【愛国無罪】

この字面だけをとると、戦前戦中に日本が行ったことも無罪になりそうです。
ですが、中国人は今度の反日デモの際の行為に対して自分たちは無実だと言い、日本の行為は罪だと言います。

さて、この線引きは一体どこからきているのでしょうか?
「ここまでの行為なら無罪」といった根拠となっている文献等へのリンクをよろしくお願いします。

残りポイントにも限りがありますので、私見だけや「根拠なし」といった回答は遠慮ください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/04/19 15:50:50
  • 終了:--

回答(5件)

id:tokyo_xjp No.1

tokyo_xjp回答回数284ベストアンサー獲得回数02005/04/19 16:14:51

ポイント30pt

愛国無罪には続きがあり、反日有理と続きます。

この反日有理は毛沢東語録の「造反有理」(反乱には道理がある)に由来する言葉だと考えられ、日本に反感を持っているのは中国を侵略したからで、愛国心から侵略国の日本を攻撃する行為には罪はないといった論法になっていると思われます。

id:fft

おおっ、続きの言葉があるとは思いませんでした。

2005/04/19 16:58:47
id:kn1967 No.2

kn1967回答回数2915ベストアンサー獲得回数3012005/04/19 16:34:34

ポイント30pt

http://www.c20.jp/1948/11tokyo.html

東京裁判、A級戦犯25被告に有罪判決 / クリック 20世紀

>戦前戦中に日本が行ったことも無罪になりそうです。

A級戦犯という考え方が今回も当てはまると思います。

日本兵の多くは愛国心、母国のためとして命を投げ出して戦地に赴いたのであるから、愛国無罪であろうと思われるが、戦争回避に勤めなければいけない立場の者がそれを行わなかったあるいは止める事が出来なかった者は有罪である。

ってことで、今回の問題は破壊工作を行った面々には器物破損罪などがあるがデモ行進を行った面々は愛国心を行進で表しただけであるから特に罪は無いものと思われ、罪があるとすれば、それを抑え切れなかった者(政府や警察関係)の罪は大きいと考えられ、遺憾であるなどと言ってないで、しっかりと言及してもらいたいものである。

常任理事国だと言うのであれば、自国内のデモくらい抑えてもらいたいものだ。

id:fft

ふむふむ。

デモは立派な権利ですね。

ですが、破壊活動にも愛国無罪の論法を持ち出してきているように見受けられるのが気になります。

愛国無罪 反日有理、これで何をやっても良いと思っているのか、またはどこかでそう教えているのか、それとも私のニュースの捉えかたが悪いのか。

2005/04/19 17:17:09
id:komasafarina No.3

1500曲を突破♪回答回数1662ベストアンサー獲得回数42005/04/19 17:37:31

ポイント30pt

http://d.hatena.ne.jp/komasafarina/

komasafarina’s ☆ Somethin’ Celebration Is Goin’ On

(URLはダミー)


<1>の回答者の補足ですが、毛沢東の文化大革命の時には「造反有理」には「革命無罪」がペアになっていました。

「愛国無罪」は中国の国内法においてであって、それは「人道に対する罪」とはまた違う感覚になっています。ですから、日本の侵略行為も日本の当時の法律的には「合法」であって「無罪」でした。しかし、現行の日本国憲法においては、これは(海外派兵ひとつをとっても)「有罪」となってしまいます。

中国のチベットに対する侵略行為を「愛国」的で「無罪」とは彼らも主張しないでしょう。

防衛的「愛国」はありえても、侵略的「愛国」は「なし」にしようというのが、現在の「国際社会」(インターナショナル・コミュニティ=「国」と「国」の間の共同体)の常識というか基本精神になっているのではないでしょうか。

id:fft

>「愛国無罪」は中国の国内法においてであって

国内法だったのですか!

革命無罪だと場面とそれに対する行動がある程度規定されますが、愛国無罪の場合は適用範囲が非常にあいまいな感じを受けます。

言葉が市民の間で一人歩きし、無罪の適用範囲が拡大解釈されているような。

外圧の程度によって、無罪となる愛国的行動も変わってくると思います。

中国人がこのあたりのバランスをどう考えているのか、文献等ありましたらよろしくお願いします。

(無制限だったら恐ろしい・・・)

2005/04/19 19:34:31
id:nonkey037 No.4

nonkey037回答回数103ベストアンサー獲得回数02005/04/20 12:48:30

ポイント30pt

http://plaza.rakuten.co.jp/boushiyak/diary/200504170002/

「愛国無罪」は「救国入獄」の夢をみるか?:中国反日デモ「愛国無罪」の意味を知らない人たち - 書評日記  パペッティア通信 - 楽天ブログ(Blog)

このサイトの説明がとても分かりやすく書かれています。ご参考になればよろしいのですが・・・。

id:fft

分かりやすい。

まったく想像もしていなかった愛国無罪の一面でした。

こういった一面もあるのですね。

2005/04/20 14:18:45
id:nonkey037 No.5

nonkey037回答回数103ベストアンサー獲得回数02005/04/20 12:52:23

ポイント15pt

http://plaza.rakuten.co.jp/boushiyak/diary/200504180001/

★ 「愛国無罪」と宋慶齢(孫文の未亡人):1930年代の中国愛国運動とその路程 - 書評日記  パペッティア通信 - 楽天ブログ(Blog)

補足です(ポイントは一件分で結構ですので・・・)

要するに殆どは意味が全く逆であるということです。

見た目の字面だけでは歴史や人々の意思は推し量れないと言うか、深い背景があるのだと思います。

id:fft

なかなか奥の深い言葉のようですね。

漢字を使う国同士だからといって、字面から安易な解釈をするのは危険ですね。

さて、言葉の出自は大体分かってきました。

しかし、言葉の意味は時代が経つにしたがって変遷してしまうものでもあります。

今現在に目を向けたとき、この言葉はどのように捉えられているのか。そういった観点からの回答も待ちたいと思います。

よろしくお願いします。

2005/04/20 14:31:16

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません