作家・二葉亭四迷、または彼の著書「浮雲」に関するトリビアネタ教えて下さい!(出来たら命名秘話以外のモノが希望です)

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/06/17 21:04:45
  • 終了:--

回答(7件)

id:jyouseki No.1

jyouseki回答回数5251ベストアンサー獲得回数382005/06/17 21:13:18

ポイント15pt

http://www.ebookjapan.jp/cpgoogle/author.asp?authorid=8

二葉亭四迷 - 電子書籍はeBookJapan

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=477704

教えて!goo 二葉亭四迷について

http://www.littera.waseda.ac.jp/sobun/h/hu018/hu018p01.htm

�����c�ƕ��w�i���t���l���j

id:hamao No.2

hamao回答回数3293ベストアンサー獲得回数402005/06/17 21:20:33

ポイント15pt

二葉亭四迷が『I love you.』を訳した時に、『あなたのためなら死んでもいい。』と訳しました。

id:sanbo-n No.3

sanbo-n回答回数509ベストアンサー獲得回数12005/06/17 21:22:08

ポイント14pt

上記URLによれば


当時の著者名は坪内雄蔵。

これは四迷の師、坪内逍遥の名。2年前逍遥は「小説神髄」を発表。

四迷はこの文体を作るために寄席に通ったり、一度ロシア語で書いてから翻訳してみたと言われる


とあります。有名な話ですか?

id:komasafarina No.4

1500曲を突破♪回答回数1662ベストアンサー獲得回数42005/06/17 21:43:41

ポイント14pt

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061962361/250-7622756-...

Amazon.co.jp: 二葉亭四迷伝―ある先駆者の生涯: 本: 中村 光夫

・「浮雲」執筆当時、もともとトルストイやドストエフスキーを原文で読んでいた四迷は、小説がうまく書けないとまずロシア語で(ドストやトルのように)書いてみて、自分でそれを翻訳して自分の書く日本語の文章を工夫していたそうです。口語体の創始者の工夫や発見がいろいろあったことでしょう。


・「浮雲」第3篇を書いた四迷は、自分でそれを読んでひどく失望し、日記に「かほどまでに拙しとは思はざりしが、印刷してみれば殆ど読むに耐へぬまでなり」と書く。それは作中のお勢のために苦悩する文三の描写をそのまま日記に文語体で書いたようなものだった。それだけ作品の中の主人公の苦悩は作者の創作上の苦悩と二重映しになっていた。そして自分には才能がないと結論した四迷は、職業作家になることを断念して、知人に頼んで内閣官報局に就職する。26歳だった。(最後は思わずプロジェクトXふう(笑い))

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061963082/250-7622756-...

Amazon.co.jp: 日本文壇史〈2〉新文学の創始者たち: 本: 伊藤 整

この本(全18巻)、それ自体が物語のようになっていて歴史好きの人にはとても面白くて日本の思想史(あるいは知識人層の思想形成史としても(司馬遼太郎なんかよりも)きちんとしたパースペクティヴがわかってお勉強になりますです。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480033513/250-7622756-...

Amazon.co.jp: ラスプーチンが来た 山田風太郎明治小説全集 11 ちくま文庫: 本: 山田 風太郎

こちらはめっちゃ面白い秀逸なフィクションですが、二葉亭四迷が重要な作中人物としてナマで登場してきます。

id:tooh11

すごい情報量っすね!ありがとうございます!

2005/06/18 16:02:51
id:a0003119 No.5

a0003119回答回数245ベストアンサー獲得回数12005/06/17 22:17:11

ポイント14pt

http://suisougaku.k-server.org/ad

�L�����W�T�C�g

三十歳で文芸の世界から足を洗って、実業界入りした

id:keibabiboroku No.6

keibabiboroku回答回数142ベストアンサー獲得回数02005/06/17 23:23:32

ポイント14pt

http://www.webdokusho.com/shinkan/0309/b_4.htm

二葉亭四迷の明治四十一年

大変面倒な人物で、若い頃は親友となっても必ず喧嘩をし、あげくは絶交。絶交癖といえる。口癖は僕は小説家ではない、文学者ではない、だ。強度の近眼だった。猫好き。変な顔でも「君達はくさすが猫仲間では別嬪に違いない。でなければあんなに牡が来るか」といった

http://www.hatena.ne.jp/1119009885#

人力検索はてな - 作家・二葉亭四迷、または彼の著書「浮雲」に関するトリビアネタ教えて下さい!(出来たら命名秘話以外のモノが希望です)..

かの日本文学史に名を残した二葉亭四迷はロシア語の作品である「あひゞき」を翻訳する際、英語で言うところの”I love you”にあたる部分の表現をどのように訳すかで非常に苦労したそうだ。そこで四迷は悩みに悩んだ挙句、「わたし、死にたい・・・・・・」とかいった感じの訳にしたという

id:tontenkararin No.7

tontenkararin回答回数16ベストアンサー獲得回数12005/06/18 17:23:08

ポイント14pt

「くたばってしまえ!」と、父親に言われて命名したとか・・・

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません