普通のCDってレンタル屋があってコピーするのって合法なのに何故パソコンソフトはコピーするのが違法なのか?法律的根拠を教えてください。あくまで法律です。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/05/14 01:32:07
  • 終了:--

回答(4件)

id:TomCat No.1

TomCat回答回数5402ベストアンサー獲得回数2152005/05/14 01:56:32

ポイント18pt

まず著作権法上の問題から言うと、

CDも好き勝手にコピーさせているわけではなく、

著作権法第5章「私的録音録画補償金」の規定によって

相応の補償金を予め上乗せしている、ということなんです。

CDの場合は予め複製されることを前提にした制度になっているから、

末端のユーザーは何の手続きもなくコピーが出来ると言うことです。


これに対して、パソコンソフトにはそうした制度が無く、

逆に第47条の2で規定されるように、

コピーの目的と範囲が通常の私的複製よりも

狭い範囲でしか認められない制度になっています。


さらにパソコンソフトの場合は、単なる著作権だけの問題ではなく、

利用にあたって結ばれる民事上の契約(いわゆる使用許諾のような物)で

複製物の取り扱いなどが定められる場合が多いですから、

正規ユーザーは自分の所有するソフトウエアを

勝手に他人にコピーさせてはならないなどの

契約条項を遵守する必要が出てきます。


こうしたことから、パソコンソフトの場合は、

著作権法と利用許諾の両面から問題点をクリアしない限り、

勝手なコピーはできませんということになってくるわけです。

id:Manami2005

刑事法的にはどうなんdしょうか?

2005/05/14 02:31:16
id:shampoohat No.2

shampoohat回答回数347ベストアンサー獲得回数02005/05/14 02:03:12

ポイント18pt

http://news.braina.com/2003/1003/enter_20031003_003_0007___.html

�܂��A���t�[�I�[�N�V�������p�����C���Ŕ̔��̒j���ߕ� 2003/10/03(��) 11:44:40

著作権法第113条第2項は,「プログラムの著作物の著作権を侵害する行為によつて作成された複製物を業務上電子計算機において使用する行為は,これらの複製物を使用する権原を取得したときに情を知つていた場合に限り,当該著作権を侵害する行為とみなす。」と規定している。

id:Manami2005

逮捕って事は、刑事法のどこかに触れてるわけですね。

2005/05/14 02:32:19
id:shampoohat No.3

shampoohat回答回数347ベストアンサー獲得回数02005/05/14 02:13:08

ポイント17pt

http://www.vector.co.jp/for_users/study/soft_type.html#top_of_fr...

�t���[�\�t�g�A�V�F�A�E�F�A�̊��b�m�� - �\�t�g�̎��ʂɂ‚���

先ほどの回答の補足です。


フリーソフトならあなたが私的複製しても違法になりません。

あくまでも私的複製の範囲でご自由にどうぞ。

id:Manami2005

なるほど。刑事法でどういう刑なのか知りたいですね。

2005/05/14 02:33:14
id:andi No.4

andi回答回数448ベストアンサー獲得回数02005/05/14 02:32:23

ポイント17pt

http://benli.cocolog-nifty.com/benli/2004/08/post.html

benli: コンピュータによる私的複製

コンピュータにおいても私的複製は違法であるとは言えないと思います。

現にコンピュータを使用してコピーしただけで逮捕されたなんて話は聞きませんよね。

id:Manami2005

私もそう思うのですが、本当の法律ではどうなんでしょうか?商用目的で複製、配布したら違法ってのはなんとなくわかるんですが。

2005/05/14 02:40:30
  • id:shampoohat
    本当の法律ではどうなんでしょうか? って……。

    この質問者は、「TomCat氏が入れた正しい回答」すらも流して、「都合良く解釈できる回答をしゃべってくれる回答者」が欲しいのかなぁ。

    刑事罰も著作権法で定められているし、もちろん、刑事罰以外に、民事での賠償責任も出てくる。
    # どれくらいの罰則か知りたかったら、はてなで質問するなり、少しは自分で調べるなりするように。

    「ソフトの私的利用による複製」については、自分が購入して、自分の手元に媒体があるソフト以外は、「私的利用による複製」に該当しないんだけど、「私もそう思うのですが」って、どう思ってんだか?

    この質問者、まるで、ソフトの不正利用を正当化したがっているようにしか、見えない。



    なんでそんなに必死なのか?
  • id:TomCat
    Re:本当の法律ではどうなんでしょうか? って……。

    >刑事罰も著作権法で定められているし、もちろん、刑事罰以外に、民事での賠償責任も出てくる。

    そういうことなんですよね。
    著作権法というのは刑事と民事が一緒になったような珍しい法律で、
    基本的には権利の侵害に関しては民事で解決していくんですが、
    法秩序を維持するという観点からは刑事罰も定められていると。

    ですから、刑事罰の軽重だけでは論じられないのが
    著作権法違反というものなんです。

    まず他者の権利を尊重するという善良な態度が問われ、
    さらにそれが法秩序を崩すような悪質な違反であれば
    刑事罰も科されるということですから、
    めったに捕まらないし、
    捕まってもたいてい不起訴というような実情だけを見て
    甘く考えてはまずいということなんだろうと思います。
  • id:Z9M9Z
    質問者の「法律的」って

    ひょっとして立法の意図が知りたいとかいう系統だったんじゃないのかな。CDはレンタル屋認められたけどソフトのレンタル屋が認められない‥それはもう、政治的というか、業界団体間の力関係、の一言に尽きるような。
  • id:akantare
    JASRACの会報では......

    (ここにも少し書かれています)
    http://internet.watch.impress.co.jp/www/article/2003/0217/special.htm
    以下は、スキャナーで会報を取り込みOCR変換しました。誤字があるかも?

    JASRACでは、インターネット上に無許諾で利用されている音楽ファイルを発見したとき、
    その音.楽ファイルの発信者に対し、著作権侵害の解消を促す警告メールを送り、その警告
    に発信者が応じない場合、もしくは発信者が誰であるか特定できない場合は、そのホーム
    ページや電子掲示板がアップロードされているサーバーを管理運営するサービス・プロバイ
    ダに対し、違法ファイルの送信防止措置を請求している。
    2002年10月から開始したこの送信防止措置請求は、今年7月末現在で、累計で6万5,000ファイル
    を超えた。
    送信防止措置を請求したプロバイダの数は175に及んでいる。
    違法ファイルの発見は、JAsRACが独自に開発した監視システム「J-MUsE」により行われる。
    「J-MUSE」は24時間365日、インターネット上に存在する音楽ファイルの情報を白動収集し
    データベース化するシステム。
    またこのシステムは、ファイル交換ソフトを使った著作権侵害の情報収集にも対応しており、
    違法利用への広範囲な対応が可能になるよう、バージョンアップを重ねている。
    日本国内のサービスプロバイダに対する送信防止措置の請求は、2002年5月に施行された
    「プロバイダ責任制限法」にもとづき策定されたガイドラインに準拠して行われるもので、
    JASRACから請求を受けたサービスプロバイダは、違法にアップロードされているファイルを、
    平均して10日以内に削除するなどの措置をとっている。
    またJASRACは、プロバイダ責任制限法が及ばない海外のサービスプロバイダに対しても法律の
    趣旨を説明し、これまで2社に対して送信防止措置を要請、いずれもJASRACの要請に対して送信
    を停止するなど、違法な音楽ファイルに対する取り組みは国内外で成果をあげている。
    -----------------------------
    <暴走族幹部に無断複製、販売を強要、暴力団組員ら13人を告訴、懲役1年2ヶ月の実刑判決も>

    JASRACが咋年9月以降、広島県在住の暴力団組員、
    暴走族構成員ら13人に対し、無断録音物の複製や頒布目
    的所持および頒布による著作権侵害など計23件の刑事告
    訴をしていた一連の事件で、一部を除くほとんどの事件
    について懲役、罰金刑などの処分が確定した。
    この事件は、昨年7月、広島市内の不良グループのリ
    ーダーより広島中央警察署生活安全課に、暴力団組員か
    ら音楽CD-Rの違法コピーを強要されたこと、さらに違法
    な音楽CD-Rの購入を強要されその支払いに窮している
    との相談があったことから発覚。同署が押収しJASRAC
    に捉出されたcD-Rを調べたところ、JAsRAc管理の楽曲
    の無断録音物であることが判明したことから、JASRAC
    は咋年9月6日、この暴力団組員を無断録音物の複製お
    よび頒布目的所持による著作権侵害で告訴した。
    その後、広島県警が継続して捜査を行った結果、広島
    県内では、暴力団組員が複数の暴走族幹部に対して音
    楽CD-Rを無断複製して販売するよう強要し、売上金を
    暴力団の組織的な資金源としていたことが判明。広島南
    警察署や県警本部からも事件化への要請があったことか
    ら、暴走族構成員に対する頒布による著作権侵害などの
    追加告訴を含め、今年2月25日までに被疑者13人に対し
    計23件の告訴を行った。
    このうち、昨年9月に告訴した暴力団組員に対し、今
    年3月に懲役1年2ヵ月の実刑判決が確定。さらに、同
    被疑者の共犯とされ、複製および頒布による著作権侵害
    で告訴された別の組員に対しては、懲役2年(執行猶予
    3年)の処分が確定した。
    このほかにも、同じく無断録音物の複製や頒布目的所
    持、頒布などによる著作権侵害で告訴した3人の被疑者
    に、それぞれ罰金50万円、20万円、20万円の略式命令、
    4人の暴走族構成員らに保護観察、少年院送致などの処
    分が下された。
    なお、処分の確定していない2人の被疑者に対する事
    件については、今後、事件送致された広島家庭裁判所で
    審判が下される予定。
    -----------------------
    JASRACではこのほど、ネットワーク上で音楽を利用する場合の許諾手続きと使用
    料計算の方法を中心に、基本となる著作権の内容やJASRACの役割を含めて解説
    したパンフレットを作成しました。

    ネットワーク上での音楽利用(インタラクティブ配信)に
    ついては、JASRACホームベージの「音楽著作権とネット
    ワーク」のぺ一ジにおいて手続き方法などを説明してい
    ますが、これに加えて、今後は利用者に限らず問い合わ
    せのあった一般の方々、学生、またJASRACを訪れる修
    学旅行生などにもこのパンフレットを配付し、より理解が
    深まるようにしていきたいと考えています。
    会員・信託者の皆さまで、このパンフレットをご希望の
    方は、JASRAC広報部(03-3481-2164)までご連絡くだ
    ------------------
    と云うことでした。
  • id:akantare
    Re:JASRACの会報では......追伸

    JASRACの会員である私ですが、会報にはあまり目を通して居ませんでした。
    この記事は平成16年9月号です。
    最後のお知らせは、本日5/15日号です。
    会員であり、自分の作品をHPに載せる場合でも、許可がいります。
    作曲・作詞家が署名捺印して提出したと思います。
    「自分の作品でも....」と電話しましたが「規則ですから」と厳しいお叱りがありました。
    うん....

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません