数学者エルデシュのファンなのですが、彼の人となりがわかるような、

以下の条件を満たす本を紹介していただけないでしょうか。

[1] 「放浪の天才数学者エルデシュ」「My Brain is Open」「ピーターフランクルの自伝」以外である。
[2] 数学的な本ではなく、通俗的な読み物である。(数学はよくわかりません)
[3] 日本語の本である。
[4] エルディシュについて、ある程度のページ数(最低でも1章くらい)を割いている。
[5] すでに回答がオープンされている他の人の回答では紹介されていない。

もしご自分でお読みになったのであれば、数行の感想をいただければ、
ポイントをプラスいたします。よろしくお願いいたします。

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/07/17 02:18:38
  • 終了:--

回答(3件)

id:hatete88 No.1

hatete88回答回数266ベストアンサー獲得回数02005/07/17 02:35:52

ポイント20pt

http://www.com.mie-u.ac.jp/~kanie/tosm/proofftb/jobun_tr.htm

Translator's Preface to Proof from The Book (Japanese Translation)

『天書の証明』本書の本当の著者であるポール・エルデシュはそう思っていた.そうある筈だと思っていた.

 おそらくは命の尽きることを予感したエルデシュは,天書を自分の目でみたいと思ったのに違いない.「君の頭は営業中かね」と言いながら,世界中の数学者を訪ねて回り,時間も気にせず共同研究を始めたというエルデシュの人となりは,最近日本でも出版された伝記『数を愛した男日本語版は,草思社から『放浪の天才数学者エルデシュ』(ポール・ホフマン著,平石律子訳)として出版されている』に詳しい.すべての生活を数学に捧げ,周りのすべてを数学に巻き込んだエルデシュが心の拠り所としたのが天書であった.天書を垣間見,それを書き写すこと,それがエルデシュの生涯でもあった.

id:lionfan

ありがとうございます。「天書の証明」ですね。

2005/07/17 11:27:58
id:kuchinashi No.2

kuchinashi回答回数12ベストアンサー獲得回数02005/07/17 06:23:37

ポイント20pt

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4140807431/

Amazon.co.jp: 新ネットワーク思考―世界のしくみを読み解く: 本: アルバート・ラズロ・バラバシ,青木 薫

「新ネットワーク思考」

[4]は満たされてませんが、エルデシュのことは人となりが分かるくらいに言及されてました。

id:lionfan

了解です。もうすこし続けます。

2005/07/17 11:28:25
id:doji No.3

doji回答回数201ベストアンサー獲得回数302005/07/17 18:57:56

ポイント20pt

矢野健太郎「ゆかいな数学者たち」

本を読んで 投稿者:遼馬 投稿日:2005/03/30(Wed) 19:21 No.1365

にこの本についての言及があります。

数学者・物理学者39人にまつわるゴシップ、というか”ちょっといい話”を集めた一冊。

十分にページ数を割いてないかもしれないですが・・・

あと「天書の証明」は数学的な本ですよ~

数学のさまざまな分野から,エレガントな綺麗な定理とその証明を集めたもので,定理の観賞用の本なんだそうです。

id:lionfan

了解、ありがとうございます。

もうすこししていたら、「天書の証明」をネットで注文してしまうところでした。

ありがとうございました。感謝です。

2005/07/17 19:05:09

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません