ひなたぼっこの「ぼっこ」??

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/05/23 18:54:41
  • 終了:--

回答(14件)

id:chipmunk1984 No.1

chipmunk1984回答回数790ベストアンサー獲得回数72005/05/23 18:56:24

ポイント13pt

http://homepage2.nifty.com/osiete/seito32.htm

日向ぼっこってなに?

 日向ぼっこの語源は「日向惚け在り」(ひなたほうけあり・日を浴びてほうけていること)です。この「ほうけあり」の「けあ」の部分が「こ」という語(の母音)に融合され「ひなたぼこり」さらに「ひなたぼっこ」に転音したものです。よって、「ぼっこ」は惚けているという意味であります。


とのことです.

id:nakeyouguisu

惚けなんですね

2005/05/23 19:24:03
id:tkyktkyk No.2

tkyktkyk回答回数2183ベストアンサー獲得回数252005/05/23 18:59:46

ポイント13pt

こちらをご参照ください。

id:nakeyouguisu

日向誇らせむ

異種ですな

2005/05/23 19:24:33
id:ululun No.3

うるるん回答回数267ベストアンサー獲得回数192005/05/23 19:00:54

ポイント12pt

誇り、埃、など幾つかの解釈があるようです。

確定情報は得られないようですね。

http://muku.a-thera.jp/article/549.html

老犬介護生活: 日なたぼっこ・・・ぼっこ?

id:nakeyouguisu

埃ですか。

これも異種ですね。

2005/05/23 19:24:57
id:Nara-Chan No.4

Nara-Chan回答回数186ベストアンサー獲得回数12005/05/23 19:01:59

ポイント12pt

http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%A4%D2%A4%CA%A4%BF%A4%...

国語辞典 英和辞典 和英辞典 - goo 辞書

もともとは「日なたぼこり」だそうです。

「ぼこり」そのものには特に意味はなく、「ひなたぼこり」で一つのコトバではないでしょうか。

id:nakeyouguisu

意味はなく

4種類目です。

一個も重複していないのがすばらしい。

2005/05/23 19:25:15
id:l32m No.5

l32m回答回数19ベストアンサー獲得回数02005/05/23 19:04:59

ポイント12pt

http://afromania.org/~lunatic/murabin10.htm

�����h�L�������g

「暖かくなる」的な意味での「ほっこり・ほこり」から来たようです。

「ひなたぼこり」という形で今昔物語や嬉遊笑覧でも使われていたようです。

http://www.manabook.jp/essay-hokohoko-hokahoka.htm

ほっこり、ほかほか―ホッコリ、ホカホカの語源

「ほっこり」について詳しく書いてあります。

id:nakeyouguisu

ほっこりですか。

6種目!?

すごい。

2005/05/23 19:25:46
id:toriyo No.6

toriyo回答回数1075ベストアンサー獲得回数02005/05/23 19:06:31

ポイント12pt

日向ぼっこのぼっことは、今昔物語の一節に「日向誇らせむ」というところがあって


それが、日向誇る→ひなたぼこる→ひなたぼこ→ひなたぼっこというように変化していったようです。

id:nakeyouguisu

ここにてやっとこ重複。

誇らせむ二票目ですね。

思いのほか、おもしろいのでしばらく待ちます。

2005/05/23 19:26:27
id:more_1999 No.7

むんく回答回数581ベストアンサー獲得回数12005/05/23 19:27:18

ポイント12pt

「ひなたぼこり」が変化したとされ「日の当たる方」という意味。さらに「ぼこり」は「火がおこること」や「火力が集中する」といった意味の「火凝(ほこる)」からきたとされる。つまり、「ひなたで暖まっている」様子から、「ひなたで焼いている」というイメージにつながって「ひなたぼこり」になったとされている。


だそうです。

id:nakeyouguisu

「火凝(ほこる)」新説ですね。

2005/05/24 13:56:57
id:torihamuhamu No.8

torihamuhamu回答回数1757ベストアンサー獲得回数02005/05/23 19:32:48

ポイント12pt

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=195093

教えて!goo 「ひなたぼっこ」の『ぼっこ』の意味って?

日向惚け在り、に1票でしたが、

調べるといろいろと出て来るものですね。

id:nakeyouguisu

日向惚け在り。

惚け在りってなんかドキッっとしますね

2005/05/24 13:58:40
id:zaikk No.9

zaikk回答回数192ベストアンサー獲得回数22005/05/23 19:57:34

ポイント12pt

ニューバージョン発見しました。


--------------------------------

火が起こって勢いよくなることを「ほこる」と言うのだ。漢字で書くと「火凝る」とも書き、火力が集中して焼けることを意味する。

id:nakeyouguisu

「火凝る」

残念 二票目です。

オープン遅れてもうしわけない。

2005/05/24 14:00:12
id:mohochin No.10

mohochin回答回数89ベストアンサー獲得回数02005/05/23 20:06:38

ポイント12pt

様々な説があるようですね。

金田一春彦さんに聞くのが早いのでしょうか?

って、上記で既に回答されたトコロばかりしか出て来ないので、

「他にこういうのもありますよ」

というものもついでに載せてみました。

御参考までに。

ていうか、自分も「なるほど」とか思ってみてしまいました。

ありがとうございました(笑)

id:nakeyouguisu

なるほど。

コレだけ説がわかれると言う事は決まった語源がはっきりしていないということのようですね。

2005/05/24 14:02:31
id:yokikotokiku No.11

yokikotokiku回答回数164ベストアンサー獲得回数22005/05/23 20:33:06

ポイント12pt

上の回答にもありますが、

「ほこらかす」、四段活用→盛んに燃やすさま と、

「ほけ」(近世に入ると「ぼけ」)、下二段活用→緊張がゆるんでぼんやりする、

のどちらかが語源だと思われます。


「今昔物語」にたしかに「ひなた誇(ほこり)もせむ」と書かれていますが、当時は、特にあの本はけっこう当て字が多いので、使われた漢字が絶対に意味の通りとは限りません。

ちなみに「誇りもせむ」であって「誇らせむ」ではないと思います。まあ底本によって細かい部分は変わると思いますが、「誇らせむ」だとしても、これは「誇る」の未然形+使役「す」+意志と推量の助動詞「む」ですので、とにかく「ほこらせ」という単語はありません。

「誇り」は、現代語でもそうですが、何か具体的な、自分に属するものを、他よりすぐれたものとして自慢に思う、意ですから、

「日向誇り」では、日向を自慢する意味になります、太陽光線は誰のものでもありませんからちょっとヘンです。


「埃」は、名詞ですが、「日向ぼこり」はとにかく何らかの行動を表していますので、やはりこの単語は動詞起源ではないかと思います。


なので、「さかんに燃やす」から派生した、「焼きたてであたたかい」みたいな意味の「ほっこり」が語源、とも考えられますが、

この「ほっこり」は近世に入っての言葉だと思われます。

「今昔」に「日向ほこり」の語がある点、時代が合わない気がします。

また、もともとの「ほこらかす=さかんに燃やす」は、本当に、左義長(どんど焼き)の火のイキオイの表現に使った単語なので、

ちょっと、「ひなたで暖まる」ようなニュアンスとは違う気がします。

また、「燃やす」意味があるのは「ほこる」でなく「ほこらかす」という単語なのも引っかかります。


というわけで、意味的にも、文法変化の上でも最もムリがないのは

「日向で緊張がとけてぼっとする」→「ひなたほけ」ではないでしょうか。

まあ、「ほけ」も「ほこる」とは変化しませんが、「ほけいる」または「ほけおる」という表現がアリだと思います。

「ほけいり」(連用形で)または「ほけおり」(ぼーっと座っている)、が、「「ほけり」→「ほこり」と変化した可能性は高いと思います。


あとは、4番さんがおっしゃる、「とくに語源はなく、これ自体が独立した単語」というのもアリだと思います。

「ぼこり」という、「暖まる」という意味の単語があり、それが「日向ぼこり」という複合語を残して、言葉自体消えてしまった、という考え方です。

それほどレアな例ではありません。

記紀を丹念に探せば、上代の言葉の中になにか語源があるのかもしれませんね(笑)。

id:nakeyouguisu

「ほこらかす」はまた、新説ですね。

各説を推察していただき、有難うございます。参考になります。

個人的には呆けに一票ですかね。

「ひなたでボケてくる。」語源として自然な気がします。そこから「ひなたでボケごっこでもするかー?」と誘う語が発生して「ひたなぼけごっこ」→「ひなたぼっこ」

…ごっこってなんだろう???

2005/05/24 14:06:44
id:Junco_junko No.12

Junco_junko回答回数225ベストアンサー獲得回数42005/05/23 20:45:11

ポイント12pt

http://www.jakof.jp/sub8.htm

�「学泰さんの日韓ことば談議1

南朝鮮人がこんなことを言ってます。

リンクの下のほうの「2. 日向(ひなた)ぼっこ」参照


何でもウリナラが起源ニダ!

ってかんじでしょうか。

id:nakeyouguisu

韓国語説ですね! これは新鮮!

> 日向ぼっこは「ピッナタナポコ」といい「お日様が現れ見つめる」

2005/05/24 14:10:50
id:duemr701 No.13

duemr701回答回数536ベストアンサー獲得回数02005/05/23 21:24:25

ポイント12pt

居ると言うことと思います。

id:nakeyouguisu

できれば何か裏ずけが欲しかった。

2005/05/24 14:11:30
id:akko0818 No.14

akko0818回答回数5ベストアンサー獲得回数02005/05/24 19:04:58

ポイント12pt

http://knowledge.yahoo.co.jp/service/question_detail.php?queId=1...

Yahoo!知恵袋 - ひなたぼっこのぼっこって何ですか?うちの猫を見てい...

説その1

「日向ぼこり」の語末が省略された語として「日向ぼこ」、

さらにそれが促音便化したのが「日向ぼっこ」である。

「ほこり」の語源は「ほくほくと暖かき意」。


説その2

「日向ぼこり」を「日なた誇」と表記した用例も見られ、

これを根拠とすれば「ほこり」の語源を「誇る」に求めることも可能。

こちらは、意味の上からも説得力をもち、その点で魅力的であると言える。

id:nakeyouguisu

「ほこり」の語源は「ほくほくと暖かき意」。

なるほど、塵芥の埃とはちがうんですね。

納得です。

予想外に面白い回答が集まったはてなでした。

ありがとうございました。

2005/05/25 11:18:50

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません