『Yの悲劇』について質問があります。


以下はネタバレを含みますので十分お気を付け下さい。


1. 何故元俳優は殺人を犯したのですか?
  殺人者を野放しにしてはいけないという正義感から犯人を導き出すイメージがあったもので矛盾してそうで腑に落ちません。

2. 犯人殺害のトリックを教えて下さい。
  詳しく描写されてない部分なので推測でもかまいません。
  「コップのすり替え」等、安直な解答はご遠慮下さい。

以上ですが、2点共含んだ解答を希望します。よろしくお願いします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/06/29 15:37:11
  • 終了:--

回答(2件)

id:Baku7770 No.1

Baku7770回答回数2832ベストアンサー獲得回数1812005/06/29 16:56:06

ポイント25pt

 ネタバレに近いですが、うろ覚えの中で


1.犯人は別人の立てた計画に従って犯行を重ねた。

  事情があって、ある時点でその犯行は終わるはずだったが、元俳優のトリックに引っかかった時に元俳優は犯人は以後も犯行を継続すると確信した。

  現在の司法制度では犯人を裁けない。

  元俳優は自らの手で犯人を葬り去ることを決意した。


2.偽装自殺で使う致死性の低い劇薬と毒を交換して、自ら飲むよう仕向けた。


 だったですかね。

id:giantstar

ありがとうございます。

2005/06/29 17:05:09
id:amasakiiori No.2

amasakiiori回答回数95ベストアンサー獲得回数02005/06/29 17:47:40

ポイント25pt

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4488104045/qid=11200345...

Amazon.co.jp: レーン最後の事件: 本: エラリー・クイーン,鮎川 信夫

1.一連の事件が終わった後、レーンは犯人が隠しておいた劇薬を毒のない液体にすり替えておいたのですが、それでも犯人はさらに犯行を重ねようとその液体を使おうとしたこと。それを知ってしまったレーンは、彼がもう後戻りできないことを知ったためと思われますが、深読みするならば、「レーン最後の事件」の伏線とも取られます。彼は時に殺人をも辞さない意志を持っている。ということを印象づけているのかもしれません。


2.これはいつでも混入できる機会はあったでしょう。犯人は他人のミルクに自分が毒を入れていると思いこんでいるので、まさかその毒が自分のミルクに入っているとは気づいてませんし、その毒そのものがすり替えられてレーンの手元にあったことなど分かってませんから。

id:giantstar

ありがとうございます!

伏線だったのですか。

現在Zの途中なんです。

2005/06/29 23:21:53

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません