先日発表された東大食品工学研究室の染谷慎一特任教員らと米ウィスコンシン大、フロリダ大のチームがまとめた活性酸素と老化についての研究の論文が読みたいです。日本でも詳細が紹介されている雑誌や文章を閲覧することはできますか? 英語でも日本語でも構いませんので、ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。また、この発表は既にサイエンス誌に掲載されているのでしょうか。そのサイエンス誌をなるべく早く手に入れたいのですが、どのような方法がありますか?

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/07/17 02:09:01
  • 終了:--

回答(4件)

id:JunK No.1

JunK回答回数707ベストアンサー獲得回数182005/07/17 10:08:44

ポイント20pt

http://www.sciencemag.org/cgi/search?volume=&firstpage=&...

Science/AAAS | Science Magazine Search Results

>また、この発表は既にサイエンス誌に掲載されているのでしょうか。そのサイエンス誌をなるべく早く手に入れたいのですが、どのような方法がありますか?


この部分だけ m(_._)m

一応ここで読めるようですが、登録が必要です。

 ※無料登録のではアブストラクトしか見られませんでした。

 ※多分・・・Pay per Article: 24 hours for US $10.00 from your current computer ?

 ※登録の際は、内容をよくご確認しださい m(_._)m


生物医学系の大学図書館で購読されているかもしれません。お近くの図書館(経由)でご相談されてたらいかがでしょうか(紹介状)。

id:goalmaster

読むのに時間がかかると思うので、やはり雑誌で探した方が懸命でしょうか。

まずは図書館に行ってみようかな?

ありがとうございます。

2005/07/17 10:15:47
id:ankyo No.2

ankyo回答回数4ベストアンサー獲得回数02005/07/17 10:58:43

ポイント30pt

上の回答のコメントを受けて回答します。

URLは現在Scienceを所蔵している大学図書館のリストです。

数字の最後に+が付いているところが、継続購入しているところです。おそらくおたずねの最新号(15 July 2005/Volume 309/Number 5733)も所蔵していると思われます。リンク部分を押すと、利用案内や当該図書館のWebサイトへの案内があります。

最近は学外の一般利用者向けに複写サービスをしている所もありますのでお近くの大学の利用規定を調べてみてください。直接訪問すれば公共図書館を経由するより早く済むことがあります。

なお、雑誌は原則的にどこの図書館でも最新号の複写はできないことになっています。どんなに早くても、複写してもらえるのは7/22からだと思いますのでご注意下さい。

id:goalmaster

ありがとうございます。

早速利用します。

2005/07/18 08:28:20
id:anti-fer-mat No.3

anti-fer-mat回答回数17ベストアンサー獲得回数02005/07/17 11:58:19

ポイント10pt

http://www.sciencemag.org/content/vol309/issue5733/index.shtml#r...

Science/AAAS | Table of Contents: 15 July 2005; 309 (5733)

7月15日付で発売のScience誌に掲載されているようですね。近隣の図書館で毎号購入しているところがあれば、そこが良いと思います。

もしも大学・研究所などを利用できる方なら、Junkさんの回答にあるようなオンライン閲覧ができるかもしれません。団体で登録している場合があるので。

id:goalmaster

ありがとうございます。

2005/07/18 08:29:38
id:skydrop No.4

skydrop回答回数1ベストアンサー獲得回数02005/07/17 12:07:33

ポイント10pt

http://www.sciencemag.org/content/current/

Science/AAAS | Table of Contents: 6 October 2006; 314 (5796)

Scienceに掲載されている以下の論文のことだと思います。

Mitochondrial DNA Mutations, Oxidative Stress, and Apoptosis in Mammalian Aging

G. C. Kujoth, A. Hiona, T. D. Pugh, S. Someya, K. Panzer, S. E. Wohlgemuth, T. Hofer, A. Y. Seo, R. Sullivan, W. A. Jobling, J. D. Morrow, H. Van Remmen, J. M. Sedivy, T. Yamasoba, M. Tanokura, R. Weindruch, C. Leeuwenburgh, and T. A. Prolla

Science 15 July 2005: 481-484.

Order an articleで論文を購入することも可能です。間に合わなかったらすみません。

id:goalmaster

ありがとうございます。

2005/07/18 08:31:15

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません