これで終わります。

2005/05/05 01:51:00

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

  • caguirofie caguirofie 2006-03-13 16:12:53
  • はてな はてな 2006-03-13 16:12:54
    結構、こお言う政治的な微妙な発言を考える事は難しいなあと回答を見ていてつくづく思う。<br>〓他の周辺国への影響と〓現実に中国が何に脅えているのか、という点を押さえていけばな
  • こころはどこにゆくのか? こころはどこにゆくのか? 2006-03-13 16:12:54
  • cogaの日記 cogaの日記 2006-03-13 16:12:59
  • cogaの日記 cogaの日記 2006-03-13 16:12:59
「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません