脳性麻痺治療のリハビリ方法として、ボイタ法とボバース法を聞いたのですが、それぞれの長所と短所について、素人が理解できる言葉で説明してくれませんか。それともその様なホームページがあれば、教えてください。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/07/13 10:56:55
  • 終了:--

回答(3件)

id:no123 No.1

no123回答回数40ベストアンサー獲得回数02005/07/13 16:08:25

ポイント20pt

http://www.joseph-kyoto.com/vojta/

(聖ヨゼフ会)ボイタ法について

http://www.geocities.jp/endoendo123/osakareport2.htm

���ヌ�|�[�g�@�Q�i�����ł݂‚������́j

もしかしてご覧になったことのあるサイトかもしれません。お役に立てればと思い回答しましたが、的外れな回答だったらすいません。


聞いたこともない難病を持って生まれてきた甥のために病気について調べたことがあります。病院や病気関係のサイトも病気のことを知る上では役には立ったんですが、一番役に立ったのは個人で同じ病気を持つ人の家族のサイトでした。

個人のリンクを辿ったりしたら、もっと色々なことがわかると思います。

id:gonzaq

ありがとうございます。

参考にさせて頂きます。

2005/07/14 12:00:47
id:kazubon1124 No.2

kazubon1124回答回数2ベストアンサー獲得回数02005/07/13 22:21:33

ポイント20pt

Q14とQ15に詳細がありました。

いかがでしょうか。

id:gonzaq

ありがとうございました。

2005/07/14 12:01:35
id:eisukesama No.3

eisukesama回答回数403ベストアンサー獲得回数02005/07/14 11:31:48

ポイント20pt

ボイタ法は、小児神経科医であるボイタ(Voj-ta,V.)が、脳性まひになる疑いのある乳児に対しての訓練法です。訓練は、運動発達の基礎になる反射性運動発達を促進させることによって、その後の運動を正常に発達させようとしています。実際の訓練では、「反射性腹ばい」と「反射性寝返り」の二つの移動運動を行います。ベッド上で乳児に一定の姿勢をとらせ、理学療法士は、乳児の身体の誘発帯という部位に刺激を与えて、その反応としておこってくる運動を、理学療法士の上体や手・腕を使って抑制することで行われます。

ボバース法は、理学療法士であるベルタ・ボバース(Bobath,B.)と神経学者であった夫のカレル・ボバース(Bobath,K.)によって体系づけられた、脳性まひ児の早期治療です。この治療法の原則は、異常反射活動の抑制、および立ち直り反応の促進にあり、発達神経学的治療法とも呼ばれています。訓練というよりも、脳性まひ児の養育指導や介護に示唆するところが多く、ごく早期に行われる方が効果は大きいです。ボバース法の専門的研修を受けた理学療法士によって訓練がなされ、最適な時期は乳児から2歳ぐらいまでとされています。

id:gonzaq

ありがとうございました。

脳性麻痺になる疑いの乳児と脳性麻痺児の早期治療ですか・・なるほど・・

2005/07/16 16:40:27

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません