「言語政策学」の教科書になると思われるものをあげてください。ただし、田中克彦、鈴木孝夫の両氏の著作の情報は不要です。海外の基本文献を紹介した書籍などもお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/04/24 06:33:56
  • 終了:--

回答(2件)

id:Kumappus No.1

くまっぷす回答回数3784ベストアンサー獲得回数1852005/04/24 14:28:09

ポイント30pt

ちょっと条件とずれるかもしれませんが、検索していくとこの本”Language Wars and Linguistic Politics”がかなりあちこちで(応用言語学や言語標準化計画などで)引用されています。

id:hken

ありがとうございます。

2005/04/25 01:25:36
id:boring123 No.2

boring123回答回数3ベストアンサー獲得回数02005/04/25 22:01:30

ポイント30pt

言語政策とは何か

ルイ=ジャン・カルヴェ著 ; 西山教行訳 -- 白水社, 2000.7

クセジュ文庫というのがちょっと気になりますが、

ここで検索しました。↓

http://ge.nii.ac.jp/genii/jsp/index.jsp

他にもいろいろある様です。

既にご存知でしたらポイントいりません。

どうも。どうも。

id:hken

ありがとうございます。

2005/04/26 10:42:53

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

  • MenuBar MenuBar 2006-03-13 16:12:55
    Menu 〓ê ŪŭŋŤŪ〓 Ĩij〓 MindMap ŪŹŹšĎŵŤň 〓〓ĵijŪųů 〓〓〓 ν〓〓Ś|Ÿ 〓〓šŢ 〓.Ś|ŸЬ〓 〓〓Ď10〓 2005-05-04 MenuBar 〓〓Ū〓〓8〓 2005-05-01 〓ê/ŶfňŨ〓ŦŧŤ(
「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません