OSについての質問です。WINDOWSとMACのメリットデメリットを教えて下さい。なぜクリエイターはMACを利用するのかが知りたいです。また、MACをいじると何故かメモリが軽く感じるのですが気のせいでしょうか。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/06/21 04:43:12
  • 終了:--

回答(16件)

id:some1 No.1

some1回答回数842ベストアンサー獲得回数372005/06/21 04:56:42

ポイント12pt

>クリエイターはMACを利用するのか


昔から使っているからという経緯です。

コンピュータをキーボードで操作するだけの状態から、マウスを取り入れて絵などを加工しやすくしたのはWindowsよりMacの方が早かったのです。

また、AdobeのPhotoshopやIllustratorなど画像加工ソフトは昔はMacの方が環境が良かったのです。


>メモリが軽く感じる

積まれているメモリの容量は同じくらいでしょうか?

だとしたらWindowsの起動時に同時に起動して常駐しているソフトが多いのかもしれません。

id:highpoint

ご回答ありがとうございます。

>AdobeのPhotoshopやIllustratorなど画像加工ソフトは昔はMacの方が環境が良かったのです。

というのは環境のどのような所が良かったのでしょうか。また、アフターエフェクトやプレミア等もMACOSの方が環境としては優れているのでしょうか?

2005/06/21 05:00:52
id:yourmilk No.2

yourmilk回答回数4ベストアンサー獲得回数02005/06/21 05:06:19

ポイント12pt

単純にできることは違わないです。

クリエイターが好んでMACを使うのは昔からMACが使われていたからです。なぜ使われていたかを言及するのはいろいろ考えられますが、単純にデスクトップというGUIを採用したのはMACの方が早いということで、クリエイターは作ることに専念できたからではないでしょうか。

windows製品全般にいえることではないのですが、標準のサウンドカードやグラフィックボードがやや弱いというところでしょうか。

動作についてですがCPUの処理についてはwindowsに軍配があがるでしょう。というのは、費用対効果を考えた場合ですが、windowsの方が早いクロックのCPUを安い値段で搭載しているマシンが多いです。MACでも最上位機種になればほぼ大差はないとは思いますが、費用の面で1つ。

メモリですが、64bitのOS、CPUが登場した昨今では、最大積載の壁が大きく変わると予想されます。MACが軽快に動作しているように感じられるのはインターフェースが単純な構造をしているために錯覚しているのかもしれません。

id:cupicle No.3

cupicle回答回数2ベストアンサー獲得回数02005/06/21 05:14:09

ポイント12pt

winはフリーズしにくい、ユーザーのシェアが圧倒的なのでソフトの対応率、値段等いろいろ便利。MACはとにかくよくフリーズする(OSXから改善かれつつあるが)、ネットをする上で何かと不便(動画がみれなかったり、レイアウトが崩れていたり等、非対応のサイトがよくある)。クリエイターが好むのは、マックが昔からクリエイトソフトに対応していた為(ウィンは後から追随してきた形)。逆にマックしかなかったから。未だにその名残があり、クリエイター=マックの図式があると思われる。マックのメモリに関しては自分的にはあまりそう思いません…お力に添えるかわかりませんが。

id:keii-i No.4

keii-i回答回数206ベストアンサー獲得回数42005/06/21 05:27:51

ポイント12pt

PCが普及し始めて、各種業界に進出した当初。Macintochの採用していたRISC系CPUが得意としていたのが、グラフィックス処理などでした。

そのため、専用のアプリケーションが開発され、印刷業界やDTP業界がMacintoshのシステムを元にして、いろいろな設備を整えました。


人によっては、操作はMac。3D描画など演算部分はチューンしたWindows PC、最終出力をMacで加工して、DTPデータに変換といったように使い分ける場合もあります。

id:jyouseki No.5

jyouseki回答回数5251ベストアンサー獲得回数382005/06/21 07:16:32

ポイント12pt

http://www.yodobashi.com/enjoy/more/productslist/cat_38974489_38...

画像・映像・グラフィック・CAD : ヨドバシ・ドット・コム

WINDOWSは元々MACのOSを真似して作ったものです。

クリエイターや業者(特に印刷関係)でMACが多く使われるのは、グラフィック機能が優れているからです。

でも、WINDOWSも性能を上げつつあり、現在MACは衰退の方向にあります。

http://www.infoseek.co.jp/Topic/13/172/1307/5662?nh=25

画像編集 グラフィック ソフトウェア/Infoseekディレクトリ

id:kimbara No.6

kimbara回答回数638ベストアンサー獲得回数132005/06/21 08:15:55

ポイント12pt

http://www.roswell-unet.ocn.ne.jp/macken/mac/macvswindws/index_m...

�O�����r�A�}�b�N��Windows

動作安定性についていうと、Macの場合、OS自体は昔から安定しており、OS Xになって更に増したと思います。Macはフリーズしやすいという話は、機能拡張をする面白いソフトが多くあり、それらが不安定なだけであって、OS自身はWindowsに比べれば非常に安定していると思います。事実、この3年間、私のiMacはアップデートする時以外にマシンを再起動したことがありません。お行儀の悪いソフト(Appleが推奨しない作りをしたもの)を使っているとたまにクラッシュしますが、それでもOS自体にはまったく影響がないため再起動も不要です。Windowsの場合、XPになってもあいかわらずシステムレベルでフリーズ(ブルースクリーン)します。私の場合は、Webブラウジング、メール、Officeしか使っていないのですが、半年に数回ぐらいフリーズに遭遇しています。でも2000以前に比べたら少しは安定したかなという感じです。


メモリが軽く感じるというのはどういう状態なのかわからないのですが、体感速度という観点から比べるとそれほどかわならないと思います。ウインドウを開いたりなどの操作に関しては、MacのほうがGUIのパフォーマンス向上のためにじっくり作り込まれているようでサクサク動いているように感じます。逆にWebページを見ているような状況だとWindowsのほうがキビキビした動きをしているなぁと思います。とくに、Webページを閲覧しているような場合。Javaアプリもさくさく動いていますしね。CPUに関していうと、最上位クラスのマシンを比べると同じかWinマシンがちょっと上かなと感じます。MacのCPUであるPowerPCの飛躍的な速度向上がこれ以上望めない現在、将来的なパフォーマンスはWin環境に軍配が上がるような気がします。Appleも1年後にはIntelのCPUに乗り換えると発表していましたしね。あと、Win環境のような市場が広くないMacは、CPUに対するコストパフォーマンスは悪いかもしれませんね。


ソフトや周辺機器の豊富さについて言えば、圧倒的にWindowsですね。アプリケーション、ゲームソフト、フリーウェア、ストレージデバイスなど、どの分野をみてもMac用ものと比べて、格段に多いです。ただし、使いやすいソフトということで限ってみると、同じぐらいのような気もしますが。


OSのデザインセンスについては、比べるまでもなくMacですね。あの見にくいMSフォントを見ているをいらいらしてきます。逆に、ヒラギノフォントがスムーシングで奇麗に見えて、なんていうか、使っていて安心感があります。配色も、原色カラーごてごて(実際はそれほどでもないけど)のWindowsにくらべて、淡い色でアクアブルーを基調としたシンプルなカラー使いは落ち着きます。


セキュリティ/ウイルスに関してみても、Macは安心して使っていられます。Macのシェアが低い今のうちだけなのかもしれないですが、ウイルスに悩ませられながら使い続けるWindowsは身体に悪いです。最近は、IEとOutlook Expressの使用をやめました。


多くのクリエータがMacを利用する件については、他の方がおっしゃっているように、昔はその分野(グラフィック/レイアウト/タイポグラフィー/サウンド/ムービー)の仕事のできるコンピュータはMacしかなかったという歴史的理由が一番ではないでしょうか。それ以外にも、使いにくいソフトで悩むようなWinの環境を選ぶより、洗練されたユーザインタフェースで自分の作品作りに専念できるMac環境を選びたいというプロが多いのも事実のようです。最近日本では印刷関係のプロの方々がWinに移ってその分野のMac利用者は60%かそれ以上下がったかもしれませんが、米国ではいまだにMac利用率は高く7~80%ぐらいだと思います。


ご参考になれば幸いです。ちなみに私のMac:Winの利用率は7:3ぐらいです。


その他の参考URL:

http://www.is.akita-u.ac.jp/~sig/faq/mac-vs-windows.html

http://itpro.nikkeibp.co.jp/free/NT/WinColumn/20040127/5/

id:quintia No.7

quintia回答回数562ベストアンサー獲得回数712005/06/21 08:51:01

ポイント12pt

「なぜクリエイターはMACを利用するのかが知りたいです。」

の部分だけの回答にて失礼。

印刷所が古いMacinctoshのソフト(正確にはフォントだと思いますけど)を延々と使い続けているせいで、クリエイター側だけが新しい環境に移れない、という話は聞かされます。

すこしずつ改善されつつはあるのでしょうけど。

印刷所を直接相手にする仕事でなければ、Macintoshにこだわる必要はないと思います。

id:sat878 No.8

sat878回答回数1ベストアンサー獲得回数02005/06/21 08:52:38

ポイント12pt

MACで使用しているフォントが出版物などに良く使われている点もあります。

メモリが軽いのは、常駐ソフトがすくないのではないでしょうか。

id:sanzi24 No.9

sanzi24回答回数600ベストアンサー獲得回数12005/06/21 08:58:30

ポイント12pt

http://www.hatena.ne.jp/1118840355

人力検索はてな - Mac OS (X以降)の魅力について、語ってほしいです。  私自身、Unixがのっている。グラフィックが美しい、DashBoardがかっこいい。ウイルスのターゲットにWindows機よりも..

それはですね。

昔からクリエイターたちが使っている、環境が整っていた、というのもあるのですが、(上記の人たちがいっているので割愛)

他には、フォント奇麗、パッケージ、外装、OSのデザインが洗練されている、というのもあると思います。

OSが軽いのは、unixを乗っけているからじゃないでしょうか。(winの方が余計なのが多いんだと思う)

id:apo-gee No.10

apo-gee回答回数8ベストアンサー獲得回数02005/06/21 10:04:11

ポイント12pt

http://www.incunabula.co.jp/dtp-s/index.html

DTP-S - 誰でもできるDTPのために - Illustrator、InDesign、Acrobat PDF、カラーマネージメントの総合サイト

なぜクリエイターはMACを利用するのかが知りたいです。

ということですが、やはりDTP(Desktop Publishing)をはじめてパソコンで出来るようにしたのがMacintoshだというのとPostScriptを採用したというのが大きな理由だと思います。


それまで写植や写真製版、イラストや図版はそれぞれの専門に手配して、それらを版下にし刷版用のフィルムを作成するという作業を必要としたのが、DTPでいわれるところのWYSIWYG(What You See Is What You Get)「画面で見たままを印刷」出来るということがMacで出来るようになり、デザイナーがDTPソフト上でそれぞれの素材を自由にレイアウトしてデザインでき、そのデータをそのまま印刷できるようになりました。


それに伴い、出力、印刷に関するノウハウの蓄積やPostScriptの和文フォントなどの充実が進み、デザイン事務所などでMacが導入されるようになりました。

そのために多くのクリエイターがMacを使うようになり、グラフィック系のアプリケーションなどもさらに充実していくという相乗効果でグラフィックではMacという構図、流れができ現在でもMacがつかわれてきたように思われます。


メリットデメリットは何に使用したいかでそれぞれに得意な分野やそれに適したアプリケーションなどがあると思いますので一概には言えないのですが、マシンの性能に関してはどちらもDTP作業をしている分には過不足無いレベルだと感じています。

MacもWindowsもグラフィック系アプリを使っている分にはほぼ同じ使い勝手です。フリーズも同じくらいの頻度でしょうか、OS9とwin2000ですが、どちらもそんなにはしないです。


個人的にはMacはフォルダーやファイルがそれぞれ色分けできるというそういう何でもないところがメリットだったりするのですが。

id:ppt2 No.11

ppt2回答回数1ベストアンサー獲得回数02005/06/21 10:34:23

ポイント12pt

それはMACのコンセプト、

WISIWYG(What You See Is What You Get)

画面に表示されている内容(WYSの部分)とプリンタで出力した内容(WYG)が同じであること、--からはじまっています。

参考URL:

MacWin王国/Win使いのためのMac講座

http://www.page.sannet.ne.jp/hayashi-ta/macwin/aboutmac.html

MacWin王国/Mac使いのためのWin講座

http://www.page.sannet.ne.jp/hayashi-ta/macwin/aboutwin.html

にっちーず ほーむぺーじ2

http://www5b.biglobe.ne.jp/~nitti/kaken/4/tokucyou.html

id:some1 No.12

some1回答回数842ベストアンサー獲得回数372005/06/21 10:38:35

ポイント12pt

http://www.adobe.co.jp/

Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)

>環境のどのような所が良かったのでしょうか。


DTP(コンピュータで印刷用データ作成する作業)での出稿関係が強かったのです。

(印刷物の色を再現するドライバー周りなどの連携含めて)


>アフターエフェクトやプレミア等


当時はプレミアのみでしたが、ご指摘の通りです。

「マルチメディア」ブームの頃、CDなどに映像を収録する際に、Appleの技術であるQuickTimeが幅を利かせていました。

音と映像が出るだけで、当時の人は感心したものです。

今だにハリウッドクリエイターでDTV編集はMac環境、FinalCutを使う人も多いそうです。


またPowerMacが発売された時は、ビデオ機材さえあれば、直に映像と音声の入力出力が手軽に可能だった事も挙げられます。


音楽といえば、シンセサイザーの音作りソフトも昔はWindowsに比べれば種類があったのでDTM系の先駆けアーチストが今でもMacを使っているのも継承されているからですね。

id:CountZero No.13

CountZero回答回数7ベストアンサー獲得回数02005/06/21 10:52:39

ポイント12pt

http://www.02.246.ne.jp/~yingming/macclinic/tips/MacOSVersion/Ma...

MacOS�̗��j�Ƌ@���ʍœKOS�o�[�W����

既にMacの方がGUI採用が早かったいう歴史的経緯について回答がありましたが、少し具体的にご説明します。

引用Urlのそもそもの初めからMacはGUIです。英語版のオリジナルOSだともう少し前からあります。

それに対して、Windowsは最初に普及した3.1が92年。爆発的ヒットとなった95が95年です。

余談ですが、95発売当時には「GUIはMacが元祖!」というようなプラカードを持ったMac信者が95発売イベントに居たりしました。

どっちも元をたどればALTというシステムに辿り着くんですけどね。Macが先輩とは言えるかもしれませんが。

http://www.jagat.or.jp/story_memo_view.asp?StoryID=1066

DTP�̏Ռ��ƒ��`�@1986-1987

そしてMacとリンクするDTP(デスクトップパブリッシング)の歴史

後ついでに、定番画像編集ソフトの歴史

http://www.linkclub.or.jp/~kubo/001intro/AIhistory/Illustrator8_...

DTPに限らず、DTM、DTVでも同じことが言えると思います。


ただ現在は、Windowsでも十二分に環境が整っており新規にクリエィティブなことを始めたい方なら、どちらを選んでもいいのではないでしょうか。

強いていうならAppleのアプリが使いたいならMac、それ以外ならWinかなと。


あと、それぞれのメリットを思いつくままに列挙

☆Windows

・普及率No1(やっぱり重要です)

・アプリケーションの豊富さ

・ユーザが多いから人に聞きやすい(人によって違うとは思いますが)

☆Mac

・OS付属も含め純正アプリが粒ぞろい(その分サードパーティーが弱いわけですが)

・かっこいい?(私はとくにはそう思わないけどそういう人は多いですね。まあWindousはかっこ悪いとは思いますがw)

・ウィルスに「狙われにくい」(セキュリティがいいわけではないです。普及率の低さから狙われないだけです)


メモリが軽いについてはなんとも・・・

XPもOSXもたいがいメモリ喰いだと思うのですが

id:hanajikan No.14

hanajikan回答回数87ベストアンサー獲得回数52005/06/21 11:04:43

ポイント12pt

http://www.swtoo.com/product/quark/qx6/index.html

���i����/Quark/QuarkXPress 6 ���{����

昔は、上のDTPソフトがMacしかなかったんですね。これはDTPでは秀逸のソフトで印刷屋さんがほとんどこれを使って出力していたため、それに関するクリエイターがMacだったのでしょう。あと、ちょっとだけ昔はMacの方がIllustratorやPhotoshopのバージョンが進んでいたのです。

今ではクォークもWindows版が出て、WIN機もMacも遜色無いカンジです。まわりの絵描きはほとんどがWindowsです。


まあ、私も今はどっちでも良いと思っていますが、どっちかというとWin機の方がソフトが充実してたり…でも…やはり、今更なんですよね。もう、Macが使い慣れてる(??)し(笑)

id:nishioto No.15

nishioto回答回数166ベストアンサー獲得回数02005/06/21 13:04:32

ポイント11pt

1.の方に便乗回答させていただきます。


>昔はMacの方が環境が良かったのです。


DTP関係については、以前のマックは、画面に表示されるサイズと実際に印刷されるサイズが同じでした。

古くからの印刷業者さんは、マックの画面にものさしを当てて、仕上がりのサイズを測ったりしていました(冗談のようですが本当の話)。

また、カラー化してからは、カラーマッチング(画面の色と印刷される色を合わせる)がWinよりもMacの方がやりやすかったと言われています。


音楽系については、MACは、発音タイミングのシビアな同期がやりやすかった(逆にWin機のそれは実用に耐えなかった)ということがありました。


が、上記のアドバンテージはもはやありませんので、今からマスターすることを考えているのであれば、どちらでも構わないと思います。


> プレミア等もMACOSの方が環境としては優れているのでしょうか?


Adobeでは、プレミアなどの動画編集系は、今後、MAC版は発売されないと記憶しています(こっちはおぼろげなので定かではありません)。

id:youya_22 No.16

youya_22回答回数16ベストアンサー獲得回数02005/06/21 13:04:47

ポイント11pt

http://dic.yahoo.co.jp/

Yahoo!辞書 - Yahoo! JAPANの辞書サービス

クリエーター【creator】

----------------------

1造物主。

2創造的な仕事をしている人。創造者。創作家。

と辞書にはあります。

私も自宅で在宅で印刷関係の仕事をしている相棒もMAC環境です。印刷業界・広告~デザイン業界ではMACが多いのです。特にほとんど旧OSのOS9環境が多く3年5年先は見えませんね。しかしMacユーザーは自分でカスタマイズしたり保守がしやすい環境だったのと個性的に選んでいるのです。

メモリーは体感ですが、XPが重く感じますね!バックで起動しているソフトが大木からでしょうね!

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません