(再質問)

人は、本当に見ているものや触れているものはわずかですが、
抽象化や比喩や経験則のような想像や信仰によってそのまわりに広い”現実”を認識しています。
それは精度のいい妄想ではないでしょうか。
あるいは制御された狂気ではないでしょうか。
現実だと信じているもののほとんどは推測に過ぎないのではないでしょうか。

(見ていないところで何が起きているかなんてわかったものじゃないわけで、
条件を絞り込んでその上に論理を構成するにしても、それは変わりません。
日常的な感覚で言えばなおさらです。)

(本当に目に触れているわずかなものの変化などによって)
・この妄想である現実が揺らいだことはないですか?
・それはどれほど確かなものだと思いますか?


#退会しようと思ってポイントを使ってきたので残り少なくあまりはずめません。
#でも面白い回答には多く配分しますのでどうかよろしくお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/06/09 20:51:00
  • 終了:--

回答(9件)

id:homuRa No.1

homuRa回答回数46ベストアンサー獲得回数02005/06/09 21:16:32

ポイント22pt

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%CD%A5%AA%A5%B3%A5%F3

ネオコンとは - はてなダイアリー

「現実」とは、一人の人が主観的に、他人との共通概念だと信じている事象に他ならない。


人は、他の人の心の中が見えないので、知るはずもない他人の意識を自分の中で作り上げ、それらが自分のものと同じだった場合に、それが多ければ多いほど広範囲に通用する「現実」と判断しているだけで、本当の意味での共通概念だということを誰も確かめたわけでもないし、そんなものは本当は存在しないことを失念しているに過ぎないのだ。


では何故「現実」が必要かというと、自分の行動や意志を決定するために基準となるものが必要だからです。そのために人は自らの意識の中でその人なりの「現実」を作り上げ、その「現実」の中で自分はどうあるべきか……それを考えて生きているのではないか?。


つまり、「現実」とはその人の主観の一部であって、それ以上ではないのだ。


100人の人間がいれば100の現実がある……それを、基本の事実として認識しておく必要がある。客観的に考えているつもりの人が100人いたとしても、それらがすべて同じではないのも、そういう理由からだ。


人は結局「主観」でしか物事を見られないし、判断できないのである。

id:marchu No.2

marchu回答回数258ベストアンサー獲得回数02005/06/09 21:21:15

ポイント15pt

http://www.mognet.org/hansen/

[Mognet] ハンセン病 モグネット

昨日の質問で回答しようとしたら終了していたのでその質問に対する回答も書いておきます。


「自分が思い描いている現実」が揺らいだことはあります。

そのうちの一つを取り上げてみます。

それは、ハンセン病の事についてです。

自分はハンセン病元患者の方と会って話を聞く機会がありました。

それまではずっとハンセン病元患者の方の手の指が無かったりするのはハンセン病によるものだとずっと思っていました。(以前、ハンセン病元患者の指が無かったりするのはハンセン病によって指が無くなったんだと聞かされたからです。)

しかしその方は言いました。「ハンセン病によって指がなくなったんじゃなくて、冬のとても寒い日でも無理やり労働させられて凍傷にかかり、それで指が腐って切り落とされたのです」と。

そのとき自分はとんでもない勘違い(この質問で言う妄想である現実)をしていたんだ!?と思いました。

そのことはハンセン病元患者から直接聞いた話なのでほぼ全部確かなものだと思います。

自分はそのハンセン病元患者の方に会うことができて本当によかったと思っています。


(以下、昨日の質問に対する回答です。昨日の時点での回答なのであまり気にしないで下さい。)

自分では6割くらいだと思います。


例えて言うと、外国に行ったときに俗に言われるストリートチルドレンという子供たちが世界には日本のホームレスと同じくらいの頻度でしか見かけることは無いだろうなと思っています。(現時点ではそのことについて調べて居ないのであっているのかどうかも分かりません。)

だけど飢えに苦しんでいる子供が居る。地雷や有毒ガスによって奇形児として生まれてくる子供が居る。何の罪もない人が自分の周りでは考えられないような(車にロープでつながれて・・・)などを受けて殺される人が居ると言う事などは学習する機会があったのでネットで色々調べて分かりました。

でもまだまだ知らないことは沢山あると思います。


ということで6割としました。

id:duemr701 No.3

duemr701回答回数536ベストアンサー獲得回数02005/06/09 21:28:05

ポイント1pt

http://www.infoseek.co.jp/

【インフォシーク】Infoseek : 楽天が運営するポータルサイト

自分以外は、動物

id:komasafarina No.4

1500曲を突破♪回答回数1662ベストアンサー獲得回数42005/06/09 21:41:44

ポイント16pt

幻覚剤は知覚のおおもとの方に作用して、知覚自体をまったく変えてしまいます。したがって(正常時に知覚・認識している)「現実」など(「実在」界という意味での)「リアリティー」のごく一部(ほんの一断面、位相のひとつ)でしかありません。

そのときに(つまり、そうした知覚状態が錯乱しシャッフルされているような状態においても)確かな現実として感知されるのが(これは実際に視認できるのですが)エネルギーの流れです。映画「スターウォーズ」でいう「フォース」というヤツですね。エネルギーはわたしたちに「見る」ことのできる「現実」です。それはご質問者がおっしゃるような「妄想」や「狂気」や「錯覚」のような(虚ろな構えとしての「虚構」としての)「現実」を形成することはありません。したがって真のリアリティーだと(わたしは)考えます(=感が得ます)。

それと、いろんなことに気がつくとひとつ「現実」が壊れます。「気づく」とは(そうした現実の破壊を介して)新たな現実を「築く」ことです。実は生きるとはその無限の反復であってひとつの現実などには安住できるようにはできていません。自ら進んでそうのうな「現実」にアプローチしていけば、生きること即>「現実に」生きることになりますが、感覚を遮断したりルティーン化したり機械的に生きていると(思いもよらぬかたちで)現実の制御が不能になって何かと人生修羅場になったりします。借金まみれとかデキ婚とか、その他いろいろ。生きるとは、生きていることの滅相もなさや恐ろしさなどと生きていることの喜びや素晴らしさとのバランスをとることです。まあ、技術ですね。ドライビング・テクニック。妄想もストレスもなく謙虚に生きればいいんですね、現実なんて。所詮、「幻実」なのですから。死ねば死んだで、そのままエネルギーは来世とかをやるわけですよ。量子レベルでのエネルギー保存の法則にしたがって。逃げないこと、さぼらないこと、勤勉に工夫を努めること、それをしてれば次々に気づくというかり(それこそ)現実が見えてきますよ、リアリティーが。すべては一律にチャレンジだと思えばいいです。恵みや呪いと考えて一喜一憂するのは愚かさだろう。自分の生きている身体が常時すべてを意識し気づいていることに(マインドで)気づくべきです。誰でもそのままその場でできることです。いま/そこで! いま/ここで! あとはそれを惰性でなく覚醒したかたちでつづけるだけのこと。たやすくはねえぜよ。

id:TomCat No.5

TomCat回答回数5402ベストアンサー獲得回数2152005/06/09 21:48:24

ポイント16pt

http://blog.goo.ne.jp/scumscum/e/7f0f608ad3ade57871c45cc16678739...

SCUM’S BLOG:紅白歌合戦のさだまさし

それは事象を論理的にとらえるか、

観念的にとらえるかということによって

大きく異なってくるものと思います。


現実の認識を医学にたとえれば、

これは現時点では到底全てへの理解は及ばないことが分かり切っている

生命という未知のものを取り扱う学問です。


しかし、その生命の反映である生命体を研究することにより、

幾ばくかの事実は見えてきます。

その確認された事実を多様に組み合わせて検討する。

検討から仮説を立て、仮説を検証し、さらに得られた結果を元に

新しい仮説を立てていく、という繰り返しで、

少しでも「未知の現実」に接近していこうとしていきます。


その結果、不十分な段階とはいえ、今日多数の病気を克服し、

さらに遺伝子の秘密までも解き明かし始めました。

これが、事象を理論的にとらえていくことの成果です。

理論的に仮説を立てて推論し、それを検証していくならば、

未知の領域も次第に解き明かして「既知」にしていくことが出来るわけです。


しかし、仮説と検証された事実が混同される

観念的な事象認識では、たしかに妄想が認識を支配します。


そしてそれによって生み出される虚構の現実認識を利用して、

政治や宗教などの思想体系が合理化されていきます。

それが社会に蔓延する結果、本当の現実への

都合の良い「無視」が始まります。


さだまさしが去年の紅白で歌った「遥かなるクリスマス」は、

そうした妄想の恒常化による現実への無視を

鋭く歌い上げました。


私たちが現実と思いこんでいるのは「裸の王様」。

ちょっと論理的に見れば、すぐ恥ずかしい丸裸が見えてきます。

でも、それをしない。しようとしない。

その方が自分にとって楽だからという

妙な現実認識だけは持てる能力があるのにね。


今また、ただ物が食べられないという理由だけで、

子供の命が消えました。

id:littlebirdy No.6

littlebirdy回答回数15ベストアンサー獲得回数02005/06/09 22:14:03

ポイント17pt

http://www.hatena.ne.jp/1118317860#

人力検索はてな - (再質問) 人は、本当に見ているものや触れているものはわずかですが、 抽象化や比喩や経験則のような想像や信仰によってそのまわりに広い”現実”を認識しています。 それ..

世界に対する認識の精度(正確さ)ということになると本当にあやしいもので、その意味では、おっしゃるように現実は「妄想」と言えるのかもしれません。

ただ、人間には感覚・感情があって、その強度において私は世界が存在する、と信じています。(これは、信仰かしら??)

なので、「世界が存在する」ことは「妄想」ではないと考えます。


個人的にこの確信が揺らいだことは一度もありません。

あとは、存在する世界の「認識」の精度、正確さですが、これは実験の積み重ねによるしかないと考えています。


世界に対する「認識」の正確さというものが考察されるのは、それが人間の「幸せ」につながるものだからかなぁ、と思います。

この「幸せ」というのもやっかいな言葉ですが、今目の前にいる人が幸せかどうか、笑えるかどうか、そのための認識の正確さだと考えています。

今目の前にいる人が幸せか、

この確認の積み重ねが私なりの精度のあげかたです。


なんだか、まとまりがありませんが、

「世界は存在する」

「世界に対する認識は確かにあやふやだ」

「でも世界は存在するんだから、できるだけ『幸せ』につながるような認識は持ちたい」

ってな感じです。

蛇足ですが、

「世界が存在することを確信しているから、認識のあやふやさというものに不安は感じない。むしろ、人間の認識があやふやであることも、世界の相のうちかもしれない」

とも考えております。

id:monstar No.7

monstar回答回数10ベストアンサー獲得回数02005/06/09 22:39:36

ポイント2pt

確かだとは思っていないし、地球という固体がすでに他の惑星からシャットアウトされたいわばある北の方の国みたなものなので、今あるこの閉塞的で抑圧的な世界でいかに楽しく自由に楽にいられるかを考えてそれにしたがってるまで。

id:sami624 No.8

sami624回答回数5245ベストアンサー獲得回数432005/06/09 22:39:38

ポイント14pt

事実と真実は違うということですかね。

事実というのは、あくまでも結果です。

一方真実というのは、物事の一部始終を言うわけです。

例えば、電車の中で足を踏まれたとします。相手が誤りもせず偉そうな態度のままであれば、カチンと来て踏み返すかもしれないでしょう。たまたま、当たり所が悪く相手の足の指の骨が、折れたとします。

事実は相手の足の指の骨を折ったということになりますが、真実は因果応報となる訳です。

同様に、人間が目にしているのは、地球創世記からの年数と比較した場合、極めて短期間であり、単なる事実の羅列を目視しているだけでしょう。よって、真実の追究が十分になされていないため、誤った判断をしてしまうのです。妄想ではなく、事実関係の一部始終を把握できないことによる誤解なのです。

id:tunachan No.9

tunachan回答回数2ベストアンサー獲得回数02005/06/09 23:27:21

ポイント17pt

id:last_wednesday

ポイントが尽きたので終わります。

どうもありがとうございました。

2005/06/10 00:09:01
  • id:last_wednesday
    last_wednesday 2005/06/10 02:29:47
    ありがとうございました

    意識をつくっているもの(感覚や想念)は確かにただそこにあるものという気がします。
    そういったものの中に見つけるパターンを絶えず最適化し続けることで現実が形作られているように思います。
    未知のものを見つけたとき、パターンは未熟で人は不安になったり面白がったりしながら、学習を重ねて精度を高めていきます。
    けれどそれは似たものになることは出来てもそのものではないと思います。
    そうして広げられた現実は感覚で捉えられたものではないのに、それを当たり前に信じることが出来ているのはなんだかすごいなと一瞬感じました。
  • id:komasafarina
    (投稿者削除)

  • id:komasafarina
    (投稿者削除)

  • id:littlebirdy
    (投稿者削除)

  • id:littlebirdy
    お元気で。

    last_wednesdayさんは、予定通りに退会される、のでしょうねぇ。
    質問・回答履歴を拝見して、本当にていねいで緻密な方なんだなぁ、
    と衝撃(?)を感じました。
    興味深い質問をしたり、丁寧に回答したりする人が、
    退会されるのは残念です。
    さようなら〜☆お元気で!

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません