あなたは軍医です。次々と運ばれてくる負傷者に対し、助けられる者を確実に助けるために非情の選別しなければなりません。

そんな中、なんとよりによってあなたの家族が瀕死の状態で運ばれてきました・・・

回答の条件
  • 途中経過を公開
  • 男性,女性
  • 20代未満,20代,30代,40代,50代,60代以上
  • 登録:2005/04/30 09:48:29
  • 終了:--

回答(300 / 0件)

Q01(択一)

冷静に手遅れの選別をする64
見なかったことにする2
泣きながら手遅れの選抜をする57
取り乱してもうだめぽ13
ぃお■rhtsghjklくぇr×ちゅいおpzxふじこcvbんm○▽1
気が済むまで治療してしまう131
少しだけ治療してしまう9
安楽死させる6
真っ白になる10
軍医なんかもうやめだ!2
さいたまは永遠なり3
「大統領、ご子息は兵役にいかないのですか?」「記憶にございません。」2
合計300

集計

×
  • id:jo_30
    とりあえず

    私なら、この件を上官に報告し指示を仰ぎます。
    もし上官が「見ぬふり」を約束し「家族を治療してやれ」と言ってくれるなら、ありがたくそのまま家族を治療します。
    「見ぬふりは出来ないが理解はできる」ということなら、休みを貰います。そして、「休暇にもかかわらず職場に出て仕事を手伝っている」という状態の下で、家族の治療に当たります。
    もし、上官に全く理解が得られず休みも貰えない、つまり「そのような種類のことは一切許可できない。すぐさま他の傷病人の手当に当たれ」ということであれば、その場で辞職を願い出るしかないでしょう。辞職も許可されないとすれば(たとえば銃を突きつけられ他の人間への治療を続けることを強要されたとすれば)、やむなく家族を諦めて他の傷病人の治療に携わります。そして仕事に一段落がついた後で可能な限り速やかに辞職します。軍医といえども「一兵卒」であり所詮は駒に過ぎないということは承知の上ですが、かといって駒の使いどころや使い方を理解しない指し手の下で働く事には意味が見いだせないので。
    そして、職と家族を失いながらも、とりあえず生き延びる事に専念します。そして戦争が終わってから全てを告発します。以上の自分の行為に理解が得られるかどうかは、最終的に平時の裁判に委ねたいと思います。

    以上、ポイントは「仕事の範疇内のことで、個人的な判断に基づいて、自分や家族の利得を優先する行為は許されない」ということです。上官が「こいつには今家族を治療させた方が、一見マイナスに見えてもトータルとしてはプラスである」ということを素直に理解してくれることを期待しているわけですが。ちなみに、自分が上官だったとして、これにどう対処するかはケースバイケースとしか言いようがないです。
  • id:TomCat
    私は・・・・

    いざ災害が発生すれば赤十字で動く立場ですから、
    現実にこういう選択を迫られることもあるかもしれません。

    冷静にトリアージで判断しますよ。
    救命の可能性があれば誰でも最優先に処置します。

    むしろ平時から、いかに複数の傷病者を同時に処置していけるか。
    その腕を磨いていくのがそういう立場の者の勝負のしどころですから、
    二人や三人増えたからといって、
    他の傷病者に影響を出さないことが大切です。
    でなきゃ、救急の看板なんか背負ってられないです。

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません