癌細胞のoncogeneを分類するのにかつて使われた”永久増殖性”変異原性”をそれぞれ英語で教えて下さい。ただしgoogle scholarなどの検索でヒットする言葉でなくては駄目です。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/05/12 23:07:28
  • 終了:--

回答(3件)

id:yuigadokusonjin No.1

yuigadokusonjin回答回数41ベストアンサー獲得回数02005/05/12 23:15:46

ポイント10pt

http://www.hatena.ne.jp/list?op=1&so=0&st=t&c=#

人力検索はてな - 質問一覧

URLはだみーです。


今朝、明日のFinal Examに向けてちょうど復習したところです。(今アメリカの大学生です)


「永久増殖性」は Immortalization

「変異原性」は Transformation

ということになると思います。

ちなみに、細胞が体内を移動し始める能力を持ち始めることを Metastasis といいます。

id:e-domon No.3

Dominique_Domon回答回数6ベストアンサー獲得回数02005/05/13 09:36:37

ポイント40pt

URLはライフサイエンス辞書プロジェクト。

永久増殖性は載ってません。大抵はimmortal, immortalityで事足りると思います。

変異原性は、直訳だとmutagenesisですが、がんの場合はcarcinogenicity,oncogenicity(発がん性)などが使われます。前者は発癌物質など外的な要因に対して、後者はoncogeneなど内的な要因に使うものだと思います。

id:takay

どうも有り難うございました。

2005/05/18 20:17:59

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません