教科書やノート等の角に書く「パラパラマンガ」ってありますよね。あれっていつ頃誰が最初にやったのでしょう?

還暦を過ぎている家族が「私が小学校の頃にはあった」と言うので少なくともそれ以前だと思うのですが。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/05/08 20:53:13
  • 終了:--

回答(4件)

id:stnet No.1

stnet回答回数804ベストアンサー獲得回数342005/05/08 21:11:31

ポイント10pt

http://jvsc.jst.go.jp/find/anime/rekisi/maesetu/thauma_01.html

JST�o�[�`�����Ȋw�فb�A�j���[�V���������_�[�����h

原理としては1825年に発表されたソーマトロープが最古になるかと

id:wintarsnow

回答ありがとうございます。

なるほど、原理はこれが最初なのですね。

以降は冊子や紙の束に書いてパラパラして遊ぶということに関してお願いします。

2005/05/08 21:29:45
id:stnet No.2

stnet回答回数804ベストアンサー獲得回数342005/05/08 21:54:24

ポイント10pt

2回目失礼します

1870年代のフリップブックが始めのようですね

id:wintarsnow

回答ありがとうございます。

なるほど〜。

でもこの時点では庶民の遊びというわけではないですよね。

以降は「冊子や紙の束に書いてパラパラして遊ぶということ」でお願いします。

最初にやったのが特定の誰か、というのはさすがに無理だと思いますので、どういう人達(身分、職業など)なのかとか、時代とか(例えば寺子屋でも既にあったとか)その辺りで。

外国の子供達もやってるのかなぁ、とか。

2005/05/08 22:19:42
id:Yuny No.3

ねがい かなみ回答回数953ベストアンサー獲得回数132005/05/09 00:34:47

ポイント25pt

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%BC%EA%C4%CD%BC%A3%C3%EE

手塚治虫とは - はてなダイアリー

確定的な答えではなくてすみません。

ヒントとして。

手塚治虫(1928-1989)は日本のテレビアニメを開拓した人物ですが……。

http://www2.ocn.ne.jp/~norimi/kouen5.html

親友が語る手塚治虫の少年時代

その小学生時代のエピソード。


「小学校の頃から。3年生頃からですね「ピンピン生ちゃん」というテーマで白い帳面にね、枠を作りましてね、その漫画をですね、描いては学校持ってきて皆に見せてくれたわけです。」

「同時にね、彼はパラパラ漫画というのを非常に上手に描いたわけです。こんな本、まあ教科書ですね、教科書ノートの隅にね、描くわけです。で、それをパラパラっとやると、絵が動いて見えるというね、それを彼はパラパラ漫画と読んでおったわけですけどもね。それを描いてはですね、皆に見せてくれるわけです。」

「ところが、誰も、ほないっぺんやってみようという友達はね、いなかったわけです。といいますのはね、パラパラ漫画といいますのはね、いえばこれは手塚君の専売特許やと、だから誰も犯すことのできない聖域だというふうな気持ちがまずあったわけですね。」


つまり、パラパラマンガは手塚氏が小学3年生頃(1930年代後半)には、あまり一般的ではなかったと思われます。

なお、手塚治虫の自宅には当時にしては珍しい、動画が見られる環境があったので、そこから着想を得た可能性は大いに考えられます。(フィルムを直接観察するチャンスがあれば、おのずから動画の原理は分かりますから)

また、誰かから基本的な作り方は習ったのかもしれません。しかし当時一般的ではなかったということは言えると思われます。

手塚治虫が日本の小学生的教科書パラパラマンガの発明者かは分かりませんけれども。このエピソードからは命名者である可能性も感じられますが……?

なお、当時はまだテレビは実験段階でした。

映画(活動写真)はありましたが、子供がその原理を知ることができるチャンスがあったかどうか?

絵を描く子供はいても、絵を動かす子供はあまりいなかったのではないかと。


パラパラマンガが一般的になるのには、おそらくはアニメーションというものの、その考え方が身近になくてはなりません。つまり、テレビアニメが日本で身近にならなくては。

言うまでもなく、日本のテレビアニメの原点は鉄腕アトム(1963年)ですね。

この辺りにブームの始まりがありそうに思います。毎週アニメが楽しめるようになって、動画から似顔絵を描いたり、さらに動かしてみたりって言う方向に行ったのではないか、とまあ、これは推測ですけれども。

id:wintarsnow

たくさんの回答ありがとうございます。

ほほー。手塚治虫の少年時代のエピソードは信憑性高そうですね。

でもアトムは1963年ですか…。質問の家族は1950年頃に小学生なのですが、その頃は既にみんなやってたようなのですよ。うーん、アトムの前に何かきっかけになるようなものがあったのかなぁ…。

もしかして、手塚治虫が自分の連載マンガの隅っこにパラパラマンガを描いていたとか…?

2005/05/09 01:02:53
id:Yuny No.4

ねがい かなみ回答回数953ベストアンサー獲得回数132005/05/09 03:18:37

ポイント25pt

>アトムの前に何かきっかけになるようなものがあったのかなぁ…。


ということで。さらに調べてみました。

いくつかのヒントが見つかりました。和暦西暦対応表を参考にリンクします。

貸本漫画研究者の三宅秀典さんと漫画家のうらたじゅんさんの対談ですが。

以下引用。

___

三宅 授業中に描くっていったら、たとえば教科書の隅にパラパラマンガなんか描いてなかった?

(中略)

うらた 男子だけだったんじゃないかなあ。そういうのってどこで憶えたんですか。


三宅 雑誌の付録にあったような気がするけど。夜店とかでも売ってたような気がする。それで憶えたんじゃないかなあ。

---

テレビアニメ以前にきっかけはあったようです。ちなみに、このころ、既に漫画家として手塚治虫氏は活躍していました。

残念ながら三宅秀典さんがパラパラマンガにはまっていた年代がある程度までしか推測できないのですが。貸本漫画と同時期だということから……。

「昭和30年頃から昭和43年あたりまで(ブームの終焉についてはそうとうアバウト)、どこの町にでもあった“貸本屋”用に出版された漫画の事です。」


とのことから、早くても1955年以降のことかと思われます。

ちなみに、さらに調べてみますと、松本零士さん(1938年生まれ、ちょうど手塚治虫の10年後)が小学3、4年の頃にはパラパラマンガを描いていたらしいです。つまり1948年とかそこらくらい。

「上の兄弟が持っていた(本物の)パラパラ漫画を、ミッキーマウスのスケートの漫画、それから機関車が煙をはいて去っていく漫画を一緒に見てた」

とのこと。こういう、手動アニメ的な物としての出版物は当時のアニメのメッカ、ディズニーあたりが出していたのかも。

さて、手塚治虫に話を戻しますと、パラパラマンガはどうも手塚氏のお母様から習ったようです。

「「のらくろ伍長」(1937) 母・文子のパラパラマンガ 「おむすび小僧」が左に描かれている」

時期的にも手塚氏が漫画を描き始めた頃と一致しますね。

じゃあ、そのお母様が誰からパラパラマンガを習ったのか、とか思いついたのか、などは分かりませんでしたが。


ただ、幾つか考えられることがあります。


パラパラマンガは鉛筆やペンのような、ある程度安定した線の引ける画材でないと描きにくい。

また、ある程度のページ数のある個人が私有できる書籍、帳面が一般化していないと描くことができない。

よって、筆や白墨と黒板が筆記用具だった明治初期などにはなかったと推測できる。

少なくとも教科書やノートを個人持ちでき

、鉛筆で書き込みをして学べるようになった時代以降と思われる。


書誌学と学校教育の文具の歴史あたりをひも解く必要がありそうです。

http://s-opac.sap.hokkyodai.ac.jp/library/shiryou/index.html

教科書の歴史 北海道教育大学附属図書館

日本の教科書の歴史です。参考まで。

ちなみに、鉛筆が日本の小学校で使われるようになったのは

「1920年までに小学校で毛筆から鉛筆への切り替えが順次行われ」

とのこと。

おそらく、小学校教科書落書きパラパラマンガはそれ以降のことではないかと思われます。筆ではやりにくいでしょうし。

id:wintarsnow

回答ありがとうございます!

詳しくありがとうございますっ。

ミッキーマウスのパラパラマンガがあったのですね。ということは、もしかしたら最初に冊子をパラパラするパラパラマンガを作ったのはディズニーかもしれませんね。

--

キャンパスノート30周年のTVCM見ていてふと気になってしまった質問でした。

これ以上の回答は出なさそうなので、この辺で終了します。

ありがとうございました!

2005/05/09 13:43:24

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません