以下の選択肢の内どちらを選択しますか?

回答は質問を読んで30秒以内(直感で)にお願いします。
有名な質問ですので知っている方はご遠慮ください。

次のどちらかを選んでください。


 1.確実に9万円の損

 2.損失ゼロの確率が5%、損失10万円の確率が95%

回答の条件
  • 途中経過を公開
  • 男性,女性
  • 20代未満,20代,30代,40代,50代,60代以上
  • 登録:2005/05/22 23:32:13
  • 終了:--

回答(100 / 0件)

Q01(択一)

確実に9万円の損29
損失ゼロの確率が5%、損失10万円の確率が95%71
合計100

集計

×
  • id:kinntarou
    ありがとうございました

    皆さんご回答ありがとうございました。
    この質問は80%に人が2を選択するといわれている質問です。
    今回は71%の方が選択されました。
    私は1を選択したので正直なところ驚いております。
    どのように思われて2を選択したのか機会があったら聞いてみたいです。
  • id:murdoch
    心理学で…

    プロスペクト理論(カーネマン・トヴェルスキー)ですね。
    でも、このパターン(9万か10万か選択)って有名なんですか?
  • id:kinntarou
    Re:心理学で…

    投資家の中では’潔さテスト’って言うのかな?
    有名です。
    2を選択した人は投資したら一年持ちません。破産します。
  • id:usakou
    私は回答できませんでしたが・・・

    私なら2を選びます。
    パチンコにしても、宝くじにしても、投資にしても、
    必ずプラスになるという保障がないことには手を
    出さないので、実際にはやりませんが。

    なぜ2かと言うと、損失がない可能性があるからです。
    5%に入れば笑えるわけで、確実に9万円損することが
    わかっていたら手を出す意味が全くないからです。
  • id:kinntarou
    Re:私は回答できませんでしたが・・・

    ご意見ありがとうございます。
    ちょっと質問がわかりにくかったかもしれません。

    必ずプラスになるという保証があるものなんてどこにも無いと私は思っております。
    郵便貯金だって本当に安全かどうかなんて誰にも分かりません。非常に低いですがリスクはありますね。

    投資をする場合、このような選択の繰り返しであり、選択肢を誤りつづけると結果は、、、
    投資家=ギャンブラーと思っている人もいるようですが、実際は反対なのです。

  • id:ululun
    (投稿者削除)

  • id:ululun
    設問は情報不足だと思いました。

    確かに確実な状態なんて、この世の中には存在しないでしょう。

    ですが、提示された条件を見比べて「より確実と思えるほう」に手をあげる事とは異なります。
    「確実な損」は損以外の情報を提示しておりません。言い方を変えれば確実に利益を保証していません。損は損以外の何物でもない筈ですよね。「損はしたけれど、その結果として損以上の利益を産む可能性がある」というのは後出しジャンケンでしかないと私は思います。

    「いやいやそんな事はない。私は投資に関してきちんと熟知している」
    と仰るのであれば、以下の設問に回答してみてください

    設問1
    1. 必ず800万円差し上げます
    2. まず1000万円差し上げます。出口でクジを引いて15%の確率でハズレが出ます。
    ハズレだったら1000万円はもらえず、ゼロになります

    設問2
    A. 必ず800万円支払います
    B. 1000万円支払いますが、15%の確率で支払いがゼロになります

    いかがでしょうか。
    答えは以下のurlに書かれていますが「正しい」回答を二問ともする事が出来ましたでしょうか。

    *書き直したので一回削除しています。
    http://www.ewoman.co.jp/money/club/05/05.html
  • id:koro041220
    koro041220 2005/05/23 10:29:25
    (投稿者削除)

  • id:koro041220
    koro041220 2005/05/23 10:49:31
    投資に関しては熟知していませんが、

    投稿の仕方を間違えましたので、1回削除しました。

    私は、この問題及びululunさんの示された問題を単に確率論の「期待値」の比較としてとらえ、どちらも正解でした。
    私も株式投資をしていますが、「利食いは早くなって損切りは遅くなる」という傾向は、私自身にも当てはまると思います。

    「期待値」は統計的なものですから、ある特定の人が、実際の売買で損するか得するかを予想することはできないと思います。
    この問題の場合、たとえば、1000人が「2」を選んだとして、そのうちの約50人が損失ゼロで、約950人は損失10万円ということです。自分が約50人の方に入ることを期待して、「2」を選ぶことになるのだと思います。宝くじを買う人の心理もこれと同じようなものだと思います。


    >設問1
    >1. 必ず800万円差し上げます
    >2. まず1000万円差し上げます。出口でクジを引いて15%の確率でハズレが出ます。
    > ハズレだったら1000万円はもらえず、ゼロになります
    >
    >設問2
    >A. 必ず800万円支払います
    >B. 1000万円支払いますが、15%の確率で支払いがゼロになります
  • id:ululun
    計算するとわかること

    200人を100人ずつのグループにわけ、1と2のグループにわけます
    1のグループは一人9万の損なので合計900万の損
    2のグループは10万の損をする人が95人なので合計950万の損

    という事で「1の選択が正しい」という事・・・なのですかね。

    モンティホールと似ているかも。
  • id:koro041220
    koro041220 2005/05/23 19:53:38
    Re:計算するとわかること

    「期待値」というのは、要するに「平均値」のことです。
    1のグループは、一人平均9万円の損
    2のグループは、一人平均9万5千円の損
    ということになります。

    でも、個別の人を調べてみると1のグループの人は全員が9万円損しているのに対し、2のグループの人は10万円損した人と、損しなかった人がいることになります。
    この、「損しなかった人」の方に自分が入るかもしれないと思って、宝くじを買うとか、馬券を買うとかするのだと思います。
    2を選ぶ人は、「投資家」というよりは「ギャンブラー」ということになるのでしょうか?
  • id:kinntarou
    ご協力ありがとうございます

    皆さんご意見ありがとうございます。
    このアンケートで私が一番知りたかったのは、よく言われるように多くの人が2を選ぶというのは本当かどうかという事です。
    私がこの質問に出会ったのは投資をはじめてかなり経ってからだったので1を選ぶのに迷いはなかったのです。
    ululun様の言われるようにもう少し質問の仕方を熟慮すれば良かったかも知れないと思います。
    ululun様の設問にはすぐに正解できました。しかし、投資をはじめる前なら正解はできなかったかも知れません。今では確かめようがありません。
    この手の質問、回答の結果((80%の人が2を選ぶということ)が大げさなものかあるいは多少の誤差はあっても概ねあっていることなのかわかりましたのでこのアンケート自体は満足の行くものでした。
    皆さんにご協力に感謝いたします。
    ululun様の質問内容で今度時間をおいてアンケートを実施したいと思います。
    その場合のアドバイス等ございましたらお願いいたします。
  • id:ululun
    もし検索していないのなら

    この問題が面白いのでちょっとやってみてくださいね。

    ショーの終わりに、プレイヤーは三つのドアを見せられる。ドアの一つの後ろにはプレイヤーが獲得できる景品があり、一方、他の二つのドアには羊(景品がなく、ハズレであることを意味している)が入っている。ショーのホストはそれぞれのドアの後ろに何があるか知っているのに対し、もちろんプレイヤーは知らない。プレイヤーが第一の選択をした後、ホストのモンティは他の二つのドアのうち一つをあけ、羊をみせる。そしてホストはプレイヤーに、初めの選択のままでよいか、もう一つの閉じているドアに変更するか、どちらかの選択権を提供する。プレイヤーは、選択を変更すべきだろうか?

    答えは下のurlを読むとわかります。
    今回の設問とは違いますが、こういうのもあるという事で。

    −−−−−−閑話休題
    個人的には投資は全く行っておりませんが今回の設問は興味深く感じました。設問は決して悪いわけではないということも幾つかの情報を入手するうちに判明しました。
    「30秒程度で」判断せよという心理的圧迫や提示された二つの情報が比較検討しにくい曖昧さを孕んでいる事などがあって「2」を選ぶのだろうと思いました。
    私が投資をするならこのような曖昧な情報が介在しない方法を考えるだろうし、ちょっとだけそのアイディアのようなものをちょっと思いついたので(そういうやり方をしている人は既にいると思うので決してユニークな方法ではないと思いますが)推論が正しいのか、そしてその方法を実現するにはどういうやり方をすれば適切といえるかも含めて少し考えてみたいと思います。



    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB%E5%95%8F%E9%A1%8C
  • id:kinntarou
    Re:もし検索していないのなら

    うーん。面白いですね。
    結果から言いますと私は最初に選んだ選択を変えませんでした。数学的には替えるほうがいいのですね。(笑)
    私がなぜ替えなかったか、分析(?)してみました。
    最初に選んだとき、これは良い心理状態で選択していると考えられます。
    投資で言えばポジションがスクエア(何もない状態)で客観的に判断できるのでその時考えられる一番良い選択肢を選ぶことができます。
    次の選択の場合は、自分の選んだものと違うものの内ひとつが間違いであると示されたため、精神的には期待と不安が入り混じった状態で判断力が鈍っています。追い詰められているといえば言い過ぎかもしれませんが。
    投資で言えばポジションを持った後自分のポジションに影響を受けて情報を自分の都合の良いように曲げて判断してしまう、いわゆるポジショントークというやつです。
    ポジションを造る前に決めた決済の条件をこの状態で変更することは多くの場合失敗に終わります。
    私の場合、このような思考パターンが出来上がっているようで2回目の選択であえてどちらが有利かという判断をしなくなっているようです。
    この場合、当然どちらが有利か判断すべきで私は最初からその判断の機会を捨ててしまうように訓練されていますね。
    これは、私が感情に左右されずに選択できる能力がないためにその欠点を補っているのだということでしょう。
    結果から言えば私は間違った判断をしていることになります。
    しかし、ここで判断できるようになるには感情に左右されずに思考できる能力を身に付けなければならないようです。今の私のはかなり難しいことです。

    ためになる問題でした。ありがとうございます。
  • id:jo_30
    確率の問題…

    これが「投資」という、複数回以上の試行が保証されている場ならば、質問者さんが仰るように当然1を選ぶのが正解ということになるでしょう。

    しかし、たとえば以下のような問題だとしたら、どうですか?
    「問1:あなたがどちらかと結婚せねばならないとしたら、次のどちらを選びますか?
    1)確実にダメな人間だと分かっている相手
    2)90%の確率で最悪な相手だが、10%ひょっとしたら良いパートナーである可能性がある相手」

    「問2:次の内どちらを選びますか?
    1)10分以内に確実に断頭台に上らされる。
    2)クジをひいて、90%の確率で拷問死させられるが、10%の確率で無罪放免される。」

    取り返しのつきにくい一回性の選択に直面した時、平然と期待値の高い確実なマイナスを選ぶほど人間は「賢く」はないのでしょう。それが「80%」の意味だと思います。
  • id:kinntarou
    Re:確率の問題…

    うーん、確立から国語の問題になってきましたね。
    この問題だと私の解答はこうなります。
    問1:1と、2の90%で得られる結果に私は違いが見られないので2を選びます。
    問2:断頭台よりも拷問死の方が私には好みですのでこの場合も2を選びます。
    うーん、好みの問題か?

    後一つ、私の問題で投資の場合は2を選ぶと複数回以上の試行が保証されるとは限りません。ただ一回選択ミスしただけで取り返しのつかないことになる場合があります。
    と言う事で、投資は人には勧めません。

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません