歴史上の人物の「風鈴」に関するエピソードがありましたら、教えて下さい!(武将の○○は、大の風鈴好きだった!みたいな…)

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/07/15 11:42:55
  • 終了:--

回答(2件)

id:tacn_nontan No.1

tacn_nontan回答回数511ベストアンサー獲得回数12005/07/15 12:09:44

ポイント25pt

http://www.surugaya.com/kodawari/fuurin/

�H�|�����������@�������₩���遡

中国から仏教と共に伝わったのは、「風鐸」ですが、これに「風鈴」という名前を付けたのは、念仏で有名な「浄土宗」の開祖、鎌倉時代の法然上人だそうです。

http://www.saj.gr.jp/projects/otofukei/0019.html

私の聞いた日本の音風景

明珍家は徳川譜代の大名で、

「明珍」の名前の由来は、平安の頃、近衛天皇に鐘、轡を献上したところ、「触れあう音が明るくたぐいまれな珍器である」とお気に召され、「明珍」の姓を賜ったそうです。

id:acoaco No.2

acoaco回答回数574ベストアンサー獲得回数92005/07/15 15:20:25

ポイント25pt

風鈴の起源といわれている話です。


> 中国は唐の時代に岐王(ぎおう)という王様が東西南北に玉片、中央に舌(ぜつ)をつるしてその当たる方角で吉凶を占ったという占風鐸(せんふうたく)がありました。それを日本に帰る遣唐使の僧らが持ち帰り、音に注目し形を変え、「風鐸(ふうたく)」としました。

http://www.edofurin.com/edohuurinn1.htm

江戸風鈴の由来と製造工程

江戸の風鈴問屋のお話です。上総屋と加賀屋の二大勢力だったようです。


>江戸のガラス屋の問屋である、上総屋留三郎が、長崎にガラスの研究にゆきます。その留三郎が江戸に帰ってくるのが、天保5年と書いてあります。おそらく、江戸に帰った後、留三郎はガラスの原料を作って卸を始めます。その原料を仕入れ、または職人が問屋から渡されガラス製品を作る。幕末から明治にかけて「加賀屋」、「上総屋」の二大問屋が隆盛を誇るのです。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません