友人がAという会社から10万で簡単なホームページ制作の依頼があり制作しました。そのとき納品書に一応印をおしてもらいましたが支払い期限を記入するのを忘れてしまったそうです。念のため彼は何回かそのことについてメールにてやりとし、会話もすべて録音しました。

「受注を受け、作業は完了した」という証拠はあるつもりです。
A社はB社と近いうち合併するそうなのです。でそこの担当がそれを理由に支払いをちゃんとしてくれるのかどうかはっきりしません。A社の親会社は債権回収会社でA社はそこの表向き窓口をやっているちょっと強面の人間が運営している会社です。どう対処したらよいでしょうか?簡易裁判も考えましたが、ズルズルの引き伸ばすと別件の仕事に集中できないのと、後でなにか仕返しや、言葉尻を取って逆裁判されそうなので困っているようです。 ベストな方法を教えてあげてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/05/30 15:04:46
  • 終了:--

回答(1件)

id:Baku7770 No.1

Baku7770回答回数2832ベストアンサー獲得回数1812005/05/30 15:22:46

ポイント40pt

 これが一番手っ取り早いでしょうが、確認が何点かあります。

 納品書は構いませんが相手の受領印はあるとありますが金額は明記されていますか?

 相手側の発注書又は契約書はありますか?または請書を発行してその控えを保管していますか?そこに支払いについての条項はありませんか?

 入金の期日を書いていないとのことですが、相手側に支払規程があるはずです。それは確認していますか?(企業によっては現金になるまで半年以上かかる場合があります)

 最後になりますが、会社整理が伴わない場合なら、取引先が合併したからと言って債務は抹消されませんからご安心下さい。

id:chibitomo

ありがとうございます!

2005/05/30 15:28:26
  • id:Yuushi
    下請代金支払遅延等防止法

    に引っかかるんじゃないですか?
    もしそうなら、代金を60日以内に支払わないと処罰されます。
    http://www2.jftc.go.jp/sitauke/Legislation.html
  • id:Baku7770
    Re:下請代金支払遅延等防止法

     確かに抵触する可能性はありますが、私は以下の点で対象外としました。
    ①今回の相手が回収を専門にやっている相手であり、ある程度の法知識があるのではないか。
    ②多分個人でおやりになられているとして下請け側に問題はないが親会社に資本金などで問題はないか確認が取れていない。
    ③やばい相手であれば、公正取引委員会より裁判所の方が効果がある。
    ④やばい相手でも支払わなければならないと思わせるにはどうすればいいか
    http://www.mlit.go.jp/sogoseisaku/topics/shitauke/shitaukehou_gaiyou.htm

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません