FreebsdでMySQLの自動起動についてマニュアルでは、

FreeBSD では、通常、起動スクリプトは /usr/local/etc/rc.d/ に格納されます。 rc(8) マニュアルページには、このディレクトリにあるスクリプトの basename がシェルグロブパターン *.sh にマッチし、実行可能である場合のみ、実行されると述べられています。このディレクトリ内のその他のファイルやディレクトリは、自動的に無視されます。つまり、FreeBSD では、自動起動を有効にするには、ファイル mysql.server を /usr/local/etc/rc.d/mysql.server.sh としてインストールする必要があります。
…とあります。
この具体的な方法を教えて下さい。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/06/21 10:58:27
  • 終了:--

回答(2件)

id:w2wx No.1

w2wx回答回数7ベストアンサー獲得回数02005/06/21 12:06:36

ポイント60pt

mysql.serverの場所がわからない場合は探します。

# find / -name mysql.server


見つかったmysql.serverを当該ディレクトリにコピー。

見つかったのが例えば、「/usr/local/mysql/bin/mysql.server」なら。


cp -p /usr/local/mysql/bin/mysql.server /usr/local/etc/rc.d/mysql.server.sh


念の為。

chmod 755 /usr/local/etc/rc.d/mysql.server.sh


とか、そういう事ですか?

id:no626

単純にファイル名を変更してコピーすれば良いということでしょうか?

インストールとあったので、何か特別なことをするのかと思っていました。

また、実際にマシンを再起動せずにこの効力を試す方法はありますでしょうか?

2005/06/21 12:37:13
id:w2wx No.2

w2wx回答回数7ベストアンサー獲得回数02005/06/21 12:48:34

ポイント50pt

ハイ。FreeBSDに限らずrc.d配下にあるスクリプトは、システムの起動時に起動される事になっています。

よって、インストールと書いてあると特別な操作を想像されるかもしれませんが、ただ単に~/etc/rc.d配下にファイルをコピーするだけで動くはずです。(少なくともBSDでは。)


再起動をしないで、「起動時にスクリプトが実行される事」を確認する事はできませんが、rc.d内に配置したmysql.server.shスクリプトで、以下のコマンドを実行して起動・停止ができれば、ほぼ動くと想定できます。

ただし、最終的な確認は実環境で再起動し、動作させてみなければできないと考えます。


> mysql.server.sh start

> mysql.server.sh stop

  • id:no626
    どうもありがとうございました。

    コメントを記入しそこねたのでこちらでお礼させて下さい。
    非常に満足な回答でしたので、ポイントもアップさせていただきました。

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません