何かの問題を「政策論」として語るとき、必要なこと(この点をおさえなければ政策論にならないという点)は何だと思いますか?


不可欠な観点、あることが望ましい観点に分けて挙げていただけると尚ありがたいです。

教育、環境、情報化、科学技術…など、任意の事例で「こういうのは政策論といえるが、こういのは違う」というように回答を導いてくださっても結構です。

政策に関する専門家、研究者の見解のご紹介も歓迎します。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/05/23 17:07:55
  • 終了:--

回答(5件)

id:komasafarina No.1

1500曲を突破♪回答回数1662ベストアンサー獲得回数42005/05/23 17:56:16

ポイント20pt

最終的には「立法」化しなければならないのが「政策」です(という観点からの及び範疇での「政策」という意味での話をさせてもらいます)。

要するに(その論題に)関連する「現行法」との整合性、および矛盾点を明確に把握した上で「どうするのか?」「どうすべきか?」「どうなるのか?」を提示する。

(その場合、与党であるなら)(その時点での)国家としてのグランド・デザインとの齟齬がないかを十分にチェックしておくこと。(例えば現時点なら「(旧大蔵省や旧通産省が指導・監督した資本主義を廃棄して)法務省が監視するフェアな高度資本主義の実現」と「国連常任理事国入りという目標の達成」といった将来の方向性を決定する基本方針との絡み)

id:hken

ありがとうございます!

引き続き、ほかの観点もお待ちしております。

ネタは不可ですが、独創的な見解も大歓迎です。

2005/05/23 18:03:37
id:TomCat No.2

TomCat回答回数5402ベストアンサー獲得回数2152005/05/23 19:28:51

ポイント20pt

http://www.isshinjuku.com/02cali/cali_03.html

特定非営利活動法人一新塾 カリキュラム 政策提言(問題解決)コース 市民活動 ミッション探求 現場主義が日本を変える 地方主権 国会議員に提言 大前研一政策研究 通信科

絶対的に不可欠なのは「合憲性」です。

これを欠いた政策は、政策とは成り得ません。


過去様々な政治団体が泡のように生まれて消えていきましたが、

そういう所の掲げる政策は、この合憲性というところの検討が

成されていなかったケースが多かったわけです。


一例を挙げれば、日本共産党と、その分派である諸左翼党派。

これらは全て共産主義を掲げる勢力ですが、

日本共産党は様々な紆余曲折を経てきたとはいえ、

議会制民主主義の枠内での「革命」路線を規定し、

合憲的政策論で今日も国会に議席を持つ政党として存在しています。


しかし、そこから分離独立していった左翼諸党派は

現存している党派もあるにはありますが、

今ひとつも国会に議席を持てずにいます。

合憲性を欠く革命路線は、政策とは成り得ないということです。


これは右翼諸党派にも同じことが言えてきます。

自由民主党は保守合同以降一貫して「改憲」を党是とする

違憲性の内在する政党として存在してきましたが、

政権政党として打ち出す政策には合憲性が求められますから、

それによって今日まで存続することが可能でした。


これに対して、合憲性の検討が不十分な民族派諸党派は、

自由民主党の合憲的政策論の枠内でしか

今日も政治の舞台に登れません。


民族系シンパがいないわけではありませんが、

独自の団体としては政治の舞台には登場できていないわけです。


二つ目にあげられるのが「大衆性」です。

日本は民主主義社会と言われ、

多数派の意見が最終的に立法府を支配する構造ですが、

そこには少数派であっても良い意見は活かされていく、

ということが極めて重要となってきます。


たとえば利害の対立する環境問題。

大多数は、便利になるからここに高速道路を通そうと言う。

山を切り崩して貴重なオオタカの生息地が被害を受けると言っても、

それは都市生活において受任すべき限度内の被害だ、

いや、ぶっちゃけ大多数の市民にそんなことは関係ない、と言う。


しかし、少数の市民は、先祖代々の土地を奪わないでくださいとか、

移転の補償金をもらっても高齢所帯には

新たな持ち家を建てる力はありませんとか、

どんな便利な道路が通ってもインターチェンジがなければ使えませんとか、

逆にこんな所にインターチェンジを作られたら

一般道の交通量が増えすぎて安全が損なわれますとか、

貴重な自然を何とか守ってくださいとか、

色々な立場からの少数意見という物が

必ず出てくるわけです。


この場合、賛成意見は総論的にも各論的にも

まとまりのある世論を形成しますが、

反対意見は反対の理由が様々ですから、

総論反対でまとめれば数になるとしても、

各論が重視される場面においては、

それぞれ目立たない少数派として埋没してしまいます。


そこに、あらゆる立場の人達の意見意向を吸い上げていく、

「大衆性」のある政策の重要性が出てくるわけです。


多数派が支配していく構造の中に、

いかに少数意見を反映させていくかということ。

いかに少数派も納得できる方針を立てていけるかということ。


これが、提示される政策の「わかりやすさ」にもつながってきます。

自分たちの立場に立って論じている政策だ、

ということが市民に伝わってこそ

「わかりやすい政策」なんですよね。


したがって、政策の大衆性ということは、

一票でも多く票の取れる「戦術」としても

極めて重要な観点になってきます。


そして、最終的に重要になってくるのが「実現性」です。

政策は、新たな立法を目指す政策と、

既存制度の運用によって解決できていく問題に対する提言の

二つに大別されていきます。

これをうまく整合させていく。


まず既存の制度下で実現可能な方向性を検討する。

行政の方針というのは議会の議決を経ない

行政裁量権による通達などで

現場の対応が決定づけられていきますから、

その行政の姿勢をいかに正していくかということで

実現できる目途をつけていく。

ここが大切です。

特に立法府の中心として機能しにくい参議院などでは、

この視点から立案されてくる政策が極めて重要となってきます。


そして、根本的な改革が必要となってくるところでは、

大胆な法案の提示によって国民の信を問うていく。


立法立法、改革改革だけの議論では、結局実現性の低い、

お題目だけの政策論に終わってしまいます。


無理矢理にでも強行採決が可能な与党なら

まだそういうやり方も通用するでしょうが、

その力を持たない野党の場合は、

既存制度下でも実現可能な方向性を開発していくことが

実現性のある政策立案のために重要です。


URLは、そうした視点を欠くギミックとしての政策立案の

代表例の項目が列挙されたものと言えるでしょう。

職業政治家の「生活の知恵」といった感じです。

id:hken

ありがとうございます。

長文でありながら非常に分かりやすく、感謝申し上げます。

さらなる回答をお待ちしております。

もう少し技術的な側面に目を向けた回答もいただきたいと思っています。

2005/05/23 19:49:48
id:sami624 No.3

sami624回答回数5245ベストアンサー獲得回数432005/05/23 22:19:56

ポイント20pt

http://www.houko.com/00/BUNR2/0/03.HTM

【分類】−内閣府−全般−総合政策

政策とは、民間では達成できない問題について、行政機関が①法律の範囲内で②合法的手段により③法令で許容された行為をすることといって良いでしょう。

個別の事象について、政策論を考慮する場合、当該政策が当該省庁の政令ならびに法令に遵守しているかが、論点となり、法令順守に該当しない場合は、政策論からは外れているといえるでしょう。

id:hken

ありがとうございます。

ほかの切り口はありませんか?

2005/05/23 23:31:55
id:itarumurayama No.4

itarumurayama回答回数735ベストアンサー獲得回数222005/05/25 21:07:17

ポイント20pt

http://www.mof.go.jp/

財務省ホームページ

財務省主計局が予算を付けてくれなければ政策は実行されません。

費用対効果の検証は不可避です。

もっとも、費用対効果が少なくても実行される政策もあり、この辺になると政治力学になってしまいますが。

id:hken

ありがとうございます。

2005/05/26 13:21:13
id:mermaid7 No.5

mermaid7回答回数6ベストアンサー獲得回数02005/05/26 00:11:54

ポイント2pt

http://www.works-i.com/flow/works/contents67.html

Works67号目次 リクルート ワークス研究所 Works Institute

法政大学大学院イノベーションマネジメント研究科の岡本義行教授がイタリア産業区の成功について”Works”という雑誌に寄稿しているのが読めます。イタリア地方都市はローテク、デザイン、徹底的なブランド作戦で日本、ドイツなどのハイテク工業国と差別化し、特殊な機械に特化した製品を作ることで成功している。他のページを読むと、イタリア地方都市がなぜ経済的に繁栄してきたかの歴史的背景も知ることができます。

id:hken

ありがとうございます。

でも、質問の趣旨にどう関係するのか、いまひとつ分からないのですが…?

2005/05/26 13:22:56

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません