エッセイ集か、コラム集の様な本だったと思います。どこかの国の標識で「この先、行き止まり」の表記が、“This ways is nowhere”と書かれていて、それが「『どこにも行かない道』と意味していることが興味深い」と、書かれた著者と、その著書を探しています。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/06/30 10:26:17
  • 終了:--

回答(1件)

id:Jupiter-1 No.1

Jupiter-1回答回数187ベストアンサー獲得回数32005/06/30 13:17:04

ポイント60pt

http://d3pro.hp.infoseek.co.jp/seicho/outline.html

ドキュメンタリードラマ「点と線を追え!」 あらすじ

おそらく松本清張だと思いますが「点と線」なのか、別のエッセイなのかまではわかりません。

id:ShibaQ

松本清張で間違いありません。

本で読んだものと思ってました。

実は「点と線を追え!」の番組、エアチェックのビデオ持ってました。(いやはや)

松本氏のなにかの本にあったかもしれませんが、

自分がこの言葉を知ったのはこの番組です。

この度は、ありがとうございました。

2005/06/30 14:36:05

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません