乾くるみ「イシエーション・ラブ」を読んだ人に質問です。


 [1] 「イシエーション・ラブ」以上に 凝 っ た 構 成 で
 [2] ラスト近くのどんでん返しで読者の度肝を抜き、
 [3] 再度読み直したくなること間違いなし

という他の小説を紹介していただけないでしょうか。

ここで脊髄反射で書き込もうとするアナタに強い警告。
僕は単に「どんでんがえし」のある小説を読みたいのではありません。

たとえば 歌野晶午「葉桜の季節に君を想うということ」も、
ラスト近くのとんでもないトリックで有名になった小説ですが、
「構成として」凝っているわけではありません。
(小説としては素直で、「実は主人公は○○だった」ってだけですよね)

そうじゃなくて、たとえばn部構成になっていて、それらが有機的にからみあっており、
フツーの小説のつもりで読んでいると、最後にびっくりさせられ、
再度、新たな視点で読み直したくなる・・・という小説です。よろしくお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/06/12 16:33:22
  • 終了:--

ベストアンサー

id:masaki8 No.1

masaki8回答回数14ベストアンサー獲得回数12005/06/12 17:47:40

ポイント100pt

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101445060/qid=11185658...

Amazon.co.jp: 生者と死者―酩探偵ヨギガンジーの透視術: 本: 泡坂 妻夫

泡坂妻夫の「生者と死者」と「しあわせの書」はいかがですか?

ネタバレになってしまいますから、何も書けませんけど・・・。仕掛け的には最強だと思います。

id:lionfan

おお、ありがとうございました。

泡坂妻夫は、読んだことはありませんが、すごく気になっていました。

ご紹介ありがとうございました。読んでみます。

2005/06/12 18:09:19

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません