この世に存在するビジネスの業種分布をわかりやすくまとめたものはないですか?

インターネットの出現によってこれまでの社会とどう変わったのかわかるものがいいです。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/05/12 10:44:29
  • 終了:--

回答(2件)

id:newmemo No.1

newmemo回答回数1458ベストアンサー獲得回数2612005/05/13 16:27:29

ポイント40pt

「日本標準産業分類による分類」が掲載されています。

http://www.stat.go.jp/index/seido/sangyo/1.htm

日本標準産業分類(平成14年3月改訂)

このサイトの下の方に、「(ア)大分類項目の新設」が上がっています。

日本標準産業分類も時代の要請に応じて変化しています。


> (ア) 大分類項目の新設


>  1) 「情報通信業」

 電気通信分野と情報処理分野の技術の革新・進展等を踏まえ,「通信業」,「情報サービス業」,「インターネット附随サービス業」等5つの中分類で構成される大分類を新設

>  2) 「医療,福祉」及び「教育,学習支援業」

 L-サービス業は,全産業の事業所数,従業者数の約4分の1を占め,各種経済活動が混在していることから,産業の実態をより明確にするため,

・ 医療,福祉に関する分野は,介護福祉に係る新産業の出現・多様化等に伴い,産業規模が拡大していることから,L-サービス業から分離して,大分類を新設

・ 教育・学習支援に関する分野は,教育機会の拡大,生涯学習の実践,余暇時間の増大等に伴い,産業規模が増大していることから,L-サービス業から分離して新設


>  3) 「飲食店,宿泊業」

 I-卸売・小売業,飲食店のうち,飲食店はサービス的要素のウェイトが高まっていること,L-サービス業の中分類「旅館,その他の宿泊所」は,飲食の提供に係る収入のウェイトが高くなっていることを踏まえ,それぞれが属する大分類から分離して新設


>  4) 「複合サービス事業」

 H-運輸・通信業の中分類「郵便業」とL-サービス業の中分類「協同組合」は,複数の大分類にわたる各種のサービスを行い,いずれが主たる事業であるか判別できないという実態を有していることから,それそれが属する大分類から分離して新設

http://www.stat.go.jp/index/seido/sangyo/4.htm

日本標準産業分類(平成14年3月改訂)−参考

上記の変更項目が文章だけでは分かり難い面もあります。

たとえば、G.電気・ガス・熱供給・水道業の次に改訂前では H.運輸・通信業となっていますが、改訂により H.情報通信業 が新たに分類項目に上がっています。

L.不動産業以下の改訂も同じです。

ダイヤモンド社による新たなビジネスジャンル分類です。

リンク先には詳しい説明が上がっています。

id:kurodatom

大変参考になります。

ありがとうございます。

欲を言うなら図解されて社会の関係性などがわかるともっと嬉しいです。

2005/05/13 16:50:29

質問者が未読の回答一覧

 回答者回答受取ベストアンサー回答時間
1 keibabiboroku 142 121 0 2005-05-13 20:43:37

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません