①私が月に居住していると仮定します。居住しているの場所は地球から見える月の円のちょうど中心点です。この場合そこから見える地球は必ず同じ方角に見えますか?

 ②また、地球における皆既月食は月から観れば皆既地球食になりますが、どのような風景に見えますか?写真はありますか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/07/07 01:12:58
  • 終了:--

回答(5件)

id:sttjapan No.1

sttjapan回答回数147ベストアンサー獲得回数02005/07/07 01:20:35

ポイント10pt

http://www.dragons.co.jp/

中日ドラゴンズ Dragons Official Homepage

URLはダミーです。

①については「見えません」月も自転していて、地球に向かって常に同じ面を向けているわけではないのです。当然地球から月を見るように月(あなたの仮定した所)からみても方角が変わるし、見えなくなることもあります。

②は皆既月食の場合は月から見ると皆既日食になります。並び順を考えれば

太陽→地球→月(観測者)

なので

太陽→月→地球(観測者)

の皆既日食と同じように見えます。皆既地球食のときは地球からすれば皆既日食になっているはずです。

id:tom-a No.2

tom-a回答回数12ベストアンサー獲得回数02005/07/07 01:24:16

ポイント16pt

URLはダミーです。


 多少のずれはありますが、月から見る地球はいつも同じ場所にあるはずです。表面の模様は時々刻々と変わりますが。


 月食は太陽が作った地球の影に月が入る現象ですから、月から見ると地球食ではなく日食になります。月に比べると地球はだいぶ大きいですから、完全に太陽が隠れてしまうことが多いのではないかと思います。

id:sulume No.3

sulume回答回数48ベストアンサー獲得回数02005/07/07 01:38:39

ポイント16pt

http://www.kagaku.info/faq/moon990820/

���̎��]�����ƌ��]���������v���Ă��闝�R�@(�Ȋw�̂‚܂ݐH���j

月の自転周期と公転周期はほぼ同じで、常に同じ面を地球に向けていますので、月から地球を見た場合、常にほぼ同じ位置に地球が見えると思います。ただし地軸が少しずれていますので、その分の移動はあるでしょう。

地球における皆既月食の場合、月から見ると地球食ではなく日食になります。影(夜)の状態の地球が太陽の姿を隠してしまうことになります。


逆に地球における日食の場合、上記ページの中央あたりの「The August 11, 1999 eclipse shadow, from the Mir spacecraft」のように、月が地球上に黒いしみのような影を落とすことになるようです。

もういっこ、日食時の地球に落ちた月の影。上から2つ目です。

id:namakoIsland No.4

namakoIsland回答回数319ベストアンサー獲得回数02005/07/07 01:55:19

ポイント22pt

>常に地球に同じ側を向けている

ので、必ず同じ方向にあるかと。

http://astro.ysc.go.jp/eclipse/lunar/970917/

1997年9月17日未明の皆既月食

②上から4番目の画像の辺りに、「月食を月から見た様子」のシミュレーション映像があります。

id:flitter No.5

flitter回答回数70ベストアンサー獲得回数22005/07/07 02:05:11

ポイント16pt

http://www.hatena.ne.jp/1120666378#

人力検索はてな - ①私が月に居住していると仮定します。居住しているの場所は地球から見える月の円のちょうど中心点です。この場合そこから見える地球は必ず同じ方角に見えますか?  ②ま..

①月の自転周期と公転周期は同じなので

必ず同じ方向に見えます

②地球における皆既月食の時の星の並びは

太陽ー地球ー月

です。

これは月からすると皆既日食になります。

この場合太陽を地球が隠すわけですが、

地球は月より大きいので、

地球で見れる日食よりも長い時間

太陽が隠されると思われます。


ソースがないので、

地学をちょっとかじったぐらいの知識ですが(笑)

  • id:dungeon-master
    赤い月世界と黒い地球

    終わってしまっているので、付け足します。

    1の場合は、地球は月面から見た天頂付近にだいたい位置します。
    なぜだいたいかというと、月の摂動というものがあって、月が地球に向ける面は、わずかですが変化するためです。
    つまり、月から見た地球は微妙に位置を変えます。

    2、皆既月食を地球から見ると、皆既の間は月面は赤銅色になっています。
    これは太陽光が地球の薄っぺらい大気層で屈折散乱され、日没後の夕焼けのような散乱光が月に到達するからです。
    このとき、月面上は薄暗い赤い風景が展開されているでしょう。
    月から見た地球は夜で、黒い地球に光の輪が縁取っていると考えられます。
    (太陽は完全に地球に掩蔽され光球が見えないので金冠日食とは様相が違います)

    なお、地球で皆既日食が見られるときは、地球に月の影が落ちますが、皆既にはなりません。
    太陽光に対して地球のすべてを一度に覆うような影は月ではつくれませんので。

この質問への反応(ブックマークコメント)

トラックバック

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません