教えて下さい。現在、貿易輸出会社を設立準備中です。代金の決済方法をL/C決済にて検討しておりますが、L/Cの買取や買取依頼でさえ、難色をしめすような状況です。そこで、L/Cの買取や、取引を得意としている銀行の情報を教えて下さい。ホント困ってます・・・

回答の条件
  • URL必須
  • 1人2回まで
  • 登録:2005/07/20 21:44:47
  • 終了:--

回答(3件)

id:rie777 No.1

rie777回答回数202ベストアンサー獲得回数62005/07/20 22:00:12

ポイント20pt

やっぱり東京三菱銀行が一番強いのではないでしょうか?

輸出する物・決済金額によって色々条件は違ってくるかと思いますが

id:moruno No.2

moruno回答回数217ベストアンサー獲得回数02005/07/20 22:17:08

ポイント20pt

http://www.btm.co.jp/index.htm

三菱東京UFJ銀行

私も東京三菱をオススメします^^

以前会社で、主に中国からの輸入で利用していました

三井住友も併用していましたが

対応が敏速で、わからない事はとても丁寧に教えてくれました

そのうち東京三菱一本になって行きました

まあそれは人柄かもしれませんが…^^;

id:sami624 No.3

sami624回答回数5245ベストアンサー獲得回数432005/07/20 22:23:52

ポイント150pt

http://www.ep-enterprise.co.jp/ep-yogoindex1.html#ハ:detail]

1.輸入信用状が発行された輸出取引であっても、貸し倒れリスクは発生します。

→輸入信用状の発行銀行の格付けが先ず問題となります。また、信用状発行銀行の国籍により、そもそも国政不安による信用能力欠落状態があり、取引内容が不明であれば、何処の金融機関に持込をしても、難色を示すでしょう。

2.輸入信用状はあくまでも担保の一形態であり、貸出債務自体は輸出企業となるわけです。よって輸出企業の信用状態十分でなければ、その他の担保もしくは保障の受入れを要求されます。

3.金融機関の与信判断は、①貸出債権がどのようにして返済されるか、②返済が不能となった場合に、債権回収代替手段があるか、③借主の信用状況は良好かということが主要テーマとなります。

→よって、当該輸出物が相手国で需要が相応にあり、輸入企業が無理なく売りさばけ、販売代金によりL/Cを決済する能力があるか。輸入企業が破綻した場合、L/Cの表現相違で不払いとなることがあるので、L/C付といっても金融機関は始めての取引にはなかなか応じない。

②相手先金融機関が破綻した場合、L/Cがリクレームで買戻された場合に、借入債権を決済できる資産が借主にないと、当初取引では困難となる場合が多い。

③新規事業や新設企業の場合は、企業の信用力が乏しいため、借入が困難な場合が多い。

http://www.kokukin.go.jp/tyuushou/jiyusij_m.html

普通貸付|国民生活金融公庫

新規事業でも比較的容易に貸出をする公的機関で、長期運転資金として一定額の借入を行い、事業活動が軌道に乗った段階でL/C付融資申込みをお勧めします。

コメントはまだありません

この質問への反応(ブックマークコメント)

「あの人に答えてほしい」「この質問はあの人が答えられそう」というときに、回答リクエストを送ってみてましょう。

これ以上回答リクエストを送信することはできません。制限について

絞り込み :
はてなココの「ともだち」を表示します。
回答リクエストを送信したユーザーはいません